久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【国際化支援ブログ】

東京コンサルティンググループ(TCG)は、日本企業の収益改善・国際化をトータルサポート!!

決断とは、退路を断つこと

2017年10月19日 | 経営論



決断とは、退路を断つこと。


自分が意思決定したことから決して逃げない、あきらめないことである。



Decisiveness means to cut off all escape routes.




Decision is to break the withdrawal.


Never escape from what you decided, do not give up.
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

優秀な社員とは、即戦力ではない 理念・ビジョンを共有できる人である

2017年10月16日 | 経営論



即戦力を求めると、会社の目的を共有する人より、技術や経験のある人を重視してしまします。


しかし、会社で大きな問題を引き起こす人は、技術や経験があっても会社の目的を共有していない人です。


長期的な組織づくりを考えるのであれば、即戦力になる人材よりも、理念やビジョンを共有できる人を重視すべきです。




Excellence in employees is not about whether they can hit the ground running. It is about whether they can share your principles and vision.




If we seek immediate fighting power, we emphasize people with skills and experience over those who share the company's purpose.


However, those who cause major problems at the company are people who do not share the purpose of the company even with technology or experience.


If you are thinking about building a long-term organization, you should emphasize those who can share ideals and visions rather than those who will become immediate fighting persons.
コメント (23)
この記事をはてなブックマークに追加

優しさとは、「甘やかし」ではない 自立するための厳しさを教えることである

2017年10月11日 | 経営論



経営者にとって、優しさとは、社員を甘やかすことではありません。


甘やかせば、社員は不幸になってしまいます。


社員を幸福にさせるためには、自立を教える必要があります。


自立とは、誰かに頼らずに生きるすべを身に着けることで、非常に厳しいものです。



経営者の表面的な言動に囚われることなく、真意を考えてください。




Kindness is not about indulgence. It is about teaching people the harshness of standing on their own two feet.




For management, gentleness is not to pamper employees.


Pampering, employees will be unhappy.

In order to make employees happy, we need to teach self-reliance.


Independence is very severe to live without depending on anyone.



Please think about the real intention without being held by the superficial behavior of management.
コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

会社の成功なくして社員の幸福はない

2017年10月10日 | 経営論



会社が成功していない状態で、社員を幸福にさせることはできません。


成功へのこだわりは、多くの人を幸福に導くために非常に大切なことなのです。




自分や同僚の幸福のためにも、組織の成功を考え、行動しましょう。




Without a company's success, there can be no happiness for its employees.



We can not make our employees happy without the company being successful.


The commitment to success is very important to lead many people to happiness.




Let's think about and act on the success of the organization for the well-being of ourselves and colleagues.


コメント (26)
この記事をはてなブックマークに追加

人を集めるためには社会的目標、つまり、相手が共感できる目標の設定が重要

2017年10月08日 | 経営論



人間は、お金だけでは動きません。

お金以外の動機づけが必要になります。


多くの人が共感できる目標は、社会的に価値のあるものです。


人を集めるためには、相手が共感できる目標設定が必要になります。



To gather people, it is important to have a social goal, that is, to set a goal with which others can empathize.



Man does not move with money alone.

Motivation other than money is necessary.


The goal with which many people can sympathize is socially valuable.


In order to collect people, it is necessary to set goals that others can sympathize with.
コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

学生時代の評価は持ち込み禁止の試験 社会人の評価はなんでもありの試験

2017年10月04日 | 経営論



記憶力や知識がテストされるのは、学生時代までです。


社会人になったら、知識をもとに創造性が求められます。


学生時代の成功は、社会人になってからは通用しないこともあります。



社会人になってからは、知識ではなく知恵で勝負する必要があります。


そのために、勉強法も工夫が必要になります。



Your worth in school days was assessed by exams, when you could take nothing in with you. Your worth in society is assessed by an exam in which anything goes.




Memory and knowledge are tested until the student days.

When becoming a worker, creativity is required based on knowledge.


Sometimes success in the school days does not pass when becoming a worker.

After becoming a social worker, you must compete with wisdom instead of knowledge.


For that reason, studying methods are also necessary.
コメント (33)
この記事をはてなブックマークに追加

景気が良いときに事業を始めてはいけない 

2017年10月01日 | 経営論



景気が良いときにビジネスを始めて、調子が良くても、自分の実力か、景気のおかげかが分かりません。

会社に実力がなければ、景気後退とともにビジネスは悪化します。


しかし、景気の悪いときにビジネスを始めれば、結果はすべて会社の実力と分かります。


景気が悪いときにビジネスを始めて、業績もよく、ビジネスが順調に進めば、景気が良くなればさらに業績は良くなります。



Never start a new business in a favorable business climate.




Even if we start business when the economy is good, although we are in good condition, we do not know whether we are proficient or our economy.


If the company has no competence, business will deteriorate with recession.

However, if you start business when the economy is bad, you can tell that the results are all the power of the company.


