久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

人間は、自分自身の目標を追求するほど、我がままになっていく

2017年05月31日 | 人生観


自分の目標だけを追いかけると、他人との協調性が失われて、どんどんわがままになっていきます。


大きな目標の達成には、他人の協力は不可欠です。


他人と共有できない目標設定は、誤った目標です。


いかなる目標を持つかで、人生は決まります。


誤った目標によって、誤った人生になるのです。




The more you pursue your own goals, the more selfish you will become.




If you follow only your goals, cooperation with others will be lost and you will be more and more selfish.


Cooperation of others is indispensable for achieving a major goal.


Target setting that can not be shared with others is a mistaken goal.


Life is determined by what goals you have.


The wrong goal is to make a mistaken life.
コメント (106)
この記事をはてなブックマークに追加

頭の良し悪しが成功を決めない だからみんなにチャンスがある

2017年05月30日 | 成功への道筋


学生時代の成績と人生の成功度は、必ずしも比例しているわけではない。

勉強は、自分の力や自分の努力で決まるが、人生は、人の力を借りる必要がある。

自分に足りないものを補ってもらえる力も必要になる。


物心共に豊かになり、人生に成功することは、誰にでもチャンスがある。



Success is not determined by how smart you are; that is why everybody has a chance.



The results of the student days and the success of life are not necessarily proportional.


Studying depends on your own power and your own efforts, but life needs to borrow the power of people.


It also requires the ability to compensate for missing oneself.


Everyone has a chance to become rich and to succeed in life.
コメント (108)
この記事をはてなブックマークに追加

信頼関係ができて初めて、こちらの話が聞いてもらえる

2017年05月30日 | コミュニケーション


人は、信頼していない人の話を聞こうとはしません。

話している人の内容が、良いか悪いかではなく、話している人が、信頼できるかできないかが最初に判断されます。

話を聞いてもらいたければ、話の内容よりも現在の信頼関係に着目しましょう。

そして、信頼関係の構築を目標設定し、アプローチを変えましょう。





It is only when there is a relationship of trust that you will be heard.




People do not listen to tales of untrusted people.



It is first judged not whether the talking person's content is good or bad, but who talks can be trusted or not.


If you want to be listened your story, let's focus on the current relationship of trust rather than the content of the story.


Let's set a goal of building a relationship of trust and change your approach.
コメント (95)
この記事をはてなブックマークに追加

自信を持つためには、まず、自分自身を好きになること

2017年05月29日 | 人生観


自分の事が本当に好きな人は、できない自分や自信のない自分が嫌いです。

自分の事が好きなので、嫌いな自分を放置しておく事ができません。

好きな自分を維持するためには、できない事、自信のない事をなくさなければいけません。なくすために必死に努力ができます。


自信がない状態でも、必死の努力ができないのは、究極的には、自分を好きになっているレベルが低いからです。

自分を好きになる事が、ポジティブシンキングの入り口であり、努力で自信をつけられる方法です。


To have confidence, you must first learn to love yourself.



People who really like themselves do not like themselves who can not and who does not have confidence.


They like themselves, so they can not leave themselves disgusted.


In order to maintain themselves them like, they have to lose things they can not do, not having confidence. They can strive hard to lose it.


Even with no confidence, desperate efforts can not be made because, ultimately, the level at which you like yourself is low.


To love yourself is the entrance to positive thinking and it is a way to give confidence with your efforts.




コメント (96)
この記事をはてなブックマークに追加

混乱は成長の証  秩序は衰退の兆

2017年05月28日 | 経営論



組織の中で混乱が起きるのは、何らかの変化があったときです。

人間は、無意識に混乱を避けようとします。

結果として、変化を嫌うのです。


変化せず、組織の秩序が長く保たれるのは、成長を放棄した状態です。


結果として、秩序は、衰退を招きます。


成長のためには、変化が必要です。


変化は、混乱を招きますが、それは、成長痛と考えましょう。



Turmoil is a testament to growth; order is a sign of decline.



