久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

自分の視点に囚われず顧客の視点に立て

2017年01月24日 | プロフェッショナル論


自分の視点は、何もしなくても得られます。


しかし、多面的に物を見るためには、相手の視点に立つことが重要です。

相手の視点に立てないのは、そもそも、多面的に見ようと思わないからであり、

多面的に見ようと思わないのは、自分の意見に囚われ、信じて疑っていないからです。



このブログに記載されたコメントにも自分の意見に囚われたものも多くあります。

成長のポイントは、自分の意見を言うことではなく、相手がなぜ、その様に思ったかを考えることです。


Take your customer's viewpoint without being caught up in your own.



You can get your point of view without doing anything.


However, in order to see things in a multifaceted manner, it is important to stand from the other's point of view.

It is because you do not want to stand at the other 's point of view, since you do not think to see it in many ways.
You do not think to see it in a multifaceted way because you are confined by your opinion, you believe and do not doubt it.

Many of the comments on this blog are also captured by their own opinions.

The point of growth is not to say your own opinion but to think about why I thought like that.
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

顧客との約束は必ず守れ

2017年01月23日 | プロフェッショナル論


顧客との信頼関係を築くのは、小さな約束も守る事です。

大きな約束は誰でも守ろうとします。

しかし、小さな約束の方が、大きなものよりも重要です。


我々の仕事は、相手の期待値で評価されます。

評価は、絶対ではなく、相手の基準である期待値との関係でされるものです。


期待値を超えない限り、感動は生まれません。

小さな約束は、相手の期待値も小さいため、期待値を超えることは簡単です。

それをコツコツと積み重ねていくこと。


信頼関係の構築は、小さな約束を守り続けていく積み重ねからできるのです。


Always keep your promises to your customers!



In order to build a relationship of trust with clients is to keep a small promise.

Everyone tries to keep big promises.

But small promises are more important than big ones.


Our work is evaluated by the opponent's expected value.

Evaluation is not absolute, but it is based on the relationship with expectation which is the standard of the other party.

As long as the expected value is not exceeded, excitement will not be born.

For small promises, the opponent's expected value is also small, it is easy to exceed the expected value.

To accumulate it with confidence is significant.

Building a relationship of trust can be done from the accumulation of keeping a small promise.
コメント (99)
この記事をはてなブックマークに追加

心から顧客に関心を持て

2017年01月23日 | プロフェッショナル論



自分が相手に最初に関心を持つから、相手は自分に関心を持つ様になります。

関心は、共感を生みます。

共感が、ブランド化への第一歩です。



まず、顧客に本気で関心を持つことから始めましょう。



顧客が、何に困っているのか、気づかなかった潜在的ニーズも見えてくるかもしれません。

そこから、新しい製品、サービスが開発されます。




人間は、とかく、自己中心的なので、自分に関心が向いてしまいます。

関心を外に向けることが、良好なコミュニケーションとなります。

コミュニケーションが信頼関係の構築となり、絆へとなっていきます。


Take a sincere interest in your customers.



Since you first have interest in your opponent, your opponent will become interested in yourself.

Interest produces empathy.

Empathy is the first step towards branding.


Let's begin with serious interest in customers.


You may also see potential needs that customers have not noticed as to what they are having trouble with.

From there, new products and services will be developed.



As human beings are self-centered in any case, their interests will be suitable for themselves.

Focusing attention outward is a good communication.


Communication builds a relationship of trust, and it will become a bond.
コメント (108)
この記事をはてなブックマークに追加

常に顧客を優先せよ

2017年01月22日 | プロフェッショナル論


自分を優先するか?

家族を優先するか?

顧客を優先するか?


自分や家族を優先することは、多くの人ができます。

本能だからです。



顧客を優先することは、本能に反する信条を持った人だけができます。

また、これは、本能に反することなので、持つことだけでなく、実践も難しいのです。


そして、実戦までできる人は、ごく少数になるため、そこに差別化要因が生まれます。


結果として、
これを実践した人だけがビジネスで成功します。



成功は、常に少数派です。



自分自身が、多数派か少数派かを考えてみましょう。


The customer must always come first!


Do you prioritize yourself?

Do you prioritize your family?

Do you prioritize customers?

Many people can give priority to themselves and their families.

It is because it is instinct.



Only those who have a creed that goes against instinct can give priority to customers.

Also, since this is contrary to instinct, it is difficult to practice as well as having it.



And since there are only a few people who can put it into practice, differentiation factors are born there.

As a result,
Only those who practice this will succeed in business.

