さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 リューベック その5

2009年02月06日 | 海外旅行
リューベックで、忘れてならないのは、ブッテンブローグハウスです。



トーマス・マンの小説「ブッデンブローク家の人々」は、この家で生活したマン一族の物語を著したものです。



訪問当時は、銀行になっていましたが、現在では、トーマス・マン記念館になっているようです。



ドイツ語の読める方はどうぞ。

トーマス・マンの小説というと難解というイメージがありますが、「ブッデンブローク家の人々」は、主人公の成長を描いた大河小説で、面白く読めます。北杜夫の「楡家の人びと」は、この小説に影響を受けて書かれています。どちらも、じっくりと読むのに値する小説ですね。



リューベックの名も無い小路は、中世の趣を漂わせています。



歩き疲れたら、ちょっとお茶でも。

リューベックはマジパンでも有名で、その代表的メーカーとしてニーダーエッガーがあり、カフェも開いています。

マジパンは、砂糖とアーモンドを挽いて練ったもので、日本でいうあんこのようなお菓子です。1407年にリューベックが飢饉に陥った際、市参事会がパン職人に、市の倉庫に大量に眠っているアーモンドを使って食べ物を作らせたのが、起源と言われています。

チョコレートに包まれていたり、和菓子の練りきりのようにいろいろな造形のものが作られます。もっとも、使われる香料が、日本人には口に合わず、にがてな人が多いようです。私も、チョコレートを噛んで、中からマジパンが出てくるとがっかりする口です。

このショウィンドーの後側に飾られているのは、バームクーヘンですね。最近は、何段重ねにして砂糖をかけるのが流行ってきましたが、本場ドイツでも同じものが作られていました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山古志・大峰山 (2009.2.1) | トップ | さすらいの風景 リューネブ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2009-02-07 21:27:13
こんにちは。
市庁舎といい教会といい、概観からなにやら
雰囲気が違いますね。
なにげない小路にこそ、その国や地域の本当の姿がみえると思って私も街歩きを楽しんでいます。
マジパンですか?こっちでも手に入るでしょうかね。
リューベック (さすらい人)
2009-02-08 17:55:36
今晩は。
リューベックは、ハンザ同盟の指導的立場で、会議を開催していましたので、町にもその名残りが見られます。
ニーダーエッガーのHPは、次の通りです。
http://www.niederegger.de/
大きなスーパーのチョコレート売り場に、おいてありませんかね。
ベルギーのチョコレートは、プラネリと呼ばれるように、中にクリーム・キャラメル・ガナッシュを入れますが、マジパンは使わないように思います。
ただ、これから復活祭を迎えると、卵やヒヨコの飾り物のお菓子が出てくると思いますが、これらはマジパンで作られている可能性が高いと思います。チョコレートやケーキ屋の店先を注意してみていると良いですよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む