久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

社長も含め、誰がいなくなっても困らない組織が理想

2017年06月23日 | 経営論



組織は、俗人的であれば、結局、特定の人に頼ったものになり、承継が難しくなります。


特に、組織が経営者に大きく頼れば頼るほど、事業承継は難しくなります。


良い組織を構築するためには、その組織で最も大切な人がいなくなった場合を常に想定し、いなくなっても困らない組織を作る必要があります。



The ideal organization is one that would not suffer if anyone, even the president, were no longer there.



If organizations dependent on specific people, making succession will be difficult.


Especially, the more the organization relies heavily on management, the harder it is to succeed business.


In order to build a good organization, it is necessary to always assume the case where the most important person in the organization is gone, and to create an organization that will not be troubled even if he/she is gone.
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ビジョン実現に向けて実行する手段が中期事業計画書

2017年06月22日 | 経営論



中期経営計画書は、将来を予測するものではありません。


自分が持っているビジョンの実現のための道筋にしか過ぎないのです。


将来は、予測できないから計画を作らないという発想は誤りです。

将来は、自分自身で作っていくものです。


A mid-term business plan is the means for taking action to realize your vision.


The medium-term management plan does not predict the future.


It is only a way to realize the vision that you own.

In the future, the idea of not making a plan because it can not be predicted is wrong.

We will make our future by ourself.
コメント (32)
この記事をはてなブックマークに追加

中小企業と思えば、中小のまま  ベンチャー企業と思えば大きくなる

2017年06月21日 | 経営論



中小企業の経営者で、自分の会社を中小と呼ぶ人は、この先も中小企業で終わります。

自分の会社をベンチャー企業と呼ぶ人は、成長意欲の高い人で、成長する可能性が非常に高いです。


自分の将来は、自分自身の定義づけで決まってしまいます。





If you think of your company as a small business, it will stay small. If you think of your company as a venture business, it will grow.


Those who are small business owners and who call their own company small and medium, will end in small business in the end.


People who call their own company a venture company are highly motivated people and the possibility of growing is very high.

Our future will be decided by our own definition.
コメント (76)
この記事をはてなブックマークに追加

経営者は、経営を行うこと  部長職の仕事をしてはならない

2017年06月20日 | 経営論



経営者の最も大切な仕事は、経営です。

ここで大切なことは、経営とは何かを定義付けすることです。


経営者の大切な仕事は、目標設定し、計画を作り、実行のための人材育成を行って、計画の進捗管理、検証を行っていくこと。


自分自身がオペレーションに入ることを中心に仕事を組み立てないことです。


オペレーションに入れば、頭を使わなくなります。

経営者の仕事は、体を使うことではなく、頭を使うことです。



The role of executives is to take care of the overall management. They should not be doing the work of senior managers.


The most important task of management is management.

The important thing here is to define what management is about.


To manage important tasks of managers, goals are set, plans are created, personnel training for execution is carried out, progress management and verification of the plan are carried out.

It is not to assemble a work focusing on entering operations themselves.

If you enter into operation, you will not use your head.

Management's job is not to use your body, but to use your head.
コメント (68)
この記事をはてなブックマークに追加

他人のせいにしている社長はいない。いれば、すぐにただの人になる

2017年06月19日 | 経営論



経営者は、経営問題を常に自分自身の問題と考える必要があります。


景気が悪いのも自分の責任です。

景気が悪くなり、その結果、自社の業績が悪くなるのは、景気に左右されるような事業構造を作った社長の責任です。


全ては自分の問題と考えられる人だけが、トップに立つべきです。


他人の責任にしている社長は、いずれ会社を倒産させ、ただの人になります。




No company president passes the blame onto others. Anyone who does that immediately becomes just an ordinary person.


Management must always think management issues as their own responsibilities.


It is also my responsibility to have a bad economy.

It is the responsibility of the president who created the business structure that will be influenced by the economy, as the economy gets worse and as a result, the company's business performance worsens.


Only people who are all considered to be their own responsibilities should be at the top.


The president who makes it the responsibility of others will make the company go bankrupt and become a common person.
コメント (89)
この記事をはてなブックマークに追加

責任は取るものではなく果すもの

2017年06月18日 | プロフェッショナル論



責任をとって辞任するというのは、まったく意味のない行為です。

責任とは、最後まで果たすものと考える必要があります。


責任を取るという発想は、無責任につながります。



Responsibility is not something to take, but to fulfill. (Masando Sasaki, Shintoist)


Resigning from taking responsibility is a completely meaningless act.


It is necessary to think that responsibility is to fulfill to the end.


The idea of resigning when we do not accomplish leads to irresponsibility.
コメント (82)
この記事をはてなブックマークに追加

何かあるのが人生だ  悩んでどうする

2017年06月17日 | 人生観



人間は、生きていれば、必ず困難に直面します。

困難にぶつかるのは、生きている証拠です。


死んだあとは、何にもぶつかりません。


困難にぶつかったとしても、悲観することなく、常に前向きに考えましょう。


そうしない限り、問題解決はしません。






Bad things happening is a part of life. Worrying about it is pointless. (Masando Sasaki, Shintoist)



Humans always face difficulties if they live.

It is evidence of living that conflict with difficulties.

After death, it does not hit anything.

Even if you encounter difficulties, always think positively without being pessimistic.


