さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 桂林の旅 ナイトクルーズ その2

2011年05月20日 | 海外旅行
19の橋をくぐりながら船は進んでいきますが、前方に塔が見えてくると、畳彩山(じょうさいさん)の引き返し点になります。



畳彩山のふもとに広がる木龍(もくりゅう)湖畔には、宋城(そうじょう)と呼ばれる、宋の時代にあった王城を復元した建物が設けられています。



昼間の様子は知りませんが、ライトアップされて幻想的な眺めが広がっています。




宋城には、七重楼閣が設けられています。



手前の太鼓橋は、照明の色が変わっていくのですが、船がくぐる時は青色でした。



宋城は、北宋と南宋の街並みを再現したテーマパークとのことです。





船が近づくと、水上ステージで、踊りが始まりました。



船からちょっと離れているのが残念です。



終点部の城壁下では太鼓の演奏が行われました。



船は停泊して、この演奏をしばらく眺めることになりました。



かなりの人数で演技されています。



船はUターンして引き返しはじめます。



湖の上に建つ小部屋の中でも踊りが始まりました。



別な所では、中国の古楽器の演奏も行われました。



船は、スピードを少し上げて、引き返し始めました。









戻りの船内では、二胡の演奏者が演奏を行っていました。

見飽きない外の眺めを楽しんでいると、日月塔の前の船付き場に戻ってきました。

このナイトクルーズは、オプショナルツアーになることが多いようですが、是非参加することをお勧めします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 桂林の旅 ... | トップ | さすらいの風景 桂林の旅 尭山 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (kokemusu)
2011-05-21 12:19:52
さすらいの独り言さんへ
長崎在住(古希前)のブログ愛好者です。
私も先日、桂林観光のツア-に参加しました。
ITで検索し、このブログと出会いました。
「夢幻雑技ショ-」の写真見事とだったので
勝手にリンクしブログに紹介しました。
今後とも写真技術をお手引き下さい。
とりあえず挨拶まで。
棚田 (本読みと山歩き)
2011-05-22 06:11:55
おはようございます。
桂林も“奇岩岩峰”だけでなく、いろんな観光があるんですね。
特に棚田にはびっくりしました。
 輪島近郊の棚田、(千枚田?)を見たことがありますが、千枚どころではないですね。
 平地がないことによる人々の努力とその結晶の風景なのでしょうが、それにしてもすごい。
大雨で決壊して土砂崩れが起きないかと(余計な)心配をしてみていました。
はじめまして (さすらい人)
2011-05-22 18:01:27
kokemusuさん:
はじめまして。桂林観光をされましたか。美しい風景を楽しむことができましたね。桂林の雑技ショーは、現地ガイドがいうには、ストロボをたかずに、めだたなければということだったので撮らせてもらいました。デジカメのおかげで夜の撮影が可能になって、海外旅行の楽しみが増しましたね。今後ともよろしく。
少数民族 (さすらい人)
2011-05-22 18:06:34
本読みと山歩きさん:
桂林あたりになると、少数民族の文化圏となって、いわゆる中国的な風景とも違ってきますね。それも含めての中国でしょうけど。この棚田も、世界遺産の認定を目指しているようです。観光用に整えられた一か所の展望台を訪れただけですが、もっと広範囲に棚田は広がっているようです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む