さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 マンダレー その3

2013年01月26日 | 海外旅行
旧王宮に続いて、シュエナンドー僧院を見学しました。



この建物は、かつては王宮の一画にありました。ミンドン王夫妻もしばしばここで過ごし、ミンドン王が亡くなったのもこの建物内であったといいます。次代のティーボー王が、建物を現在の位置に移して、個人的な瞑想の場所として使いました。その後、僧院として使われてきました。



建物全体に細かい彫刻が施されています。



彫刻を眺めていきましょう。





二階に上がります。



壁や扉の彫刻を見ていきます。



踊る人



沐浴でしょうか。



二人での踊り



表情豊かな彫刻が施されています。











これらの手や足を曲げる踊りのポーズは、インドやカンボジアの影響を受けているように思えます。

文化財保護の進んだ国であったなら、建物全体を囲ってしまうところでしょうが、ミャンマーでは、雨ざらしになっているので、木に彫られた彫刻が痛まないかと心配になります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 マンダレー... | トップ | さすらいの風景 マンダレー... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
仏教国 (本読みと山歩き)
2013-01-27 08:46:43
アマナプラを拝見すると、仏教が本当に盛んなんだな~ということがよく分かります。
マンダレーの寺院も立派ですね~。
日本でも仏教への信仰心はこんな時代もあったんでしょうか。
仏教 (さすらい人)
2013-01-28 22:04:03
ミャンマーにおける仏教の状態をみると、日本の仏教は宗教に値するのだろうかと考えてしまいます。
仏教国として、現在最も信仰の厚い国は、ミャンマーかもしれませんね。可能性のありそうなスリランカの仏教事情もいずれ確かめてみたいと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む