さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 パリ その10

2008年11月16日 | 海外旅行
パリを代表する建物のひとつが、エッフェル塔です。

シャイヨの丘から見たところ。ここは、エッフェル塔を眺める定番スポットになっています。団体ツアーの市内観光では、ここでバスから下りてエッフェル塔を眺めて、はい終わりということになってしまいます。



シャイヨ宮は、宮殿ではなく、1878年の博覧会の会場跡に造られた博覧会場です。



エッフェル塔は、フランス革命100周年を記念して、1889年にパリで行われた第4回万国博覧会のための金属産業の独創的建造物として建造されました。



高さは、324mで、57.6m、115.7m、276.1mの三つの高さに展望台があります。

建設当時は賛否両論だったそうです。

モーパッサンは、エッフェル塔1階のレストランによく通ったそうですが、「ここがパリの中で、いまいましいエッフェル塔を見なくてすむ唯一の場所だから」という理由だったとか。



エッフェル塔の上からは、高度感のある眺めが広がっています。

これは、シャイヨ宮。



凱旋門。エトワール(星)と言われるように、放射状に何本もの道が延びています。



セーヌ川。



アンヴァリッド



セーヌ川の真ん中に通っているのが、白鳥の遊歩道で、その末端がグルネル橋で、小さい塔のようなものが立っていますが、自由の女神です。

山好きならエッフェル塔には是非登りましょう。第二展望台までは階段でも登れます。私は、第一展望台から歩いて下りただけで、ちょっとずるをしましたが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 パリ その9 | トップ | さすらいの風景 パリ その11 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む