久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

どこまで高い目標を設定できるかは生き方の問題

2017年02月20日 | 人生観



自分が設定した目標以上の結果や成果を残すことは、非常に困難なことです。


つまり、自分の限界は、自分が設定した目標に依存するのです。


自分がどんな目標を設定するかは、全て自分自身の裁量で決められます。


自由裁量で決められるものは、個人の考え方、生き方が反映します。


つまり、生き方を考えない限り、正しい目標は設定されず、結果として、大きな成果も得られません。


企業の成果は、究極的には個人の哲学が制約条件になるのです。


企業が生きたかを社員に説かなければならない理由は、ここにあるのです。



How high you can set your goals depends on how you live your life.



It is very difficult to leave outcomes and achievements beyond your goals.


In other words, our limit depends on our goal.



You can decide what goals you set yourself at your own discretion.


What you can decide at discretion reflects your way of thinking and way of living.

In other words, as long as you do not think about your way of living, you will not set the right goal, and as a result you will not get great results.


Ultimately, the individual's philosophy becomes a constraint condition of the outcome.


The reason why we have to teach employees how to live lies here.
コメント (67)
この記事をはてなブックマークに追加

哲学を持てば生きることは手段 持たなければ動物と同じ

2017年02月19日 | 人生観



人と動物とを分ける大きな違いは、人間には、哲学があり、動物には、哲学がないことです。



哲学とは、何の目的で生きるのかを問うことであり、その答えを自分なりに発見することです。


つまり、哲学は、生きることを目的とせず、手段にするものです。


哲学を持たない人間は、動物と同じように、生きることを目的とします。



生きること自体を目的にすると、人生は喜びよりも苦しみが圧倒的に多くなります。

生きることを手段にすれば、目的のために苦しみを乗り越えられるだけでなく、苦しいプロセスですら、楽しむことができるようになります。






If we have our own philosophy,living will be the means to achieve it. Without one,we are no different from the animals.



The big difference between people and animals is that human beings have philosophy and animals do not have philosophy.


Philosophy is to ask what purpose we will live and to discover the answers by ourselves.


In other words, philosophy is not a purpose of living itself, but a way of turning into means.

Humans without philosophy, like animals that aim to live.

Living is overwhelmingly more painful than joy if you aim for living itself.

As a means to live, you not only can overcome suffering for the purpose of life but also you can enjoy even the painful process.
コメント (105)
この記事をはてなブックマークに追加

面接試験ではあなたの考え方や価値観が評価される

2017年02月18日 | 仕事術




あなたが会社に就職しようとするとき、


あなたの過去の経験は、あなたの履歴書に書かれています。

あなたの知識は、ペーパーテストで測定されます。


これらは、全て、あなたが過去に行ってきたものです。



面接では、何が問われるのか?


それは、あなたの思考法、価値観です。




企業は、あなたの過去ではなく、未来に着目します。


あなたの未来は、あなたの考え方次第で大きく変わります。



あなたの過去の知識、経験以上に、あなたの思考法が、あなたの未来を決めるのです。









In a job interview, you will be assessed on how you think and on your values.



When you try to get a job in a company,

Your past experience is written in your resume.

Your knowledge is measured in a paper test.


These are all you have done in the past.



In interview, what is questioned?


That is your thinking and values.


Companies focus on your future, not your past.


Your future will change dramatically depending on your way of thinking.


Beyond your past knowledge and experience, your thinking method will decide your future.







コメント (69)
この記事をはてなブックマークに追加

スキル志向に陥った人は転職を繰り返す

2017年02月17日 | 仕事術



仕事は、一年もたてば、慣れが生じます。

仕事は、ルーティンワークに変わります。


スキルを得ることを目的とした場合、遅かれ早かれ、新たなスキルが得られないと思うようになります。


新たにスキルを得る方法は、転職以外にあり得ません。

そして、転職を繰り返す人になります。



転職ではなく、昇進することによって、より高次元の仕事ができるように目標設定しましょう。

指導者になるには、テクニカルスキルだけではなく、リーダーシップ、ヒューマンスキル、コンセプチュアルスキルなどが重要になります。


テクニカルスキルだけに偏りすぎている人は、昇進の機会が巡ってきません。

転職したとしても、結果は同じです。



A person who falls into the trap of an over-emphasis on skills is destined to change jobs over and over again.