Starting business when the economy is bad, good business results, if the business goes smoothly, the business performance will be even better as the economy improves.
コメント (32)
この記事をはてなブックマークに追加

我欲はスタートアップでは強力だが、社会的欲求へ転換できなければ会社はいずれ崩壊する

2017年09月25日 | 経営論



コンプレックスや我欲は、ビジネスのスタートアップにおいては、非常い大きな力を発揮します。


どんな業種であってもスタートアップには、非常に大きな力が必要であり、善意だけでは不十分になることがあります。


善意で作られたNPOが、財務上の大きな危機に直ぐに陥ることはよくあることです。


しかし、企業が一定規模になると、様々な人との目標共有、利害調整が必要になります。


我欲は、他人との目標の共有を阻害する要因になります。


そのため、我欲により運営されている企業は、一定規模に達した時に、空中分解する恐れが出ます。


スタートアップで成功した経営者は、我欲から社会的欲求での企業運営に切り替えない限り、遅かれ早かれ成功はストップし、崩壊が始まります。





Self-concern is a powerful thing when starting up a company, but unless that self-concern is converted into concern for society, sooner or later, that company will fail.



Complexes and greed are very powerful at business start-up.




Even in any industry type, start-ups require a very great force, and good intention alone may be insufficient.



It is common for NPOs made with goodwill to quickly fall into a major financial crisis.



However, when a company becomes a certain scale, it is necessary to share goals with various people and adjust interests.


Lustfulness is a factor that hinders the sharing of goals with others.


As a result, enterprises that are managed by their lustfulness may decompose in the air when reaching a certain scale.


Management succeeded at startup stops success and collapse begins sooner or later unless switching from self-desire to enterprise management with social desire.
コメント (36)
この記事をはてなブックマークに追加

支店の展開方法は囲碁の戦法と同じ 展開の場所と順序が決め手

2017年09月19日 | 経営論



一か所で始まった創業も、ある一定規模に到達したとき、さらなる成長のため地域的拡大をする必要があります。


地域を広げれば、品質が下がるリスクがあります。


しかし、マネジメントの仕組化に成功している企業は、地域拡大は容易です。


本社から遠くに支店を作れば、より広範囲にマーケットを拡大できます。

しかし、本社が持っているブランドを使うことが難しくなり、拡大に苦戦する可能性はあります。


本社から近くに支店を作れば、地域的拡大は少なくなるものの、本社との連携を密に行うことができ、ブランドも活用しやすくなります。



支店展開は、戦略的に展開場所とその順序を決める必要があります。







How to expand branches is the same as the strategies used in the game of Go. Location and order of development are crucial.

The founding which began in one place also needs to expand regionally for further growth when reaching a certain scale.



Expanding the area has a risk of lowering quality.



However, companies that succeed in structuring management are easy to expand in the region.


If you make branches far from the headquarters, you can expand the market more extensively.

However, it is difficult to use the brands owned by the headquarters, and there is a possibility of struggling to expand.


If you create a branch office closer to the head office, regional expansion will be less, but you can closely cooperate with the headquarters and make it easier to use the brand.


As for the branch deployment, it is necessary to decide the deployment place and its order strategically.
コメント (37)
この記事をはてなブックマークに追加

新規事業はタイミングが重要  タイミング良さが運と呼ばれる

2017年09月19日 | 経営論




新規事業は、常に成功するとは、限りません。


大半は、失敗します。


失敗しても大きな問題が起きないレベルで既存事業が収益を上げていることが、新規上業を行うための条件です。


会社の運命をかけて、新規事業を行ってはいけません。



また、世の中で新しい事業を始めるには、その時代背景に合致していることが必要です。


新しいことが必ずしも世の中に受け入れられるわけではなく、時代のニーズに合致したことが受け入れられます。


タイミングの良さは、時に運と呼ばれるものです。




When starting a new business, timing is everything. Good timing is called good luck.



A new business is not always successful.


The majority will fail.



It is a condition to make a new business that the existing business is making profit at a level that does not cause big problems even if a new business fails.


Do not do new business by taking the fate of the company.



Also, in order to start a new business, it is necessary to be consistent with that era background.



New things are not always accepted by new customers, it is accepted that it meets the needs of the times.


Good timing is sometimes called luck.
コメント (33)
この記事をはてなブックマークに追加

高い賃金が直ぐに払えないのなら、会社の未来を語り生涯所得の高さを示せ

2017年09月18日 | 経営論




成長途中にあるベンチャー企業は、資金が潤沢になく、社員に対して高い賃金を提示することができないことがあります。


そのようなときは、現在の給与ではなく、企業の将来性を示して、生涯賃金を社員にイメージさせることが大切になります。



ベンチャー企業だけでなく、全ての企業にとって、将来のビジョンを語ることは、企業の将来性を社員に理解してもらうためでもあり、現在の苦労を乗り越えるために必要なものです。



ビジョンを語らない企業では、社員は近視眼的になり、現在の給与に関心が向きます。


結果として、企業は、高い賃金を支払わなければならなくなるのです。




If you cannot pay higher salaries right now, talk about your vision for the company's future and show your employees how much they will earn over their lifetimes.