The confusion in the organization occurs when there is some change.


Humans unconsciously try to avoid confusion.


As a result, I hate change.

It does not change and the organization's order is kept long, it is the state of abandonment of growth.


As a result, the order leads to decline.

Change is necessary for growth.


Changes lead to confusion, but let's think of it as growth pain.
コメント (93)
この記事をはてなブックマークに追加

不幸は絶好調の時にやってくる

2017年05月27日 | 人生観



業績が絶好調というのは、長くは続かない。


絶好調は、会社の業績が悪くなる前兆である。


絶好調の時は、盲目になりやすく、悪い兆しが目に見えなくなる。


良いときにこそ、悪くなる芽を徹底的に摘み取り、傲慢にならず、謙虚な経営をするときである。



Misfortune visits when you are at your peak.




It is not long lasting that performance is top-notch.


Best condition is a precursor that the performance of the company worsens.


It is easy to become blind, and the bad signs become invisible at the best condition.


When it is good, it is time to pick humbling buds thoroughly, do not become arrogant, do the humble management.
コメント (74)
この記事をはてなブックマークに追加

顧客を信者にするためには、社員が宣教師でなければいけない

2017年05月26日 | 経営論



顧客が会社のファンになった場合、ファンは、必ずしもその会社の商品、サービスを人に奨めようとは思いません。


しかし、顧客が、会社の信者レベルになると、積極的に他人に勧めるようになります。

顧客が、信者のレベルに到達するには、社員は、伝道師のレベルになっている必要があります。


伝道師になるとは、会社のミッションを自分のミッションと考え、それを広めることを使命としなければなりません。



To turn customers into believers, employees must be missionaries.






When a customer becomes a fan of a company, fans do not necessarily want to recommend a product or service of the company to a person.


However, when a customer becomes a company believer level, he will positively encourage others.

In order for the customer to reach the level of the believer, the employee needs to be at the level of evangelists.

To become an evangelist, we must consider the mission of the company to be our mission and to disseminate it.
コメント (78)
この記事をはてなブックマークに追加

自分探しは、人生の漂流者。ただ彷徨うだけ

2017年05月25日 | 成功への道筋



自分は、いったい何に向いているのか、どんな職業に就くことが最適なのか考えても答えが出ないのなら、今、与えられた仕事に全力投球してみましょう。

ただ考え、自分探しの旅に出ても答えは、見つかりません。

ただ彷徨うだけです。


今の仕事の全力投球する中で、自分の適性性は、自ずから見えてきます。


考えるより、行動を優先しましょう。



"Searching for yourself" makes you a castaway in life, merely drifting.



If you do not get an answer even if you think what you are suited for, what kind of job it is best to take, why do not you try your best at the job you are given now.


Just thought, if you go on a trip you are looking for, you can not find the answer.


You just wander around.

In your best effort of your current job, your aptitude will naturally be visible.

Let's give action to actions rather than thinking.
コメント (97)
この記事をはてなブックマークに追加

「なりたい自分」を追求するより「求められる人」になれ

2017年05月24日 | 仕事術



自分が何になりたいかを考えても、それを求める人がいなければ、あなたは価値を提供することはできません。


それよりも、あなたを求めている人が期待することにフォーカスすれば、あなたが人生において、成功する確率は高まります。


自分のしたいことより、相手が求めていることに着目しましょう。



Instead of chasing the "you that you want to be," become the "person that others need."


Even though you think what you want to be, you can not provide value unless there is a person asking for it.


Instead, if you focus on what you are looking for, the probability of success in life will increase.


Let's focus on what other people are asking for rather than what you want to do.





コメント (98)
この記事をはてなブックマークに追加

今いる自分は、過去に選択した自分自身

2017年05月24日 | 人生観



現在成功している人は、過去に努力を積み重ねてきた人です。

現在、うまくいっていない人は、過去の努力を怠った可能性があります。


今の自分は、過去の自分自身の選択の結果です。

現在の自分自身の状態は、誰の責任でもなく、自分自身の責任なのです。




Who you are now is the result of the you that you chose to be in the past.