In general,we get used to work in a year.

Work changes to routine work.

If you aim to acquire skills, you will think that new skills will not be available sooner or later.

Besides changing jobs, there is no way to get new skills.

And it will be a person who repeats career change.


Let's set goals so that you can do higher-level jobs by promoting, not by changing jobs.


In order to be a leader, leadership, human skills, conceptual skills, etc. are important as well as technical skills.


People who are biased too much only in technical skills, the opportunity for promotion does not come about.


Even if you change your job, the result is the same.
コメント (80)
この記事をはてなブックマークに追加

教えることが最高の学びとなる

2017年02月16日 | 仕事術



最も効果的、効率的な学習方法は、自分の学びたいことを相手に教えることです。


インプット中心の学習よりも、アウトプット中心の学習の方が、はるかに効率的です。



教えることは、一見、自分が学ぶ時間を犠牲にしているように見えます。



しかし、教えることこそ、学ぶ近道になるのです。


自分が上司となり、部下に教えることは、結果として、自分自身がより多く学んでいることになるのです。



Teaching others is the best way to learn.



The most effective and efficient way to learn is to teach your opponents what you want to learn.


Learning by output centers is far more efficient than input-centered learning.


It seems at first sacrifice that you teach at the expense of your time to learn.


But teaching is the shortcut to learn.


As a result of being a boss and teaching your subordinates, as a result, you are learning more than your suborniates.
コメント (117)
この記事をはてなブックマークに追加

有能な上司は自分の時間を他人のために使うことができる

2017年02月15日 | 仕事術



上司の役割は、部下をマネジメントすることです。


しかし、スキルばかり追求してきた人が上司になると、今までと同じように上司になっても自分のスキルを磨くことを中心に仕事をする人がいます。


自分が、知識、経験を得るためには、自分の時間を自分のためだけに使えば足ります。


しかし、上司の真の役割は、部下のマネジメントであり、教育です。


そのためには、部下のために時間を割かなくてはなりません。


自分が成長したいと思う人は、上司には向かず、他人を成長させたいと思う気持ちがなければ有能な上司にはなれません。


自分を犠牲にし、部下のために時間が使える人が真の上司となるのです。



有能な上司になりたければ、相手中心の発想法に切り替える必要があります。



A talented leader is one who is able to give his or her own time to others.


Boss's role is to manage subordinates.


However, when a person who has pursued skills has become the boss, they may behave like before.


In order to gain knowledge and experience by myself, it is enough to use your own time only for yourself.


However, the true role of the boss is management of the employees and education.



To do that, you have to spare time for your subordinates.


The person who wants to grow is not suitable for the boss and can not become a competent boss unless you feel like wanting to grow others.


A person who can sacrifice oneself and use time for his/her subordinates will become a true boss.


If you want to be a competent boss, you need to switch to a partner-centered idea.




コメント (114)
この記事をはてなブックマークに追加

学ぶ人ではなく教える人になれ

2017年02月14日 | 仕事術



私たちは、子供のころから、たくさん学ぶ人が優秀な人と教えられ、また、学校でもそのように評価されました。


しかし、社会人になったとき、学ぶ人よりも、教えられる人の方が価値があります。


学ぶとは、教えるための手段にしかすぎないのです。



しかし、私たちは、学生時代の思考法を社会人になっても捨てきれず、学ぶ続けてしまうのです。



学ぶ人とは、自分の時間を自分のために使う人です。


教える人とは、自分の時間を他人のために使える人です。


教えるとは、自分にとって最も大切な時間を他人のために使うことなので、本能に反した行為です。


従って、マネジメントとは、本来、本能に反した行為をすることを意味します。



自分の成長ばかり考える人は、マネージャーにはなれません。


マネージャーとは、他人の成長にフォーカスする人です。



教えることは、最高の学ぶための方法です。

結果として、教えることを意識した人の方が、学ぶスピードですら速くなるのです。




Be a person who teaches, not a person who is taught.



