さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 アンマン その4

2014年05月29日 | 海外旅行
ウマイヤ朝宮殿の前には。ウマイヤ朝モスクの遺構が広がっていました。



残っている壁には、イスラム風の装飾が施されています。



ヘラクレス神殿の前に出てきました。



厳重な石の扉が残されていました。



昔のお棺。



ヘラクレス神殿の脇には、ヘラクレス像の手が置かれていました。



巨大な手で、全体の大きさを想像することになりますが、他の部分は失われています。



ヘラクレス神殿の前にあるヨルダン考古学博物館に入場しました。



ヨルダン考古学博物館の目玉は死海文書だったのですが、現在は新しくできたヨルダン博物館に移されており、そうめぼしい物はありません。



ヨルダン各地で出土された土器。



ローマ時代のレリーフでしょうか。







粘土細工の人形。



ヨルダンでは良くある人形のようですが、不気味に見えます。





モザイク。



ヨルダン考古学博物館はざっと見ただけで、外に出て遺跡の眺めを楽しみました。



アンマン城でヨルダンの見学を終え、昼食後にヨルダン空港に向かいました。

前回のイラン旅行とは違ってドバイでの乗り換えも問題なく、無事に成田にたどり着くことができました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 アンマン ... | トップ | ヨルダンのネコ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む