Success is always a minority.


Let's consider yourself as majority or minority.
コメント (72)
この記事をはてなブックマークに追加

自分が何の目的で働き、何の目的で生きているのかを知る

2017年01月21日 | 人生観


私達は、子供の頃から、ゴールを設定して生きてきました。

良い高校に入る。
良い大学に入る。
良い会社に入る。

本来は、大学に入って何をするかが目的であったにもかかわらず、大学に入ること自体が目的化されてしまいました。


本来は、社会人として何をするかが目的だったにもかかわらず、良い会社に入ること自体が目的化されてしまいました。

これは、手段の目的化です。


社会人になったら、どんな目標を持つのか?
この様な発想の延長線上には、企業内での昇進を目標設定してしまう。

そして、自分が同期の中で、昇進が遅れたという事実に直面したとき、絶望感を味わうのです。

常にゴールを設定する生き方は、非常に苦しいものとなります。


この様な視野狭窄な負のスパイラルから抜け出せない限り、真の幸福は得られません。

常に何かに追われ、焦燥感を味わうのです。



手段を目的にしない事。

会社におけるポジションは、会社の目的を果たすために設定された役割にしか過ぎません。



自分が何の目的で働いているかわからないときは、自社が何の目的で存在しているのか、経営理念を深く理解してみましょう。

社員は、本来、会社の経営理念の実現を働く目的にすることが望まれるのです。

会社は、自社の製品、サービスを通じて社会に貢献することを一般に経営理念としています。

ここに深く共感することができれば、自分自身の働く真の目的が見えてくるはずです。


Know what you are working for,and what is your purpose in life.


Since we were a child, we have set a goal.

Enter a good high school.
Enter a good university.
Enter a good company.

Originally, despite what we do in the university is a real purpose , the purpose of entering the university itself becomes purpose.


Originally, despite what we do in soceity is a real purpose, entering a good company itself is aimed.

This is the purpose of the means.


If you become a society person, what goals do you have?
On such an extension of the idea, we set goals for promotion within the company.

And when we face the fact that our promotion has been delayed, we feel hopelessness.

The way of living that always sets a goal is very painful.


True happiness can not be obtained unless we can get out of such a negative spiral with a narrowed field of view.

we are always chased by something and we feel a sense of frustration.



Do not aim for means as purpose.

The positions in the company are only the roles set up to fulfill the purpose of the company.



If you do not know what you are working for in your company, let's deeply understand the management philosophy as to what your company exists for.

It is hoped that employees should primarily aim for the realization of the company's management philosophy.

The company's management philosophy is generally to contribute to society through its own products and services.

If you can sympathize deeply here, you will see your true working purpose.
コメント (75)
この記事をはてなブックマークに追加

仕事に哲学を持て

2017年01月20日 | 仕事術



ここで言う哲学とは、仕事における信条と言う意味です。

わたしが、サラリーマン一年目の時、顧客の取締役であった方から

君の信条は何か? と質問されました。


私は、一瞬、答えに窮し、すかさず取締役から、

すぐに答えられないのは、君には信条がないと言う事だ!

と切り捨てられました。


若さゆえの失敗では片付けられません。
専門家であっても、専門知識だけでは、よりレベルの高い人を相手に仕事をすることはできません。

仕事をする上で、哲学や信条を持たなければならないのです。


信条を持つと、特に、部下を指導するときに仕事のあり方、心構え、考え方なのど話すことができる様になります。

信条のない上司は、具体的な手続き、指示などをするのみで本質的な事を部下に伝えることはできません。

長い目で見ると信条のない上司は、部下指導能力が欠けるのです。


仕事に哲学を持つことは、何のために自分が働いているのかが明確になっている人です。

もし、上司がお金のため、家族を養うために働いているとすれば、そこからは、明確な哲学は生まれてきません。

部下を持っている人にとっては、仕事の哲学は非常に重要なものになります。

また、これは、仕事に対する誇り、良い意味でのプライドとなます。

仕事に対して誇りが持てると、仕事は本当に楽しいものになってきます。


Maintain a philosophy in your work!


The philosophy mentioned here is the belief in work.

From the one who was a director of the customer when I was the first year of a salaried worker.

I was questioned "What is your credo?" .


I was forced to answer for a moment,

"What I can not answer right away is that you do not have a belief!" ,he said.

I could not say anything that.



I can not be cleared up because of my youth.
Even experts can not work with clients who are higher in level with expert knowledge.

In working, we have to have philosophy and creed.