From the time we were a child, we have taught that people to learn a lot are excellent people, and also at school as such.


However, when becoming a social worker, people taught are more valuable than those who learn.


Learning is only a means of teaching.



However, we can not abandon our thinking ways of our school days even after we become a member of society, and continue to learn.



A person to learn is a person who uses his/her time for oneself.


A person to teach is a person who can use his/her own time for others.


Teaching is an act contrary to instinct, as it is to use the most important time for others.


Therefore, management is meant to act something counter to instinct.



Those who think only about their own growth can not become managers.


A manager is a person who focuses on the growth of others.



Teaching is the best way to learn.

As a result, those who are conscious of teaching become faster even at the learning speed.


コメント (102)
この記事をはてなブックマークに追加

企業の寿命 人の寿命よりはるかに短い 自立せよ!

2017年02月13日 | 仕事術



企業の寿命は30年といわれて久しいですが、最近は、それよりもっと短くなる傾向にあります。


私たちは、新卒で入社し、定年を迎えるまで、40年間働く必要があります。

つまり、企業の寿命は、私たちが働かなければならない期間よりも短いのです。



どんな大きく立派な企業に入社しても、M&Aなどによって自分の会社や部門が無くなる恐れがあります。


会社に依存して生きることは、現実問題としては不可能なのです。

私たちは、大きな会社で働けば安心であると錯覚しているだけです。


会社に頼ることなく自立することを目標設定してください。

自立した社員こそ、会社にとって最も重要な社員であり、かつ、そのような社員がいる企業こそ、永続できるのです。



Corporate life is much shorter than a person's life.
Stand on your own feet!



The life expectancy of a company has long been said to be 30 years, but recently it tends to be shorter than that.


We need to work for 40 years from joining a new graduate to the retirement age.


In other words, the life span of an enterprise is shorter than the period that we have to work.

Even if you join any big and impressive company, your company or division may be lost by M & A etc.


It is impossible to live depending on the company as a real problem.


We are merely mistaken that working in a big company is safe.


Please set a goal that you will be autonomous without relying on the company.

Autonomous employees are the most important employees for the company, and companies that have such employees can be permanent.
コメント (114)
この記事をはてなブックマークに追加

管理職になりたいと思わなければ会社への忠誠心はなくなる

2017年02月12日 | 人生観



会社に入って、何を望むのか?


自分のキャリアプランが、知識、技術、経験の習得で、転職だけを考える人は、会社に対する忠誠心はなく、会社は、単なる自分のためのステップアップの踏み台です。


もちろん、そのような考え方もあります。


しかし、このような発想法だけでは、最も重要な人をマネジメントすることを学ぶことができません。


20台のうちは、知識、技術、経験が評価されますが、40歳を超えれば、自分自身の管理能力が評価されます。


管理能力が必要になったときに学ぼうとしても手遅れです。


将来、必要な能力は、最初から意識的に学ぶ必要があります。


知識、技術、経験だけでなく、将来のために管理者になることを会社に入った時から学ぶことが大切です。


転職により給与を上げることを目標設定するのではなく、まず、今いる会社で昇進してください。

最も重要な、管理能力が身に着けられます。


管理者になろうと思わなければ、当然、会社に対する忠誠心もなくなり、そのような人には、重要なチャンスはめぐっては来ません。



会社は、重要な仕事は、能力だけではなく、忠誠心のある人にわたします。


忠誠心のある人は、逃げることなく、責任を果たすからです。



Unless you have the desire to become a manager,your loyalty to the company will falter.



What do you want as you enter the company?


Those whose career plan is mastery of knowledge, skills, experience, only thinking about job-hopping, there is no loyalty to the company, the company is just a step-up for himself.


Of course, there is such a way of thinking.


However, with such an idea alone, we can not learn the most important thing, e,g, management.

Knowledge, skills and experience are evaluated in the twentieth, but if you exceed 40 years old your own management ability will be evaluated.