The person who is currently successful is the one who has made efforts in the past.


Currently, people who are not doing well may have neglected past efforts.


You are the result of your own choice in the past.


The current state of ourselves is not the responsibility of anyone but the responsibility of ourselves.
コメント (123)
この記事をはてなブックマークに追加

真の安定は、自分が自立することでしか得られない

2017年05月23日 | 人生観




誰かに与えられる安定は、実は、非常に不安定な状態です。


安定した大企業で働けば、表面的には安定しているように見えますが、自ら稼げる能力を身につけなければ、真の安定は得られません。


真の安定は、人に頼らず、自分自身が自立することでしか得られないのです。




True stability will come only by standing on your own two feet.





The stability given to someone is actually a very unstable state.


If you work in a stable large company, it seems to be stable on the surface, but if you do not acquire the ability to earn yourself, you can not obtain true stability.


True stability is obtained only by self independence, not depending on people.
コメント (96)
この記事をはてなブックマークに追加

自由になりたいのなら、自らの責任範囲を広げなければならない

2017年05月21日 | 人生観




自由には、常に責任が伴います。

自分自身の自由度を広げる方法は、責任の範囲を先に広げる努力をすることです。


責任の範囲が広がれば、自ずから自由は付いてきます。



責任の範囲を広げようとせず、自由だけを求めれば、会社、さらには、社会の中で生きるのに不自由を感じるのです。




If you want to be free, you must broaden the extent of your own responsibilities.


Freedom always comes with responsibility.


The way to expand your own freedom is to make efforts to expand the scope of responsibility first.


If the extent of responsibility broadens, freedom will follow itself.


If you do not try to broaden the scope of responsibility and seek freedom, you feel inconvenient to live in the company, even in society.

コメント (113)
この記事をはてなブックマークに追加

全体のために自分を犠牲に出来る人が上に立つべきだ

2017年05月20日 | 経営論



リーダーになる人間は、常に自分より相手を優先させる必要があります。

時には、自分が犠牲になる必要があります。


これは、seamanshipと呼ばれるものです。


船の船長は、船が座礁した時、船から逃げるのは、一番最後でなければならないのです。




Those who are able to sacrifice themselves for the whole should take the lead.




People who become leaders must constantly give priority to their opponents over themselves.

Sometimes, we need to be sacrificed.

This is what we call seamanship.


Captain of the ship, when the ship stranded, it is the last to escape from the ship.
コメント (81)
この記事をはてなブックマークに追加

徹底的にやれ

2017年05月18日 | 仕事術




中途半端な仕事からは、何も得られません。


やるからには、徹底的にやること。


全力で仕事した先に、成果や達成感は得られます。



仕事は、常に全力で行うことです。




Be thorough!




You can not get anything from work halfway.


Do it thoroughly.


Achievements and a sense of accomplishment can be obtained at the worker who worked with full power.


It is important that work is always done with full power.
コメント (119)
この記事をはてなブックマークに追加

他人への関心と共同体意識で、全ての対人関係の悩みは消える

2017年05月17日 | 人生観



対人関係の悩みは、相手のことを考えない、相手への関心が薄いときに発生します。


自分と相手とは、社会の中で共に生きる共同体メンバーであり、利益を共有する存在と考えてみましょう。



自分も相手も同じ社会の一員であり、同じ共同体と考えられれば、相手にもっと関心を持つことができるようになります。


結果として、対人関係の悩みはなくなっていくのです。




Interest in others and a sense of fellowship will cause all problems with interpersonal relationships to disappear.



The problem of interpersonal relationship occurs when you do not think about the partner and the attention to the partner is weak.


Consider yourself and your opponent as community members who live together in society and share the interests.



If you and your partner are part of the same society and you can think of it as the same community, you will be able to have more interest in your partner.


As a result, the troubles of interpersonal relationship are gone.
コメント (108)
この記事をはてなブックマークに追加