When you have a creed, especially when you instruct your subordinates, you will be able to talk about how you work, attentive and thinking.

A boss without a creed can not tell essential things to his subordinates only by making specific procedures and instructions.

In the long run, a boss with no credo lacks ability to lead subordinates.


To have a philosophy in work, those who have clarified what they are working for.

If the boss is working to look after the family or just for money, then there is no clear philosophy born from it.

For those who have subordinates, the philosophy of work becomes very important.

Also, this will be a pride for work, a pride in a good sense.

If you are proud of your work, your job will be really fun.


コメント (109)
この記事をはてなブックマークに追加

人の方法を真似るだけではオリジナリティーのある仕事はできない

2017年01月19日 | プロフェッショナル論


最も効率よく学習する方法は、できる人のやり方を徹底的に真似る事です。

まねる→まねぶ→まなぶ

と言う様に、真似る事こそ、学ぶ近道です。


守破離と言う言葉がありますが、
守は、徹底して真似る事を意味します。

その延長線上に、
破 → 離 があります。


ここで、二つの問題が発生します。

第一は、あまりにも素直で、教えられた通りのことしかしない人。
それに対して何ら疑問を抱かないタイプです。

素直さは素晴らしいですが、プロ思考に欠けるタイプは、守を極めないためにその先に進めません。
当然、オリジナリティーも生まれません。また、生み出そうとも思いません。


第二は、先を急ぎ、早い段階で、自分のオリジナリティーを出そうとするタイプです。
この様なタイプは、基本ができていないため、型破りではなく、形無しの状態に陥りやすいです。

ここで最も難しいのが守から破に入るタイミングです。



私が思うには、徹底して、守をやり続けてきた人は、気づいたときに破に入っていると思います。

意識して破に入る人は、基本が疎かになります。

意識しなくても、どんなに基本に忠実であっても、人間の個性を殺すことはできません。

守の延長線上に滲み出てくるものと思います。



人のやり方を単に真似るだけではオリジナリティーはできません。

しかし、人のやり方を徹底して真似し、吸収しきった時にオリジナリティーは、自然に生まれてくるのだと思います。


守破離で最も大切なのは、守なのです。


Simply copying someone else's methods will never result in original work.



The most efficient way to learn is to mimic the way people can do thoroughly.


That is to imitate is the shortcut to learn.

Although there is a word called "syu,ha,ri" came from Kabuki method in Japan.

"shu" means the fundamentals.
"Ha" means breaking with tradition.
"Ri" means parting with traditional wisdow.

In this meaning, "Shu" is imitating completely.
On that extension line, there excist "Ha" and "Ri".

Here two problems occur.

The first is a person who is too straightforward and does only things as taught.
It is a type that does not question anything about it.

The honesty is wonderful, but the type that lacks professional thinking can not proceed "Shu" completely
.
Of course, no originality is born. They do not even think about creating it.


The second type is to rush ahead and, at an early stage, to put out their own originality.

This type is basically undeveloped soon or later, they will be easy to fall into a state without shape.

The most difficult thing here is the timing from "Shu"to "Ha".



I think that those who have continued to do "syu" thoroughly that they are entering "ha" when they notice.

People who consciously get into "ha", their fundamental skill will be low.

Even if you are not conscious, no matter how fundamental you are, you can not kill human personality.

I think that it will bleed out on the extension line of "shu".



Just mimicking people's way can not be original.

However, we imitate people's way of doing thoroughly and think that originality will be born naturally when it is absorbed completely.


The most important thing in "shu,ha,ri"is "shu".

コメント (109)
この記事をはてなブックマークに追加

現状に満足することなく創造的破壊を繰り返せ

2017年01月18日 | 仕事術


今、会社は上手くいっている。

と考えることが、経営では最も危険な思考です。


特に、業績が良い時は、このような考え方に陥りがちです。

企業の業績など水物で、全ての企業の製品、サービスは、陳腐化していくリスクにさらされています。

全ての製品、サービスには、ライフサイクルが存在します。



問題は、人間は、これが良いと思い意思決定して、実行します。

全ての行動は、良いと思う意思決定を前提にしているため、それを否定することは、自己矛盾を起こします。


もちろん、他人から、ここが悪いと指摘してもらう余地はありますが、経営者の場合は、部下からそのような進言を期待することは、現実的ではありません。

経験者にとって、自分の考え方、行為を否定できるのは、やはり自分自身しかないのです。


ここで経営者は、同時に二つのことを行う必要があります。

第一が、自信、確信を持って、自分自身の考えを推し進め、行動に移すこと。

第二が、自分の考えや行動を常に合理的懐疑心を持ち、客観的に評価し続けること。


一に偏る経営者は、過信によって破滅します。
二に偏る経営者は、リスクを恐れ、行動力が弱くなります。

一を主としながらも、二で常に自分を客観視すること。


これが、経営における弁証法です。

弁証法は、経営において、最も有効な思考法と言えます。


Do not be content with the status quo.
Repeat the process of creative destruction over and over again!