A venture company in the middle of growth may not be able to offer high wages to employees because there is not enough funds.



In such a case, it is important to show the potential of the company, not the current salary, and let the employees image lifelong wages.




Talking about the future vision not only for venture companies but also for all companies is also necessary for employees to understand the company's future potential and is necessary to overcome current difficulties.




For companies that do not talk about vision, employees will be short-sighted and interest will be focused on current salaries.



As a result, companies have to pay high wages.
コメント (35)
この記事をはてなブックマークに追加

同業の平均給与より、高い賃金水準を目指せ

2017年09月16日 | 経営論




良い社員を採用するためには、同業他社より高い給与を支払える企業になることが最も重要です。


企業は、人の集団であり、より良い人材を集めることができれば、成功する可能性は高まります。


高い賃金水準を示すためには、高付加価値の製品・サービスを提供するか、競合以上に生産性の高くなる仕組みを作るしかありません。



つまり、企業は、生産性と付加価値の競争をしているのです。


ここで、競合に差をつけた企業だけが、結果として、高い賃金水準を示すことができるようになるのです。





Aim for wage standards that are higher than your industry's average.




In order to adopt a good employee, it is most important to become a company that can pay higher salaries than other companies in the same industry.



A company is a group of people and the possibility of success increases if we can gather better people.


In order to show a high wage level, it is only necessary to provide high value-added products and services or to create a mechanism that increases productivity more than competition.



In other words, companies are competing for productivity and added value.



Here, only companies that have made a difference in competition will be able to show a high wage level as a result.
コメント (35)
この記事をはてなブックマークに追加

グループ経営は、月次連結決算が基本

2017年09月15日 | 経営論



グループ経営を行っている場合は、常に、月次での連結決算を行う必要があります。


グループでの相乗効果を上げるためには、資金管理をグループで一括管理することも重要になり、これは、単体の決算だけを行っていてはできません。


グループ経営では、シェアードサービスを利用するなど、管理も共有することが生産性を高めます。


グループ経営を常に、月次連結ベースでモニタリングしていくことにより、マクロ的な視点で経営ができるようになります。




In group management, monthly consolidated accounting should be the norm.




In the case of group management, it is always necessary to conduct consolidated accounts on a monthly basis.



In order to raise the synergistic effect in the group, it is also important to manage funds collectively in groups, and this can not be done only with a single settlement of accounts.


In group management, sharing management, such as using shared services, will increase productivity.


By constantly monitoring the group management on a monthly consolidated basis, management will be possible from a macroscopic point of view.
コメント (35)
この記事をはてなブックマークに追加

任せて任せず   (松下幸之助)

2017年09月12日 | 経営論




社員に仕事を任せなければ、社員は育たないだけでなく、会社も大きくなりません。


しかし、社員に任せきりにすれば、大きな失敗をするリスクがあります。


社員に任せるという意味は、任せっぱなしにすることではなく、必要な時に常にフォローすることが要求されます。


ただし、フォローしすぎれば、そもそも任せたことにはなりません。


任せて、任せずとは、その塩梅の重要性を説いた言葉といえます。




Trust your staff, but keep your eye on them. (Konosuke Matsushita)




If you do not leave your job to employees, employees will not grow up, and the company will not grow big either.



However, if you leave it to employees, there is a risk of major failure.



The meaning of leaving it to employees is not to leave it, but to always follow them when they are needed.

However, if you follow too much, you can not delegate to them.


Leaving it to them, but not all, it is a word that preaches the way of the development of staff.
コメント (42)
この記事をはてなブックマークに追加

最大の大口顧客でも総売上の10%以下に抑えよ

2017年09月10日 | 経営論




一つの大口顧客に依存した経営は非常に危険です。


どんなに良好な関係にあるといっても、顧客の都合で、いつ関係が終わるかわからない状態で経営し続けることは危険です。


大口顧客の売上高が、総売上の10パーセント以下であれば、顧客を失っても倒産するリスクは少ないです。


この比率が、30パーセントを超えているときは、かなり危険領域です。



早急に新規顧客を開拓し、大口顧客に依存しない経営体質にする必要があります。




Keep earnings from even your biggest customer to no more than 10% of total revenue.



Management dependent on one large customer is very dangerous.


No matter how good the relationship is, it is dangerous to continue to operate in a state where customers are unaware of when the relationship will end.



If the sales of large customers are less than 10% of total sales, there is little risk of bankruptcy even if you lose customers.


When this ratio exceeds 30%, it is considerably dangerous area.



It is necessary to develop new customers as soon as possible and make it a management structure that does not depend on large customers.
コメント (40)
この記事をはてなブックマークに追加