久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、中小企業を中心に日本企業の国際化をトータルサポート!!

仕事 家庭 趣味  3つのバランス

2014年12月02日 | 所長と熱く語ろう!(久野康成)
仕事、家庭、趣味の3つのバランスが重要なことに異論のある人はいないであろう。

しかし、このバランスに誰もが苦労するのである。

その理由は、誤ったものをそれぞれに求めることが原因である。


私が考える理想的なものは、

〇纏・・・生きる目的、楽しみ

家庭・・・安心、安定

趣味・・・刺激


しかし、

〇纏に安定を求めると・・・仕事をハードにしない公務員になったり、大企業に就職したくなる。大企業の福利厚生にばかり注目したくなる。

職場に付くことが、安定と考えれば、ハードに働く必要がなくなり、企業としては、厄介な社員となる。



次に、
仕事に刺激を求めると・・・自分のしたいこと、新しい経験、知識、技術ばかりを追い求める。結果として、転職を繰り返す。

これが、経営者になると、M&Aにのめりこみ、売り上げ拡大だけを目指す。レバレッジが効く経営を目指すため、債務が増加して、財務が脆弱になり、倒産リスクが高まる。


家庭に刺激をもとめると・・・結婚する前は、もっといろいろ「連れて行ってくれたのに・・」なんて、相手に不満がつのる。

家庭に楽しみをもとめると・・・「たのしくない」という不満にかわる。

家庭を守るとは、刺激的でも楽しいことでもなく、平凡で、苦労するものと考える方がよいのではないか?これが、安定を得ている代償(コスト)ともいえる。



趣味に楽しみをもとめると・・・仕事に熱が入らなくなる。趣味を第一と考えるので、ここにお金を投資して、仕事での稼ぎをつぎ込んでしまう。家庭もそっちのけになる可能性が大。


趣味に、楽しみと安定を求めると・・・アバンチュールな刺激ではなく、本気になれば、離婚と結婚を繰り返すことになる(欧米人は、離婚より浮気の方が罪が重いと思う傾向があるので、浮気相手が、次の配偶者になることが多い)



さて、あなたは、仕事、家庭、趣味に何を求めているのか?

求めているものに問題があれば、この3つはバランスしないのだ。



コメント

ロゴス パトス エートス

2014年11月28日 | 所長と熱く語ろう!(久野康成)
アリストテレスは、弁論術の中で、

.蹈乾后 〕論

▲僖肇后 ‐霰

エートス 信用

の三つが重要と考えました。


これは、まさにリーダーシップの条件にも重なります。


リーダーとは、

_礎誉瀋蝓  ΑΑν念、哲学、目標を決める  (何を言うのか?)

価値共有  ・・・情熱的に語ること

2礎夕存宗  ΑΑ人間力、信用力をたかめ、組織をまとめる (誰が言うのか?)



また、アリストテレスの分類は、

マックス・ウエバーの支配の三分類にも重なります

々臻‥支配 (社会契約説)

伝統的支配 (王権神授説)

カリスマ的支配



このように考えると、人間力とは、形をかえたカリスマ的支配ともいえます。

俗人的コントロールより、ロゴスを中心とした正しい価値設定で企業運営をすることが望ましいことが分かります。




さて、支配は、正統性に結びつく概念です


国王は、王権神授説を唱え、自らのポジションは、神に選ばれたものと主張しました。


しかし、残念ながら多くの国王は、浪費癖があり、
英国王ジョンは、マグナカルタを受け入れざるを得ず、フランス王ルイ16世は、ベルサイユ宮殿による浪費が遠因となり、フランス革命で処刑されました。


王権神授説は、実務的に破綻するのです。(日本や英国では、象徴として残ってはいます。英国王や天皇が世襲制であるのはそのためです)



では、会社の社長は、何によって正統化されるのか?