It is too late to try to learn when management skills are needed.


You need to consciously learn the necessary abilities that will be required in the future from now.

In addition to knowledge, skills, experience, it is important to learn from entering the company to become a manager in the future.

Rather than set a goal to raise salary through career change, please promote first at the company you are currently in.

The most important thing, e,g, management skill is acquired.


If you do not want to become an manager, of course, loyalty to the company will also be gone, and such people will not come across important opportunities.

The company delivers important work to people with loyalty as well as abilities.

People with loyalty fulfill their responsibilities without running away.

コメント (110)
この記事をはてなブックマークに追加

企業は人づくりの場

2017年02月11日 | 経営論



会社の目的は、自社の製品、サービスを通じて社会に貢献することです。


会社が、社会に貢献し続けるためには、利益を上げることが必要です。


利益がなければ、良い社員を雇うことも、R&Dに投資して、良い製品開発することもできません。


利益とは、会社を維持し、長期的に顧客に貢献するためには、必要不可欠なものです。



また、全ての企業は、人を雇い、その人によって価値が生み出されています。

社員を成長させることなくして、会社は発展しません。


会社が、人づくりの場になっているか改めて考えてみましょう。



短期的な利益ばかり考えている企業は、人の教育に投資をしません。


長期的な繁栄のためには、企業は、人づくりの場でなければならないのです。




The company is a place to build people.


The purpose of the company is to contribute to society through our products and services.


In order for a company to continue contributing to society, it is necessary to raise profits.

Without profits, we can not hire good employees, invest in R & D, and develop good products.

Profit is essential for maintaining the company and contributing to customers over the long term.

In addition, all companies hire people who will creates values of the vcompany.

Without growing employees, the company does not develop.



Let's think about whether the company has become a place of human resource making.


Companies who think only about short-term profits do not invest in human education.


For long-term prosperity, a company must be a place of human resource development.




コメント (81)
この記事をはてなブックマークに追加

できる人よりできた人

2017年02月10日 | 人生観



できる人とは、テクニカルスキルの高い人を意味します。


できた人とは、ヒューマンスキルの高い人を意味します。



会社が求めるのは、長期的には、テクニカルスキルより、ヒューマンスキルです。


なぜなら、ヒューマンスキルが高くない限り、良い管理者にはなれないからです。


テクニカルスキルは、知識と経験を積むこと、すなわち、時間が解決します。



しかし、ヒューマンスキルは、あなたの人間力そのものです。


時間によって解決するものではなく、気づきによって解決します。



まずは、ヒューマンスキルを高めることに着目してください。

テクニカルスキルは、自ずから付いてきます。





Don't just be a person with the skill to do something, be a person with the good will.


A person who can do means a person with a high technical skill.


However, capable people are not always with high human skills.

In the long term, the company sought is more human skill than technical skill.


Because, as long as human skill is high, it can not be a good manager.


Technical skill is to accumulate knowledge and experience, that is, time resolves.

But human skill is your human power itself.

It is not something to be solved by time, but it is solved by awareness.


First of all, please pay attention to raising human skills.

Technical skills will accompany you by yourself.






コメント (93)
この記事をはてなブックマークに追加

今日この仕事に全力投球

2017年02月09日 | 仕事術




今、自分が割り当てられた仕事にどんな意味があるのか悩んでも意味はありません。


今、自分が割り当てられた仕事が、自分が行いたい仕事ではないと悩めば、そこからは、何も得られません。


今、自分が割り当てられた仕事が、今後の自分のキャリアにとって意味がないものと考えると、生産性も悪くなり、良い結果は得られません。



今、あなたが割り当てられた仕事に全力投球してください。


悩むより、行動しましょう。

そこから、あなたの道は開けます。




Always give your all to the task at hand.


There is no point in worrying about what meaning is assigned to the job assigned to me now.

Now, if you are troubled that your assigned work is not the job you want to do, you will not get anything from it.

Now, considering that work assigned to you is meaningless to your career in the future, productivity gets worse and good results can not be obtained.