The company is now working well.

To think as above is the most dangerous thought in management.

Especially when the performance is good, we tend to fall into this way of thinking.

Corporate performance is fluctuating according to the business enviorment, all companies' products and services are at risk of becoming obsolete.

Because all products and services have a life cycle.



The problem is, humans make decisions and think that this is good.

All actions are premised on decisions that I think is good, so denying it assumes self contradiction.


Of course, there is room for others to point out that this is bad from others, but in the case of a manager, it is not realistic to expect such advice from subordinates.



For experienced people, we still have our own way of denying our way of thinking and acts.



Management needs to do two things at the same time.

First, with confidence, push your own ideas forward and move to action.

The second is to constantly evaluate their thoughts and actions rationally, skeptically and objectively.



A manager who is based on first type will be ruined by overconfidence.

A manager who is based on second type will not take risks and weaken his/her ability to act.



While using the first method as the main method, secondly looking at yourself objectively;
This is the dialectic method in management.


The dialectic method is the most effective way of thinking in management.
コメント (114)
この記事をはてなブックマークに追加

常に成長せよ 過去の知識・経験に頼った仕事からは何も得られない

2017年01月17日 | プロフェッショナル論


人間の脳は、常に楽ができるように働きます。

ある程度、経験を積み、知識を蓄えると、意図しなくても仕事を楽にこなせるようになります。

意図しないが故に、仕事が単純作業に変わって行きます。

これが経験者が陥いる罠です。


経験者は、意図的に自らの成長を自分に課し、過去の知識・経験に依存する事なく、仕事に取り組んでいかない限り、必ず、このトラップにはまります。

つまり、成長とは、人間の本能や脳の基本構造に反して、意図的に自分に課題を課し続けていかない限り、必ず、止まるものなのです。


これに気づかず、長い間、過去の経験と知識をベースに仕事をしてしまった人は、新しい変化を嫌うようになり、会社の改革にも反対するようになります。


このような人材は、会社にとって腐ったリンゴとなり、
最初に排除しなくてはならなくなるのです。

経験者ほど、この状態になりやすく、危険です。


常に、成長を自分に課し、変化に対応する事。
経験者が陥いる罠を事前に知ることが大切です。


Never stop growing!
Nothing is to be gained from relying only on past knowledge and experience.



The human brain works so that you can always relax.

To some extent, gain experience and accumulate knowledge, you will be able to do your work comfortably without intention.

Because it is unintended, work shifts to simple work.

This is a trap in which experienced people fall.


Experienced people intentionally impose their own growth on themselves, they do not rely on past knowledge and experience, they will definitely fit in this trap unless they are working on their work.

In other words, growth is always stopped unless it intentionally keeps imposing tasks on himself against human instincts and the basic structure of the brain.


People who have not noticed this and who have worked based on past experience and knowledge for a long time become disliked by new changes and they are opposed to reform of the company.


Such human resources become rotten apples for the company,
They must be eliminated first.

Experienced people tend to fall into this state and are dangerous.


Always stress growth on yourself and respond to change.

It is important to know the trap in which the experienced people fall in advance.

コメント (119)
この記事をはてなブックマークに追加

顧客からの質問は即答を原則とせよ

2017年01月16日 | プロフェッショナル論


顧客が質問をするのは、今、回答が欲しいからです。

顧客からの質問は、即答を原則にする必要があります。


回答の精度を重視して、時間をかければ、顧客にとって情報の鮮度が失われ、どうでもよくなってしまうかもしれません。または、他から情報を入手され、仕事の遅い人というレッテルを貼られる危険性もあります。


顧客の質問に対して精度に自信がない場合は、回答の方向性だけでも示すこと。
その上で、早急に調べて、先の回答に補足することです。


また、プロフェッショナルとして、常に即答できるように普段から勉強を怠らないことが重要です。

顧客からの質問は、調べて回答すれば良いと思っている人は、普段からの勉強を怠ります。

結果として、仕事が後手後手に回り、仕事に振り回され、結果として、人より長時間労働を余儀なくされます。



即答を原則とし、仕事は常に先回りをする事

仕事もまた、先手必勝なのです。

Make it a rule to always respond to customer inquiries immediately !

