久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

最高の人生とは、死ぬときに「悔いなし」と思える人生である

2017年10月20日 | 死生観



悔いのない人生こそ最高の人生です。

そのためには、過度に保守的にならず、挑戦し続けることが大切です。



The perfect life is one about which, at its end, one can say "No regrets."



Life without regrets is the best life.

To that end, it is important not to overly conservative and continue to challenge.
コメント (30)
この記事をはてなブックマークに追加

人生は散りゆく桜 如何に咲くかが全て

2017年09月30日 | 死生観



人は、生まれ落ちた瞬間から、いつか死ぬことが決まっています。

死を恐れても意味はありません。


それは、生まれた瞬間に与えられた運命だからです。


人生は、生きている間に何をするかが重要です。


人生で何を成し遂げるのかを企画しましょう。



Life is a cherry blossom that is meant to fall and scatter. It is all in how you bloom.



People have decided to die one day from the moment their birth was born.

There is no point in fear of death.

Because it is the fate given at the moment of birth.


Life is important to do while living.


Let's plan what you will accomplish in your life.
コメント (37)
この記事をはてなブックマークに追加

自分の死ぬ日を決めない限り、時間は有限にならない

2017年08月25日 | 死生観



時間の生産性を高めるためには、時間が有限であるという前提が必要です。


人生は、有限であるということをたとえ知っていても、いつ終わるかが明確で無ければ、大切なことをいくらでも先送りできます。


人生の生産性を高めるためには、具体的に自分が死ぬ日を定めることです。



死と前向きに向き合わなければ、充実した人生を送ることはできません。



Unless you decide the day you will die, your time has no limits.




In order to increase time productivity, it is necessary to assume that the time is finite.



Even though you know that life is finite, you can postpone anything important if it is not clear when it will end.



To raise the productivity of life, it is deciding concrete day when you die.



If we do not face prospectively for death, we can not live a fulfilling life.
コメント (37)
この記事をはてなブックマークに追加

人生の終わりをイメージすれば、人生の密度は濃くなる

2017年05月04日 | 死生観



タイムマネジメントをすると効率性は、高まります。

タイムマネジメントの本質は、限りある時間を効率的に利用することです。



人間は、自分がいつ死ぬかを知りません。


つまり、終わりが決まっていない人生のタイムマネジメントはできないのです。


人生をマネジメントするためには、自分の人生の終わり、すなわち、自分の死を具体的にイメージすることです。


その結果、人生が有限であることを知り、マネジメントできるようになります。


漠然と自分の死を恐れ、イメージすることを避けていれば、結果として自分の人生の時間を有効に使うことはできないのです。



If you can hold an image of the end of your life in your mind, your life will be that much more full.



Efficiency will be enhanced if you do time management.

The essence of time management is to use limited time efficiently.



Humans do not know when they die.


In other words, we can not do time management for life that has not been decided.


In order to manage life, it is to concretely imagine the end of one's life, that is, the death of one's own.


As a result, you will know that life is finite and you will be able to manage.


If you are afraid of vaguely afraid of your own death and avoiding the image, you can not use the time of your life effectively as a result.



コメント (94)
この記事をはてなブックマークに追加

親が死んだときには精神の継承者として自覚とその責任を果たすことに目を向けよ

2017年04月28日 | 死生観



親が死ぬことは誰にとっても悲しいことだ。

しかし、それは、だれにとっても避けられない運命である。


避けられない運命は、受け入れる準備が必要だ。



親の精神を引き継ぎ、その継承者となれば、その魂は、自分の中に生き続けられる。


大切なことは、肉体が滅びることではない。

精神を引き継ぎ、その責任を果たすことである。



When your parents have passed away,

consider yourself as the heir to their spirit

and focus on fulfilling that responsibility.




It is sad for everyone that parents die.


But it is a fate unavoidable to anyone.


Unavoidable fate requires preparation to accept.



If you inherit the spirit of your parent and become the successor of that, that soul will live in yourself.


The important thing is not to destroy the body but to take over the spirit and fulfill its responsibility.
コメント (94)
この記事をはてなブックマークに追加

死を前向きに据えて初めて人生を楽しむことができる

2017年04月26日 | 死生観


死を恐怖と思えば、老いることは人生にマイナスです。

しかし、死は、すべての人にとって避けることのできない運命です。


これを前向きに受け入れることによって、正しい死生観を持つことができます。


死生観を持った時に、自分の人生の終わりと向き合うことができるようになります。


これは、同時に、生きるとは何かの答えを見出すことができます。


そして、初めて人生を前向きに楽しむことができるようになるのです。





It is only when you can consider death in apositive

light that you will be able to enjoy your life.




If you think of death as fear, old age is negative to life.

But death is an unavoidable fate for all.


By accepting this positively, we can have a right view of life and death.



When you have an idea of life and death, you will be able to face the end of your life.



At the same time, you can find the answer to something to live at the same time.



And, for the first time, we will be able to enjoy life forward.
コメント (108)
この記事をはてなブックマークに追加

幸福感を常に高めていけば死ぬ日が人生で最も幸福な日

2017年04月26日 | 死生観



今日も幸せ、明日は、もっと幸せ


このような発想になると、毎日の幸福度は高まっていきます。


そうすると、人生で最期の日こそ、もっとも幸福な日になれるのです。


死ぬことを恐れる必要はありません。


毎日、幸福度を高める生き方をすれば、死をも乗り越えることができます。




If you constantly strive to increase your sense of

happiness, the last day of your life will be the happiest

day of your life.



Today is also happy, tomorrow is more happy than that of today.


In such an idea, the degree of happiness will increase everyday.



Then the last day in your life can be the happiest day.


There is no need to be afraid to die.


Every day, if you live a lifestyle that increases happiness, you can overcome even death.
コメント (106)
この記事をはてなブックマークに追加