さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 パムッカレ その3

2012年11月01日 | 海外旅行
パムッカレでは、PAM THERMAL HOTELに泊まりました。このホテルは、プールや温泉を備えたリゾートホテルです。

アパートメント形式の宿泊棟が並んでいました。

夕食後に、部屋で水着に着替えて、上着をひっかけて、庭に向かいました。濡れてもよいサンダルが役に立ちました。

庭の中央にあるプールは、普通の水で、泳いでみましたが、夜になったため冷たく感じました。



中庭に面して、屋外の温水プールがありました。この奥に室内の温水プールがありましたが、中には入りませんでした。



温水プールの上の二階にでると、露天温泉が設けてありました。上下数段にわたって石灰棚状のプールが広がっていました。最上段は熱くて足を踏み入れるのも困難な状態でしたが、下段は丁度良い湯加減でした。



大勢が、中庭を見下ろしながら温泉に入っていました。



中庭のプールは、泳ぐ人はあまりいませんでした。



中庭で、ベリーダンスのショーが始まりました。ショーは無料ですが、見物にはプールサイドで有料のドリンクを飲むということになっていましたが、温泉に入りながらショーを見る方が面白い経験になりました。



近くに寄ってダンサーを見てみました。



ここでも、観客をつれだして、ベリーダンスのまねをさせることを行っていました。





部屋からはパムッカレの街灯りが見えていました。ホテルから街中へは、遠くない距離のようでしたが、温泉に入ったり、ベリーダンスを見ていて時間も遅くなり、外出はしませんでした。



このホテルの部屋のバスでは、黄金色の蛇口をひねると、温泉が出ます。ただ、温泉を出してみると、茶色に濁った湯がでてきました。露天風呂に入って、部屋のシャワーで上がり湯というので充分でした。



朝の中庭です。奥の二階部に露店温泉が見えています。

パムッカレのホテルに宿泊する際には、水着をお忘れなく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 パムッカレ... | トップ | さすらいの風景 クシャダス »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む