さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ヘレンキムゼー城 その1

2010年02月03日 | 海外旅行
ヘレンキムゼー城は、ルートヴィヒ2世が建てた三番目の城です。敬愛していたルイ14世のヴェルサイユ宮殿を模してヘレンキムゼー城を建てました。

ルートヴィヒ2世の建てた三つの城の中では、一番観光ツアーが訪れる機会が少ないもので、最近ではインターネットの情報によって行き方も判るようになっていますが、訪れた20年ほど前は、地球の歩き方に出ていた数行の投稿によって、もよりの駅が判っているだけでした。

ノイシュヴァンシュタイン城とリンダーホーフ城は、すでに訪れていたのですが、このヘレンキムゼー城を含めたルートヴィヒ2世の三つの城をまとめてみるために、ある夏にドイツを訪れました。

ミュンヘンから列車でプリーン(Prien am Chiemsee)に向かいました。日本でも手に入るクックの時刻表は、ヨーロッパ個人旅行のバイブルなのですが、ローカル線のためにのっていませんでした。

列車を下りたら船着場へと20分ほど歩き、キームゼーの船着場から遊覧船に乗ってヘレン島に向かいます。



広い湖には遊覧船が行き交っています。



乗船時間15分でヘレン島に到着します。森の広がる島の奥には、お城と庭らしきものが見えています。



広い庭を通って、お城に向かいます。



ヘレンキムゼー城は、ヴェルサイユ宮殿を模したものと言われていますが、確かに良く似ています。

お城の内部はどのようなものか、期待が高まります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風越山 (2010.1.30.) | トップ | さすらいの風景 ヘレンキム... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事