さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ロンドン その4

2011年05月28日 | 海外旅行
ザ・モールを歩いていくと、バッキンガム宮殿に突き当たりますが、その前の広場にはビクトリア女王記念像が置かれています。



バッキンガム宮殿は、1703年にバッキンガム公が建てた宮殿が始まりです。現在のエリザベス2世女王の住まいになっています。

ウィリアム王子のロイヤルウェディングのパレードがこのバッキンガム宮殿に向かって行われたことによって、バッキンガム宮殿をテレビで見た人も多いでしょう。



門に飾られた紋章は、現在のエリザベス2世女王のものだろうと思います。



一日おきの11時から衛兵交代が行われるので、その見物のために大勢の観光客が集まってきます。



五つの近衛歩兵連隊が交代で行い、衣装はそれぞれ異なっているそうですが、どこの連隊化見分けることはできません。











衛兵交代が終わると、集まっていた観光客も四方に散っていきます。



セントジェームズ宮殿は、バッキンガム宮殿の北に位置しています。
バッキンガム宮殿に移動する前に、イギリス王室が使用していた宮殿です。



ヘンリー八世が1532年に建てさせたもので、チューダー様式のレンガ造りの美しい姿をしています。



ヘンリー8世時代から残る宮殿メイン・エントランスです。この宮殿の中で、歴代の国王が、戦勝報告などの歴史的瞬間を過ごしたことになります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ロンドン ... | トップ | さすらいの風景 北京 その1 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
上海 (本読みと山歩き)
2011-05-29 21:24:41
上海は懐かしく拝見。
30年近く前の学生時代に遊びで、浦東にある老舗ホテル和平飯店(10元/泊)へ泊まり、10年ほど前は仕事で、あの高層ビルの一角のグランドハイヤット(200~300元/泊)に泊まりました。
そして今、まだまだビルがニョキニョキ増えていますね。
いったい何本建つのやら。隔世の感です。
上海 (さすらい人)
2011-05-30 19:47:51
グランドハイヤットに泊まったとは、良かったですね。部屋からの眺めも良かったでしょうね。
上海の高層ビルは、まだ増えるようです。バスからビル街の道路に下りてみると、歩いている人が少ないのが意外でした。高層ビルは、実際に使っているよりは、投機の対象になっているのではないでしょうかね。工事中のビルの骨組みは、なんだかやわに見えました。上海に地震はないから大丈夫と地元ガイドはいっていましたが、とんでもない事故が起こらないとよいのですが。三国志付属の地図を見ていたら、上海はまだ海でした。その後に砂が堆積して土地ができたようですね。
(都合により、イギリスは中断して、中国篇を続けます。)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む