When our clients ask something, they want to get an answer now!

It is necessary to give an answer immediately.

It is our policy.

If we think about the preciseness of the answer too much and take the time ,the freshness of information may decrease for the clients, thereafter they do not care for our information.

When we do not give an answer immediately, they may get information from others, then we may be labeled as a procrastinator.

When we do not have our confidence regarding the preciseness of information, we have to give significant points and a direction at first.

Thereafter we show look into the information in detail then we give an additional information to the clients as soon as possible.

It is significant for professionals that we study the latest information daily.

Those who always look into the information after clients ask us, they will be neglectful for studying hard.

As a result, they can not control their tasks and they always feel busy, consequently they cannot keep the deadline.


Quick response is our principle.
Anticipate what will happen and take preventive measures!

コメント (104)
この記事をはてなブックマークに追加

顧客のニーズに合わないものは自己満足に過ぎない

2017年01月15日 | プロフェッショナル論


我々の仕事は、必ず第三者の評価、究極的には顧客からの評価を受けます。

上司や会社からの評価もまた、顧客からの視点を基にされるのが通常です。


しかし、自分の仕事は、一義的には、自分自身で評価をします。

自分が良かれと思って仕事をするのです。

つまり、最初の評価は、主観的な自分自身の評価であり、次に客観的な第三者の評価を受けることになります。


問題なのは、自分自身の評価が非常に高かったのに関わらず、顧客からの評価が低いケースです。



例えば、プロ受けする文学作品を書いたけれど、
商業出版としてはサッパリ売れない。

良い本の定義は売れなくともプロ受けすることか、
それとも、売れる本が良い本なのか?


岩波書店が危機的状況にあります。

素晴らしい本を作っても売れなかったからです。


プロフェッショナルとしては、顧客に受け入れられなければ、自己満足と考えなければいけません。

どんなに良いものも、顧客に受けなければ自己満足に過ぎない。


くれぐれも、評価者である顧客を否定してはいけない。


岩波書店の本が売れないのは、日本人がバカになったからだ。
もっと、国民は勉強すべきだ!!!と分析しても意味はありません。

売れないとは、一つの時代の終焉と捉えるべきなのです。


Anything that does not meet the customer's needs is nothing more than self-gratification.

Our works are always evaluated by the third party e.g.the clients.

Evaluating of boss or company is also based on the viewpoint of clients.

However,at first, our works are evaluated by ourselves.

Subjectively, we do good jobs!

Hence, at first, evaluation is subjective, then it will be objective.

In spite of high self evaluation, clients aren't satisfied. This is an issue.


For instance, I write a novel that is accepted by professional but not sold well.

The difinition of good book is whether specialized or sold well?

However good it may be, it is just complacent if it is not sold well.

We should not deny clients that assess our job.

One of Japanese book publisher Iwanami that is famous for eminent faces a fanancal difficulty.

The reason Iwanami books are not sold well is whether Japanese are stupid or not?


We should analyze that it is the end of the social role of it.



コメント (75)
この記事をはてなブックマークに追加

付加価値のない仕事から報酬は得られない

2017年01月14日 | プロフェッショナル論


製品、サービスの価格は、究極的にはその製品、サービスが持っている価値を反映します。

付加価値を高めていく企業努力をすれば、価格は高くても売れ、結果として利益率も高くなります。

しかし、売りたいという気持ちが先行すると、売価を下げて売ってみたくなるのが、人間の心情です。

売価を下げたところで、原価が下がるわけではなく、値下げは、そのまま利益率の低下へとつながります。


売価を下げて長期的に繁栄できるのは、規模の経済を利用して、原価を下げられる最大手のみです。


中小企業は、常に、他にない付加価値をつけて、結果として高い価格で販売する事をビジネスの中心の戦略にする必要があります。


売価を下げて売るのは、ある種の麻薬で、取り返しのつかない事態に企業をおいこんでしまいます。


また、個人が自分の仕事に付加価値をつけるという考え方は、企業がコストダウンの為に標準化を進めることと逆行します。

企業経営は、常にこのような矛盾を抱えているもので、
企業全体としては、標準化を進めながら、社員個人としては、付加価値をつける努力を怠らないこと。

この矛盾した行動こそが、企業をイノベーションに導くものです。


単なるオペレーターになれば、やがては、コンピューターやロボットに取って代わられます。

今の仕事にどのように付加価値をつけていくのか、常に考えること。

ここから、改善、革新、イノベーションをもたらしましょう。


Work that adds no value brings no rewards.



