さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 リューネブルク その1

2009年02月08日 | 海外旅行
リューネブルクは、ハンブルクの南東50kmに位置し、岩塩の産地として栄えました。ここでとれた塩は、イルメナウ川沿いにリューベックへ、さらに北欧に送られて塩漬ニシンに使われ、ハンザ同盟の扱う重要な物資になっていました。その後、塩の産業はすたれ、時に取り残されたため、現在でも中世の面影の残る街になっています。



市庁舎。北ドイツでは最古の木造建築です。



どこかベルギーあたりで見かける尖塔の頭と似た雰囲気がありますが、ハンザ同盟による文化交流のたまものかもしれません。



イルメナウ川に架かる橋から見た給水塔。どこか、ブリュージュと似た雰囲気もありますね。



イルメナウ川の河畔の旧港地区には、昔を偲ばせる古い建物が並んでいます。



木の陰になっていますが、擬宝珠型の塔を持つ建物はカウフハウスで、1745年に建てられたかつてのニシン倉庫です。



1346年に文献に出てくる古いクレーン。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 リューベッ... | トップ | さすらいの風景 リューネブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む