さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 マンダレー その4

2013年01月28日 | 海外旅行
シェナンドー寺院に続いて、クドードォ・パヤーを訪れました。



世界最大の経典とも呼ばれ、入り口には、ギネス世界記録の「世界最大の本」と書かれた認定碑が置かれています。



境内には、729にも及ぶ小仏塔が並んで置かれています。



各仏塔の中には、経典が刻まれた碑が納められています。



この仏塔群は、王宮の建設と同時に始まりました。ミンドン王は、世界最大の経典を作ろうということで、2400人の僧侶を集めて、仏典を大理石の石板に刻ませました。730枚目の石板には、その経緯が記されており、完成まで六か月を要したといいます。



境内は小仏塔に埋め尽くされています。





中央通路を進みます。



ご本尊。電飾の光背にも慣れてきました。



境内の模型が置かれていました。



バガンのシュエズィーゴォン・パゴダを模した黄金のパゴダが置かれています。夕日に照らされていました。



パゴダの階段部には、変わった姿の人形が置かれていました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 マンダレー... | トップ | さすらいの風景 マンダレー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む