久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、中小企業を中心に日本企業の国際化をトータルサポート!!

スピード仕事術 何のために働くのか?

2014年04月09日 | 所長と熱く語ろう!(久野康成)
スピードにこだわり、かつ、長期的な視点を持って働くには、働く目的を明確にする必要がある。


今だけ、金だけ、自分だけ。。。


といった働き方は、必ず限界を迎える

上司や会社からの評価、昇進を目標設定してもまた同じだ。



短期的に心が揺さぶられるだけだ。



大切なのは、「働き方」であり、働き方とは、「生き方」の問題だ。


人間は、自分のためではなく、人のため、「大義」のために働くとき、本当に強くなれる。

そして真の心の平静が得られるのだ。


真の心の平静こそが、「人間の幸福」の本質であると確信している。



長期にわたり、心の平静を得られたものこそ、真の人生の成功者になれるのだ。





コメント (0) |  トラックバック (0) | 

スピード仕事術 迷ったらイバラの道を選択せよ!

2014年04月09日 | 所長と熱く語ろう!(久野康成)
長く働いていると、ふと会社を辞めたくなる瞬間が訪れるものだ。

私は、前職で8年勤務していたが、3年周期くらいに辞めたくなる時期が訪れた。


しかし、今思うとあの時、転職しなくてよっかったとつくづく思う。

7年目に転職ではなく、独立しようかと親に相談した時、親に止められた。

あの時、父親の意見に従って、辞めずに本当によかった。


しかし、翌年、もう一度、父親に独立するといった時は、
「そうか、頑張れ」
の一言だけだった。

また、怒られるのかと思っていたが拍子抜けした。

父親が他界したのは、その3か月後・・・

本当にあの時、独立してよかった。

今の自分があるのもあのタイミングだったからだ。


仕事がうまくいかないとき、とかく辞めたくなるものだ。

しかし、その時こそ、もう一年、同じ場所で踏ん張ってほしい。
そして、現状を脱却する方法を考えてみよう。

もう一年踏ん張って、どうしても打開できないとき。

その時は仕方ないのかもしれない。


しかし、私は、踏ん張って打開できないということはなかった。

会社を辞め、独立したのは、自然の流れにしたっがっただけだ。


父親が最後、独立に反対しなかったのも、何かを感じたのかもしれない。


苦しさから逃げるのではなく、苦しさに立ち向かってみよう。



常に、安易な道ではなく、イバラの道を選択してみよう。

人生の喜びは、苦しさを克服したときにしか味わえないのだから。
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

スピード仕事術 能力あるウサギより戦略のあるカメになれ!

2014年04月09日 | 所長と熱く語ろう!(久野康成)
仕事は常に長期的視点でおこなうように!

能力あるウサギがなぜ、カメに負けたのか?

ウサギが怠慢であったのではない。

カメに戦略性があったからだ。


能力ある人間は、とかく短距離走で力を発揮する。

そうでない人間は、絶対に短距離走では負けてしまう。


能力のない人間が、能力ある人間に勝つためには、長距離走でしか勝てないのだ。

それをカメは知っていたのである。


戦略を立案する時間軸を長くするほど、戦略オプションは増えていく。
短いほど、能力格差がそのまま結果に反映されてしまうのだ。


であれば、大抵の人間は、長期に物事を考えて、短期的結果に一喜一憂せず、必ず勝てる方法を探るべきである。


長期で勝つためには、普段からのたゆまない努力が必要になる。

大きな努力を短期目標のために使うと、バーンアウトしやすい。

しかし、長期目標のための継続的努力は、それほど、精神的に堪えることは少ない。



どうせ、努力は必要なのだから、常に心を安定させやすい長期目標にリンクさせるべきであろう。
コメント (0) |  トラックバック (0) | 

スピード仕事術 バーンアウトしないために・・・・

2014年04月09日 | 所長と熱く語ろう!(久野康成)
スピードを一つの重要な指標として仕事を行うことは、特に若い社員に対しては非常に効果的だ。

結果としての仕事のクオリティー
上司からの評価
顧客からの評価もあがる。


しかし、これにも問題がある。

スピードにコミットしていると、常に自分に負荷がかかっている状態になり、バーンアウトしやすくなる。
いわゆる「燃え尽き症候群」といヤツだ。


これを避けるためには・・・


第一が、長期的視点に立つこと。
第二が、昇進を仕事の目標にしないこと。
第三が、上司からの評価を真摯に受け止め、不当な評価と思わないこと。

この3つは、結果に対して一喜一憂しなくなり、自分の精神を穏やかな状態に保つことができる。


燃え尽きてしまう最大の原因は、「頑張ったのに認めてくれない」と思うことから始まる。

結局は、自分自身の原因で、自分を破壊し、自滅するパターンがほとんどだ。


これを、会社や上司のせいにしている限り、そこから復活することもなく、人生の敗者となっていく。

能力があるにもかかわらず、そのようにつぶれていった人を何人も見てきた・・・



コメント (0) |  トラックバック (0) | 

スピード仕事術 もう一つのプロフェッショナルになれ!

2014年04月08日 | 所長と熱く語ろう!(久野康成)
上司になったら、自分の専門分野だけでなく、もう一つのプロフェッショナルになれ!


だれでも自分の専門となる分野を持ち、その勉強をするのは当たり前


全ての上司に共通するもう一つの専門分野とは何か?


答えは、「マネジメント」である。


上司とは、部下を扱う人であり、管理する人である。

人の管理は、マネジメントの神髄だ。


どれだけ部下の潜在的能力を引き出せるか。
どれだけ、部下の協力を仰げるか。

全ては上司次第である。

部下の生産性こそ、自分の生産性といっても過言ではない。



そのためには、マネジメントとは何か、そのプロになるつもりで勉強せよ!
コメント (0) |  トラックバック (0) |