Please give me full play to the job you assigned now.


Let's act rather than worry.


From there, you can open your path.
コメント (126)
この記事をはてなブックマークに追加

競争は外でせよ!内では、協力せよ!

2017年02月08日 | 仕事術



同僚とは、協力すべき相手であり、競争すべき相手ではありません。

競争は、競合他社とすべきものです。


社内におけるラットレースを排除し、協力関係を築く文化形成が会社にとって最も重要です。


社内で競争を行うと、会社の中がギスギスしだします。


長期的に見れば、決して良い影響を与えません。


同僚とは、目的を共有し、常に協力関係を築いてください。





Keep the competitiveness for outside!
Inside, be cooperative!



It is a partner to cooperate with a colleague, not a competitor.

Competition should be with competitors.


Excluding rat races in the company and building cooperative relationships, namely, cultural formation is the most important for the company.


If you compete in-house, the inside of the company will be cold and unfriendly.

In the long run, it will never have a positive impact.

Please share your purpose with colleagues and always build cooperative relationships.
コメント (127)
この記事をはてなブックマークに追加

常に改善せよ!今のやり方に固執するな

2017年02月07日 | 仕事術



人間の脳は、楽をできるように思考します。

従って、人の脳は、仕事を作業化して何も考えなくてもこなせるようにさせるのです。

考えなくても作業ができるため、エネルギーの消費が抑えられます。

生物として生きるには、無駄なエネルギーを使わないことが重要です。

しかし、人間は、社会的生物となり、共同体の中で、競争もしなければならなくなりました。

競争とは、決して悪いものではなく、社会をより効果的、効率的に運営するためには、必要不可欠なものです。


結果として、単なる生物としての脳の役割と、継続的に改善を求める社会との間でコンフリクトが発生したのです。

本能に反して、現状を否定すること。

その上で、今のやり方に固執することなく、たるまない改善活動が必要になったのです。




Always keep improving!
Don't get stuck in your current ways.




The human brain thinks so that you can enjoy it.

Therefore, the human brain makes work be an easy operation so that you can do it without thinking anything.

Work can be done without thinking, so energy consumption is suppressed.

To live as an organism, it is important not to use wasted energy.

However, humans have become social organisms and have to compete in the community as well.

Competition is not a bad thing, it is indispensable to operate society more effectively and efficiently.

As a result, there was a conflict between the role of the brain as an organism and the society that continually seeks improvement.

Contrary to instinct, denying the present situation.

In addition, without persisting in our way of doing now, we need a sort of improving activity.
コメント (126)
この記事をはてなブックマークに追加

真の利益は長期的思考から生まれる

2017年02月06日 | 経営論



短期的に利益を上げるためには、コストダウンをすればできます。

リストラもどの一例です。

しかし、このような利益は、長続きしません。


長期的に安定的な利益を確保するためには、企業を継続的に成長させていくことが必要です。


まずは、企業を取り巻く環境が、長期的にどのように変化していくかを考えてみましょう。

環境の変化によって全ての製品、サービスは陳腐化します。


長期的に顧客に受け入れられる製品、サービスを提供し続けるためには、長期的思考が不可欠です。

長期的思考は、日々の業務の中では生まれて来ません。

土日など、1人でリラックスしている時に何を考えるかが重要になります。


結局、この時間の使い方が、企業を長期的に成長させて、利益を出し続ける源泉となるのです。




True profit is born from long-term thinking.



In order to raise the profit in the short term, you can do it by cost reduction.

Restructuring is also an example.

However, such benefits will not last long.


In order to ensure stable profits over the long term, it is necessary to continue to grow companies.


First of all, let us consider how the environment surrounding enterprises will change over the long term.


All products and services will become obsolete due to environmental changes.

Long-term thinking is essential to continue to provide products and services that are acceptable to clients over the long term.

Long-term thinking is not born in daily work.

It is important what you think when you are relaxing alone such as Saturdays and Sundays.

After all, how to use this time becomes a source that keeps companies growing long term, keeping making profits.




コメント (126)
この記事をはてなブックマークに追加