さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ピサ

2008年02月16日 | 海外旅行
ピサの斜塔は、だれも名前は知っていると思います。
ピサは、フィレンツェから列車で1時間ほどの距離にあります。
フィレンツェの美術館は昼過ぎには閉まってしまいますので、宿に戻って昼寝するのではなく、午後の空き時間を使ってピサを訪れるのが良いと思います。

ピサの町は小さく、見所は、このピサ大聖堂だけですので、見物の時間もそうかかりません。


まずは、納骨堂が見えてきます。その周りには、世界の観光地だけあって、記念品を売る露店がならんでいます。



この納骨堂は、円蓋のおかげか、残響が長く、一人で三和音を出すことができることでも有名です。和音に挑戦は恥ずかしいので、拍手で確かめることにはなりますが。



大聖堂(ドゥオモ)。
説教台付近にあるブロンズのランプは、ガリレオが揺れるところを見て「振り子の法則」を発見したことから「ガリレオのランプ」と呼ばれています。もっとも、ランプが作られる以前に、振り子の法則も発見されていたようです。




大聖堂の後ろに、ピサの斜塔が見えてきます。

第一印象は、「ほんとうに傾いている」といったものでしょう。



1173年の着工当時は垂直だったようですが、13世紀には傾きが問題になってきたようです。

高さは55mで、傾斜は3.97度で、現在は補修工事によって傾きは停まっているようです。

世界一傾いた建物とされてきましたが、ドイツのある教会の尖塔方が傾いているとのことで、2009年のギネスブックからは、世界一の座から滑り落ちるようです。

ガリレオが、この頂上から大小の重りを落としたところ、地面には同時に到達することを見て、「落体の法則」を発見したといわれています。もっとも、これも作り話のようです。



ピサの斜塔に登ることができますが、現在は、予約など面倒なようです。私の時は、少し待っただけで簡単に登れましたが。



登ると、高度感のある眺めが広がります。

前の写真で、斜塔の写真を良く見るとわかるのですが、天辺だけは、地面に水平に作られているので、高度感があるだけです。ただし、その下の回廊部は、傾いていますので、一周はかなりの恐怖体験になります。「落体の法則」を、身をもって再検討してみるのには良いかもしれませんが。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 フィレンツ... | トップ | さすらいの風景 ミラノ1 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
迫力(;´Д`)ハァハァ (さるや)
2008-02-18 15:42:56
現物はとっても迫力ありますねぇ~。
歩くの・・・恐そうですヽ(;´Д`)ノ
なぜ?天辺だけ・・・水平?
周りのお店も 陽気で 楽しそうです(^-^)
ピサ (さすらい人)
2008-02-18 17:02:52
これも世界遺産になっています。
ピサは、建造中から傾いてきてしまって、もっと高く作るつもりだったのを中止して、上端も水平にしてしまったようです。姉歯設計事務所による建築設計だったのですかね。
う~~~ん。 (さるや)
2008-02-26 01:21:45
でも、うちの会社はもっと、激しく・・・別の意味で・・・傾いています ・゜・(ノД`)・゜・ (笑?
傾いても (さすらい人)
2008-02-26 11:55:50
大丈夫。
ピサの斜塔なんて、傾いても、700年もっています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む