さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 オスロ・フィヨルド

2008年07月16日 | 海外旅行
ソグネ・フィヨルドとベルゲン見物から戻り、オスロの海岸で港を見ていると、大型の外洋フェリーが入港してくるのを見ました。オスロとコペンハーゲンを結ぶフェリーでした。乗ってみたくなり、これを使ってコペンハーゲンに戻ることにしました。

二人相部屋をとりましたが、白夜の中、デッキで風景を眺め続けました。



海辺には、ベルゲンで見たように色とりどりに塗られた民家が並んでいます。



オスロ・フィヨルドには、大型船も行き交います。



気が付くと、水面を覆いつくすようにヨットが浮かんでいました。



羽を休める蝶々のように見えるヨットを掻き分けるように フェリーは進んでいきました。日本では、このように多くのヨットは見ることができません。
こうしてみると、ノルウェーは海洋国家といってよいでしょうね。

白夜のため、遅くまで風景を眺めていましたが、連続4晩目の夜行のため睡魔に負けました。ベットに転がり込み、目が覚めると、コペンハーゲンに入港するところでした。

(ノルウェー篇はこれにて終了。北欧についてはスウェーデンとフィンランドが残っていますが、次回より、風景をがらりと変えるため、スペイン篇をはじめます。乞うご期待。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ベルゲン | トップ | 鳥海山 (2008.7.14.) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スペインが好き (トチオしょうちゃん)
2008-07-17 05:27:43
 お早うごさいます。イングリッド・バーグマンの
ファンです。「誰がために鐘は鳴る」のDVDを見て感動しました。その後原作の本を読み又感動!
 スペインの魅力、ピカソ、カザルス、ファリャ、
グラナドス、モンポウ etc
アランフェス協奏曲を聴きながら。
期待してます。
予告 (さすらい人)
2008-07-17 22:22:53
残念ながら、カサブランカまでは行っておりません。
北欧に話を戻すと、イングリッドバーグマンは、スウェーデン出身。「誰がために鐘は鳴る」でのバーグマンの出演は、ヘミングウェイも希望していたとのことです。
アランフェス宮殿やアルハンブラ宮殿も出しますのでよろしく。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む