さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ナガルコット

2012年02月24日 | 海外旅行
ナパール初日の宿は、ナガルコットのクラブ・ヒマラヤ・ナガルコット・リゾートになります。このホテルは、標高2100mの位置にあり、屋上からヒマラヤの展望が楽しめることがうりになっています。

バスは、崖際に続く道を上がっていき、すれ違い困難で何度か停止することになった末、ようやくホテルに到着しました。



夕暮れ時にホテルに到着したため、部屋に入る前に屋上に上がりました。ようやくヒマラヤいご対面になりましたが、あいにくと薄雲がかかって、山の眺めもぼんやりとしていました。

白い山頂が見えているのは、ドルジェラクパ(6988m)でしょうか。





薄い雲がかかって、ヒマラヤの眺めもぼんやりしていました。



夕日もぼんやりとにじんでいました。明日を期待することにしました。



クラブ・ヒマラヤ・ナガルコット・リゾートのロビーはロッジ風で、その後ろが朝食と夕食をとるレストランになっています。



夕食はビュッフェでしたが、脇で音楽を奏でていました。左右の人が演奏しているのは、サーランギと呼ばれるネパールの伝統楽器です。



翌朝は、夜明けの撮影のために、暗いうちに屋上に上がりました。今回は、暗い中で望遠レンズを使うことになるだろうと思って、三脚も持参しました。

東の空が茜色に染まりました。



昨日は、山頂だけが見えていたドルジャラクパ(6988m)が、全容を現していました。



東の空が赤く染まってきました。



ヒマラヤの山々も明るくなってきました。



もう少しで日の出になります。



ランタン・リルン(7234m)の山頂が明るく輝き始めました。



ドルジャラクパ(6988m)も東の斜面との縁が輝き始めました。



日の出になりました。



太陽が昇るのは速く、一気に姿を現しました。

ここで、一旦部屋に戻って荷物出しをしてから、再び屋上に上がりました。



朝の眺め。もやっているのが残念です。



ドルジャラクパ(6988m)の眺め



ガンチェンポ(6387m)



左は、フルビ・チャツ(6660m)



ランタン・リルン(7234m)を中心とした眺め



ランタン・リルン(7234m)のアップ。



西の方面にも白き嶺は続いていました。

クラブ・ヒマラヤ・ナガルコット・リゾートでの撮影ですが、ヒマラヤまでの距離があるので、望遠レンズと三脚が必要になります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 バクタプル... | トップ | さすらいの風景 チャング・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2012-02-25 08:26:22
始まりましね。
やはり街の佇まいが非常に魅力的です。
バクタブルなんか中世の欧州の田舎の街!?みたいな雰囲気もあるし、インドの様でもあるし。
ヒマラヤの眺めも素晴らしい。
「ドルジャラクパ(6988m)の眺め」なんて、手前の東屋が組み合わさって、ネパールって感じですね。
これからも楽しみにしています。
ネパール (さすらい人)
2012-02-25 22:47:36
ネパールの古都には、事前に思っていたよりも、魅せられました。五重の塔などは、中国の塔よりも日本のものに近く、親密感を覚えました。ヒマラヤの眺めに関しては、天気がぱっとせずに思うような写真がとれなかったのは残念でした。
ネパール報告はしばらく続きますので、よろしく。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む