法的支配だけでは不十分でしょう。


法的支配とは、株主総会で正しく選任されれば、法的には問題ありません。

しかし、多くの中小企業は、株主と経営者が同一であり、所有と経営が分離できていないので、株主による統制ができません。
つまり、解任ができないのです。



経営者の正統性は、法的だけではなく、実績によってしか正統化できません。

経営者が権力を持つことが正統化されるのは、十分な実績を残していることが前提なのです。








コメント

金を稼ぐ人間が、会社をつぶす

2014年11月26日 | 所長と熱く語ろう!(久野康成)
金を稼ぐ人間は、会社に貢献していると思われがちだが、実は、全く違う。

もちろん短期的には、金を稼ぐ人間は重要である。


しかし、長期的には、金を稼ぐ人間は、諸刃の刃で、会社を破滅にも追い込むのである。


金を稼がない人間が、会社をつぶすことはない。

なぜなら、金を稼がない人間が、部下を持つこともなく、その人間が与える損失もまた、その人間一人分の人件費にすぎない。


金を稼がない人間の影響力の範囲は、限定的であり、その損失もまた、コントロールしやすい。


これに対して、優秀で金を稼ぐ人間の方が問題だ。


会社における影響力があり、部下も多く、その人間の失敗が、会社全体の失敗につながるのだ。




会社をつぶす人間とは、金を使う人間である。

金を使う人間は、金を稼ぐ人間の中から選ばれる。


金を稼ぐ人間は、傲慢になりやすく、コントロールが難しい。

誤った人間をトップに据えれば、必ず会社は破綻する。


金を稼ぐ人間こそが、会社をつぶすのである
コメント

女性大統領 ルセフ氏再選

2014年10月27日 | 所長と熱く語ろう!(久野康成)
The Economistでは、ブラジル国民は、ルセフ氏を再選すべきではないといった論調のことが書かれていました。

大国でありながら、沈没しかけている国をみると、ルセフ氏の政治手腕に疑問を持つ人も多くはいるとは思いますが、残念ながらルセフ氏再選となりました。


さて、彼女の政治の特徴は、一言でいえば、ポピュリズムです。

多くの南米諸国は、経済的に取り残され、貧しい故、有権者も低所得者支援を直接してくれる政治家を選ぶ傾向があります。


その結果、経済は、ますます低迷します。



さて、経営で考えると、女性は、男性よりコミュニケーション能力が高いため、
女性経営者の場合、社員の話を、男性経営者以上によく聞く傾向があるのではないかと思います。


よく考えると、男性経営者では、ワンマン経営者と言われ、全て自分で決定してしまう人が多いですが、
女性経営者で、ワンマン(ワンウーマン?)と呼ばれている人を見たことがありません。


それだけ、民主主義的な経営ができるということでしょう。



しかし、民主主義的経営が、必ずしも良い結果を生むとは限りません。




ブラジルも、民主主義によってルセフ氏が再選されました。

これにより、ブラジル経済は、さらに暗黒の時代に突入することでしょう。



完全にラテンアメリカの覇者は、メキシコということになると思います。
コメント (2)

急いては事を仕損じる。

2014年07月25日 | 所長と熱く語ろう!(久野康成)
部下の悪い点を指導するときには、まず、良い点から指摘してほめること。

十分に褒めたうえで、本題に入る。


最初から本題に入ると、部下は、怒られている印象だけが残ってしまい、次もまた、同じようなミスを繰り返す。


なので、良い点から入ること!!



本には、このようなことが書かれていますが、実際、実践することは非常に難しい。

私自身、非常に苦手な分野である。

しかし、これを実践しなければ、組織は次のステップには入れないだろう。


特に、海外のスタッフを指導するときは、怒ったらアウト!

どんなに相手が悪くても、怒れば侮辱されたと言われ、逆切れされるだけである。


当社の海外駐在員は、指導の仕方を忠実に、教科書通りにしていただきたい。


そのためには、私自身が実践することである。



私は、海外のスタッフに対しては、絶対に怒らないようにしている。
これは、実践できている。

日本人からは、外国人に甘いと言われるが、これしか方法はない。


日本人駐在員は、ぜひ、実践してもらいたい。


私は、日本でも実践できるように頑張ります。

コメント