さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 アンコール・ワット その3

2010年04月16日 | 海外旅行
アンコール・ワットの第一回廊の壁には、長大なリリーフで飾られており、見どころの一つになっています。



これは、インドの古代叙事詩「マハーバーラタ」を描いたものです。



「マハーバーラタ」は、「ラーマーヤナ」と並ぶ、インドを代表する叙事詩です。



「マハーバーラタ」は、同族の王家同士が、五王子側と百王子側に分かれて戦う物語です。粗筋を読むだけでも、多くの名前が出てきて頭が混乱してしまいます。王家の相続争いの物語のため、東南アジアでは、より神話の色合いの強い、「ラーマーヤナ」の方が人気が高いようです。



ウマや兵器が詳細に描かれています。



壁一面に描かれたレリーフは迫力があります。





レリーフから目を離して脇の柱を見ると、デバターが微笑んでいました。



ヴィシュヌ神の像が置かれていました。



石像が置かれていましたが、ヒンドゥー教のものか仏教のものか判りません。



十字回廊。沐浴のための池がありました。



仏像前の柱に、墨書が見られます。

日本の戦国時代末期から江戸時代初期にかけて、日本人の海外進出も盛んに行われ、東南アジアには日本人町が作られました。カンボジアのプノンペンの日本人町の人々は、アンコール・ワットをシャカが説法を行ったという祇園精舎と誤認し、この誤った情報が日本にも伝えられ、多くの日本人が参拝に出かけたといいます。

鎖国令が出される三年前の寛永九年(1603年)、森本右近太夫一房は、加藤清正の部下であった父の菩提を弔うため、御朱印船を利用して南シナ海を渡り、メコン川を遡ってアンコール・ワットに到達したといいます。

現在でも、森本右近太夫一房が残した墨書の跡は、以前よりも判読が難しくなったとはいえ、このように残されています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 岨巒堂山 (2010.4.13.) | トップ | さすらいの風景 アンコール... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
佐渡も良いですが (本読みと山歩き)
2010-04-17 16:04:48
「マハーバーラタ」、中学の時にならいました。名前だけでしたが。
内容が分かれば、このレリーフも見あきないことでしょう。
 佐渡のお花もみごとですが、やはりこのアンコールワットも文化遺産として、ほんとに見事です。
世界遺産 (さすらい人)
2010-04-19 23:33:23
今晩は。
アンコール・ワットは、人類の遺産として守らなければならないという世界遺産の規約にあてはまっていますね。
カンボジアも政情がようやく安定したので、このまま観光地として賑わっていってもらいたいものです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む