さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 バンコク その15

2011年09月23日 | 海外旅行
手漕ぎボートが現れると、ダムヌン・サドゥク水上マーケットに到着です。



川沿いに、ボートに乗った観光客目当ての店が並んでいます。



ここの水上マーケットは、観光客向けに政府が開発したもので、並んでいる商品もお土産品です。



水上マーケットは、大賑わいです。





ここで上陸しての見物です。



ボートの上で火を使って、麺や焼き物を売っています。



こちらは、果物の店。ボートの舳先の黒い果物は、マンゴスチンですね。



艫の方には、ランブータンが置かれています。



ココナッツ・パンケーキが売られています。



ココナッツのペーストを焼いたもので、素朴な味がしました。



手漕ぎボートで渋滞が起きていました。





手漕ぎボートにも乗ってみたかったのですが、渋滞で時間がとられると困るので、あきらめました。













水上マーケットの船着き場から駐車場までは歩道が整備されています。



この歩道の両脇にも、土産物屋が並んでいました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 バンコク ... | トップ | さすらいの風景 バンコク ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2011-09-23 15:25:03
ニューハーフショーも含めてバンコックらしい風景の数々ですね。
 この記事の水上マーケットも政府が開発したせいか、お土産屋さんもこぎれいな感じがします。
それにしても小さなボートがひしめき合っています。
それもまたバンコックらしい。
Unknown (さすらい人)
2011-09-25 17:14:43
今晩は。
アジアの街の魅力は、カオス状態であることかもしれませんね。敬謙な仏教国でありながら、ニューハーフが発展している国、日本でもまれな近代的なショッピングセンターに、迷路のように入り組んだ市場。三日くらいの訪問では、表面しか見ていないのでしょう。これに比べると、ヨーロッパの街は、時の流れとともに、整然と片付いてきてしまったということでしょうか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む