The price of products or services ultimately reflects its value.

If the company makes an effort to enhance its additional value, the price will increase and consequently corporate profitability will also increase.

However, if you want to "sell" it, you may decrease the price according to your instinct.

If we decrease the price, off course, the cost will not decrease, just the profitability will decrease.

The company that will be prosperous is the largest one that can use the scale merit.

Small and medium-sized campaniles always have to have the strategy that adds the additional value, consequently maintain the high prices in their business.

To discount the prices is addictive, it will lead the company to an irretrievable situation.


In addition, if the individual tries to add the value, it will emerge the contradicted situation that the company promotes the standardization.

As a whole, the corporate management is always contradictory.

Comprehensively, we have to promote the standardization, but as the individual, we have to add our own value.


Such a contradicted behavior leads the company to the innovation.

If you become just an operator, you would be replaced by computers or robots.

You should always think how to add additional values.


Finally you can improve and innovate your company!


コメント (81)
この記事をはてなブックマークに追加

初めてを理由に言い訳をしてはならない

2017年01月13日 | 仕事術


企業や上司は、とかく、経験者を求める傾向があります。

それは、初めてを理由に言い訳する部下を沢山見て来たからです。

『初めてなので、上手くやれるか自信がありませんが、、、』

人間には、自己防衛本能があるので、まず、最初に自分自身をプロテクトしたくなるものです。


有能な上司は、

『君なら大丈夫! 必ず、できるから、、、』

と言って、自信のない部下の動機付けをします。


普通の上司は、

こんなことで、言い訳している部下は、使えない。
経験者を使いたいと思います。


初めての仕事は、部下にとっては、ビックチャンス!
今までにない経験ができ、自分の仕事が広がるチャンスです。


言い訳によって、チャンスを逃すのはもったいないです。

これは、ビジネスと同じで、
リスクにフォーカスするか、ベネフィットにフォーカスするか?

脅威と見るか機械と見るか?

の違いです。


そもそも、上司は、部下ができないであろう仕事を割り当てることはありません。
経験など関係ありません。


有能な部下になり、初めての仕事をチャンスと思い、果敢に攻めてください。

部下の失敗は、上司の責任が原則なので、恐れず、チャンスをものにしてください。
コメント (93)
この記事をはてなブックマークに追加

初めての仕事をしたときに真の実力が試される

2017年01月12日 | 仕事術


経験のある仕事は誰にでもできます。

しかし、初めての仕事をするときには、人により大きな差があります。


その差とは、初めてする仕事を事前に予測し、その準備にどれだけの時間を費やしたかで現れます。


仕事に戦略性を持つことは、決して今、割り当てられた仕事だけではありません。

将来、割り当てられるであろう仕事を戦略的に予測して、その準備にどれだけの時間を費やしたかが重要となります。


私が、独立前、監査法人で勤めていたとき、いつか、外国人と仕事をしなければならないであろうと予測しました。

英語の勉強は、一朝一夕にできるものではありません。

私は、就職したときから、いつかのために、英会話学校に通いました。

就職して一年後、スコットランド人と二人だけで、外資系証券会社の監査をアサインされました。



チャンスは、準備をしている人のところにやってきます。


経験がなくても、チャンスをつかむには、徹底して準備を事前にすることです。

会社は、準備している人に新しい仕事、チャンスを与えるのです。
コメント (101)
この記事をはてなブックマークに追加

仕事に戦略性を持て

2017年01月11日 | 仕事術


戦略とは、目的を効果的、効率的に達成するための手段です。

仕事に戦略性を持つためには、第一に、仕事の目的を考える必要があります。


仕事の目的を知るためには、

この仕事は、何のために行うのか?

誰のために役立つか?


始めに、真の目的をしっかり考える方法があります。



その目的を知れば、上司が指示した方法が誤っている事に気付いたり、もっと効率的にする方法が思いつくかもしれません。


上司の言われたことだけをしていれば、
言われたことしかできない人と思われるかもしれません。



仕事に戦略性を持てば、自由裁量の余地が生まれ、仕事の中に楽しみを見出すことができます。



戦略性を持つということは、常に頭を使うことを意味します。

これを意識しないと、仕事は惰性となり、結果として体だけを使うようになります。


体だけを使う労働は、やがてはロボットに取って代わられるかも知れません。
コメント (93)
この記事をはてなブックマークに追加