さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ジョグジャカルタ その2

2016年06月08日 | 海外旅行
ボロブドゥール遺跡の早朝からの見学を終え、ジョグジャカルタに戻ってきました。ジョグジャカルタ市内ではクラトン(王宮)と水の宮殿(タマン・サリ)を見学した後、夕方の飛行機でバリ島に向かいます。

ジョグジャカルタの市内はバスでは回れないことから、マイクロバスに分乗して移動することになりました。

まずは、クラトン(王宮)に向かいました。



市内の道は、細くバイクや自転車タクシーのベチャが行き交って大混雑になっていました。



クラトン(王宮)の入口付近は、地元の人たちで縁日並みの賑わいでした。



クラトン(王宮)の入口。

クラトン(王宮)は、ジョグジャカルタ王朝の初代スルタン・ハムンクブウォノ1世の居城として、王朝の誕生した翌年の1756年に造られました。現在でも、第10代スルタン・ハムンクブウォノ10世が王宮の奥で住んでいます。



クラトン(王宮)の入口はに、民族服を着た護衛兵が立っています。無給のボランティアで、かつての家臣の子孫とのこと。



腰の後ろには、クリスと呼ばれる伝統的な刀をさしています。

警備が目的というよりは、宮殿の景観の一部になっており、観光客の求めに応じて写真を撮らせていました。



門の上の飾り。カーラ像が変化したもののようです。



謁見の間。



儀式の間。ここで演じられる伝統舞踊を後で見学することになりました。



ガムラン音楽の展示場。



さまざまな伝統楽器や割礼式に使う道具が展示されていました。





タイル張りの床。これはイスラム模様風です。



庭に置かれた東屋。



楽器を現したステンドグラスが飾られていました。



鳥かご。

これらの建造物を見ると、西洋の様式がかなり混じっていることが判ります。



庭に植えられていたスターフルーツの花。



地面に落ちていたスターフルーツの実。日本ではあまりなじみのない果物ですが、食べごろのものは緑色です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ボロブドゥ... | トップ | さすらいの風景 ジョグジャ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む