さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ナイアガラ・フォールズ その5

2014年10月24日 | 海外旅行
ナイアガラ渓谷から戻り、Hormblower Niagara Cruisesのバス停で下りると、ナイアガラの滝に虹が掛かっていました。しばらく滝と虹の眺めを楽しむことにしました。



虹もアメリカ滝の水しぶきの一部のように見えます。



虹は、半円状に続いていました。



カナダ滝には二重に虹が掛かっていました。



虹の中を進む遊覧船。

歩き疲れたこともあって、一旦ホテルに戻って休んでから、夜の街の散策に出かけることにしました。

この日の夕食も、レストランでとるのも面倒になって、シャワーを浴びた後に、サブウェイのサンドイッチとビールで簡単に済ますことになりました。サブウェイのサンドイッチは、パンやらメインの具、ドレッシングやらピクルスなど英語で選ぶのは難しいですが、なんとか注文できました。



日が暮れてから、再びクリフトンヒルに出かけました。ネオンが灯って、昼とも違う風景が広がり始めました。





お化け屋敷のようなものが好きなようです。



キングコングにライトが当たっていないのが残念。





見世物小屋ばかりです。



ファミレスもありました。



ナイアガラ・スカイホイールが、ボーリングのピンを倒すように見えました。



原色の世界です。





ライトアップされたスカイロンタワー。



河畔の遊歩道に出て、ライトアップされた滝を見学しました。これはアメリカ滝



色が変わっていくので、しばらく見続けることになります。





ライトアップされた遊覧船が進んでいきます。





遊覧船と共に、カナダ滝へと移動しました。



人工的ですが、美しい眺めです。







遊覧船は、アメリカ滝の方へ戻っていきました。





カナダ滝の落ち口の眺め。







滝のライトアップは、このようなサーチライトを用いた照明装置によって行われています。現在では、コンピューター制御で色を変えています。

世界三大瀑布というと、イグアスの滝、ビクトリアの滝と並んで、このナイアガラの滝があげられますが、世界遺産に前二者が選ばれているのに対し、ナイアガラの滝は世界遺産にはなっていません。周囲の観光施設やライトアップを考えれば、当然とも考えられますが、面白い観光地であることは確かです。

これでカナダの観光は終わりになり、翌日は帰国日になりました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ナイアガラ... | トップ | さすらいの風景 トロントか... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2014-10-25 10:41:17
ナイアガラは一大観光地ですね!
ここまでくると大したものです。
あまり知られていませんが、ライン川にも滝がありますが、規模が違いますね。
う~ん やはり 一度は見てみたい。
 (さすらい人)
2014-10-27 15:53:35
ラインファルは、行っていませんが、写真を見ると美しい滝ですね。スイスの滝としては、ホームズがモリアーティー教授と相討ちになって落ちたライヘンバッハの滝も見てみたいです。滝自体の興味ではなく、物語の舞台としてですけどね。行ってみたいところは、数多いです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む