We will not solve the problem unless we do so.
コメント (63)
この記事をはてなブックマークに追加

酒と女は2合(号)まで

2017年06月16日 | 人生観


車のハンドルに遊びがあるように、人生にもある程度の遊びは必要です。


良い人を演じて、人生を送れば、最後は自分自身の幸福感が満たされません。



わがままな生き方ではなく、あるがままな生き方を大切にしましょう。



ただし、何事も過ぎたるは及ばざるがごとし。

節度をわきまえましょう。






Both drinks and women, two is enough. (Masando Sasaki, Shintoist)



To some extent there is play on the steering wheel of the car, a certain amount of play is also necessary for life.


If you play a good person and send your life, you will not be able to satisfy your own happiness at the end.



Let's cherish the way we live as it is, not selfish way of living.



However, as long as nothing passes, it does not go away.

Let 's learn modesty.



コメント (67)
この記事をはてなブックマークに追加

道に迷えば道を覚え、人生に迷えば生き方を覚える

2017年06月15日 | 人生観


困難にぶつかったときは、成長しているときです。


道に迷い、道を覚えるように、人生に迷いながら、人生を切り開いていくこと。


これが生きるということです。






If you have lost your way, you will learn how to get there. If you lose yourself in life, you will learn how to live. (Masando Sasaki, Shintoist)





When you encounter difficulties, it is when you are growing up.

To get lost, to learn the way, to live in life, to open your life.

This is to live.
コメント (91)
この記事をはてなブックマークに追加

大切なのは、これからやろうとしていることではない。今やっていることだ

2017年06月14日 | プロフェッショナル論



将来、行うことに価値を置けば、大切なことを先送りする傾向が出ます。


大切なことは、将来することではなく、今行っていることです。


今の延長線にしか、将来はありません。


将来は、特殊なものではありません。

最も近い未来は、今なのです。


今を大切にすることで、未来が切り開けます。



What is important is not what you intend to do, but what you are doing now.



If you put value in doing in the future, you may postpone important things now.


The important thing is not going to do in the future but what we are doing now.

There is no future in the extension of the current one.

The future is not special.

The nearest future is now.


By cherishing the present, the future will be opened.
コメント (102)
この記事をはてなブックマークに追加

言い訳を言うたびに、人間は小さくなる

2017年06月13日 | 人生観



言い訳は、自分自身の将来の可能性を小さくさせます。

言い訳を言わず、自分自身の問題として解決を図れば、将来は開けます。


人間は、言い訳を言うたびに、自分自身を小さくさせていくのです。



Every time you make excuses, your value will shrink.



The excuse is to make yourself the possibility of the future small.

If you solve it as a problem of yourself without saying excuses, you can open the future.

Every time a human excuses, he makes himself small.
コメント (96)
この記事をはてなブックマークに追加

部下の成長は、部下がその部下を育てて初めて分かる

2017年06月12日 | 仕事術



自分に都合のよい部下が、良い部下ではない。


本当に良い部下は、人を育てられる部下である。


部下は、自分のアシスタントとして使うのではなく、将来、組織の上に立つ人材になるように育てなければならない。


The growth of your own subordinates will be evident only when those subordinates nurture their own subordinates.



A subordinate that is convenient for you is not a good subordinate.


A really good subordinate is a subordinate who can raise people.


Men are not to use them as their assistants, but to grow up to become human resources who stand on the organization in the future.
コメント (102)
この記事をはてなブックマークに追加

質ではなく、量の追求が変革を生む

2017年06月11日 | プロフェッショナル論



質を変えることには時間がかかります。

量を変えることは、生産性の向上を迫られます。


生産性の向上は、質的変化を意味します。


質を変化させたければ、質を追求するのではなく、量を追求しましょう。


必然的に質的変化が起きます。





Innovation is born from the pursuit of quantity, not quality.



Changing the quality takes time.

Changing the quantity is forced to improve productivity.

Productivity improvement means qualitative change.


If you want to change quality, let's pursue quantities, not pursuing quality.


Qualitative changes inevitably occur.
コメント (110)
この記事をはてなブックマークに追加

ポジティブに生きれば、毎日が楽しくなり、ネガティブに生きれば、毎日が憂鬱になる

2017年06月10日 | 人生観



楽しく生きたければ、常にポジティブ・シンキングしましょう。

憂鬱に生きたければ、ネガティブ・シンキングしましょう。



どのような生き方をするかは、すべて自分の心が決めます。


自分に起こる事象が人生を決めるのではなく、起きた事象に対する心の捉え方が人生を決めるのです。



If you live positively, every day will be enjoyable. If you live negatively, every day will be depressing.



If you want to live happily, always try positive thinking.

If you want to live melancholy, let's try negative thinking.


My mind decides what kind of way to live.


The event that happens to you does not decide the life, but the way you catch the mind to the event that happens determines the life.
コメント (74)
この記事をはてなブックマークに追加

「悩み」に心を支配されれば、人生を楽しむことはできない

2017年06月09日 | 人生観



人生を楽しむ方法は、喜怒哀楽のうち、怒りと哀しみをコントロールする方法を身に着けることです。


悩みから解放される方法は、悩みの種は何かを考え、解決する方法だけを考えて、実行することです。


解決する方法が、見つからない悩みは、そもそも解決不可能なので、運命として受け入れることです。



そうすれば、すべての悩みは消えていきます。


If your heart is controlled by your worries, you will no longer be able to enjoy life.


The way to enjoy life is to get a way to control anger and sadness out of emotions.


The way to be released from trouble is to think about only how to solve it, and to do it.


If you can not find the way to solve, it must be impossible to solve.

So it is to accept as fate.

Then all the troubles will disappear.
コメント (83)
この記事をはてなブックマークに追加