さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ヘレンキムゼー城 その2

2010年02月04日 | 海外旅行
ヘレンキムゼー城は、他のお城と同じように、一定時間ごとに行われるガイドツアーで見学することになります。

入口ホールで、まず解説を聞きます。英語のため、あまり理解できませんがね。



金で縁取りされたレリーフやフレスコ画で美しく飾られています。このお城は、内部の撮影が可能でした。



飾れる所はすべて飾るといった感じです。



王の好んだクジャク像。



大階段を登っていきます。



中央にある太陽の像は、フランスの太陽王ルイ14世に基づくものです。



建築途中で王が亡くなったため、未完成の所も多く見られます。



中庭を眺めたところ。



ベッドルーム。

やはり金ピカになっています。

このお城には、部屋が200室あるものの、王の生前に完成したのは10室ばかりとのことです。



ヴェルサイユ宮殿を模した鏡の間。ヴェルサイユ宮殿のものよりも長く、ロウソクを付けるだけでも2時間かかるといいます。明かりのついてない鏡の間は、主のいないことを悲しむように暗く沈んでいました。

ところで驚いたことに、ネットで検索をかけて知ったことですが、「花組 ルートヴィヒⅡ世 ヘレンキムゼー城・鏡の間~ロココの夢 ...」という題で宝塚のレビューになっているのですね。評判が良かったのか悪かったかは知りませんが。



脇の廊下も金ピカになっています。



シャンデリアは、高価なマイセン陶器製ですね。



これは厨房のエレベーター。料理をセットしたテーブルを階上の食堂へ一気に持ち上げます。

ヘレンキムゼーは、未完成に終わったお城ですが、王が長生きしたなら、さらに姿を変えていったことでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ヘレンキム... | トップ | セバコ峰 (2010.1.31) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マイセン (本読みと山歩き)
2010-02-07 02:15:34
さすがに立派ですね。
鏡の間などそっくりです。
ベルサイユもそうですが、蝋燭(又は電球)をともしたところを一度みてみたい。
それ以上にマイセンのシャンデリア!?これこそ光っていることをを見てみたいです。
お城 (さすらい人)
2010-02-07 12:25:59
今日は。
ヘレンキムゼーは、まったくベルサイユ宮殿のコピーなのが面白いところです。
シャンデリアですが、ヴェルサイユ宮殿のものは、スワロフスキーのクリスタルガラス製です。近年に再製作されたものですがね。スワロフスキーは、ハプスブルグ家支配下のインスブルック創設ですので、ハプスブルグ家に縁の深いルートヴィヒ2世が、なぜスワロフスキーを使わなかったのかと思いました。調べると、お城の建造後にスワロフスキーができたのですね。そのおかげで、マイセンのシャンデリアが飾られたのですが、これも貴重なものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む