さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 中国東北地方の料理 その1

2011年07月29日 | 海外旅行
北京料理、上海料理、四川料理、広東料理が、中国四大料理と呼ばれて、残念ながら東北地方の料理は、味付けは塩辛く脂っこい田舎料理という位置づけです。

しかしながら、餃子は東北地方が本番で、清朝の発足地であることから北京料理に大きな影響を及ぼしています。また、日本と関係が深いためか、食べてみると日本の中華料理とあまり変わらない味付けに思えました。

5日間のツアーの食事は、朝はホテルのビュッフェ、昼は通常のレストラン、夜は各地の名物料理でした。

第一日目の長春の夕食は、朝鮮レストランでした。東北地方は、朝鮮人も多く、朝鮮料理店も多くあります。北朝鮮系レストランは、女性の接待や食事内容も独特のようで興味があったのですが、これは韓国系のようでした。



お決まりのキムチをはじめとする小皿。





焼肉。日本でいうジンギスカン鍋と同じです。



冷麺。韓国や盛岡の冷麺は、こしがあって噛み切るのに苦労するほどですが、これはそれよりは柔らかめで、食べやすかったです。



これは旅順で見かけた、犬肉料理店です。犬肉を使ったスープ料理をポシンタンといいます。韓国では、ソウルオリンピックをきっかけに、犬肉料理店は表通りからしめだされ、店の看板もハングルだけになって、目立たなくなっています。この店は、ハングルと並んで漢字でも書かれているので、犬肉料理店だと判りました。

食は文化であるので、犬肉料理を批判はしませんが、食べたいとは思いませんね。



長春での昼食レストランの料理。プリン用の卵料理。



皮付きのにんにくの炒め物。



豚肉とピーマンの炒め物。このような料理が多かったです。



瀋陽での餃子店。老邊餃子館は、清朝中期の1829年に創業された餃子の老舗です。日本の餃子よりは、皮が肉厚で、主食の一種として食べられます。



これは茹で餃子。



焼き餃子。中国では、焼き餃子はあまり一般的ではありません。



蒸し餃子。八種類が出て、中身がなんであったかは判らずに食べることになってしまいました。



御龍酒鍋と呼ばれる餃子鍋。 小さな餃子がスープの中に入っています。



大連の夕食の大地春餅店



春餅は、東北地方の名物料理で、春巻きの皮のような小麦粉の薄い皮に肉や野菜を挟んで食べます。



こういった具を包んで食べます。



旅順での昼食ですが、ここでも春餅風の料理がでましたが、ここではトウモロコシ製の皮が出ました。

奥に見える皮に野菜や肉を挟んで、辛みそを塗って食べます。ここの皮は、ごわついてあまり美味しくはなかttです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ハルビン ... | トップ | さすらいの風景 中国東北地... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2011-07-29 10:13:54
おはようございます。
拝見しているとハルピンは確かにロシア色が濃く、それゆえにおもしろそうな処でした。
中国は広大な土地と複雑な歴史の為に、地方地方に特色がありますね。
 学生時代に東北地方も行っておけばよかったと反省しきりです。
北京と上海・蘇州あたりをぶらついてばかりでした。
食に関して言えば、上海や揚州あたりは日本食と味付けが近く、食べやすかった記憶があります。
中国 (さすらい人)
2011-07-29 19:59:38
中国は、地方ごとに歴史があり、特色があって面白いですね。中国は、各地の料理も楽しみです。今回のツアーは、グルメ旅というわけではなかったのですが、餃子あたりは楽しめました。中国旅行が続きましたが、いずれの機会には蘇州あたりに行ってみたいと思っています。
ところで、ニュースでは、新潟は大雨と繰り返し報道していますが、新潟市内はほとんど影響はありませんでした。新潟市内は、佐渡島の陰になるという特別な位置にあって、雨雲から守られました。新潟市から出るのは難しそうなので、明日の山はお休みですかね。
豪雨 (本読みと山歩き)
2011-07-30 06:40:48
今朝の気象予報でも、まだまだ雨がすごいですね。十日町市とか三条市とか。
新潟市がまだ大丈夫とのことですが、まだまだ続きそうです。
お気を付け下さい。

今週末は中アへ行く予定だっだのですが、さすがに山は雷雨予想でしたので、やまておきました。
新潟・福島豪雨 (さすらい人)
2011-07-30 12:48:23
新潟市は、昼になって青空が広がってきました。旧新潟市内(市町村合併で、現在の新潟市は広くなりすぎていて、ひとまとめでは言えなくなっています。)では、一時激しい雨が降りましたが、とりたてての被害はありません。ちょっと油断して、ガレージの土間に置いてあった登山靴が濡れてしまって、乾かす必要がありますが。ただ、新潟市周辺は、かなりの被害が出ているようです。
新潟及び福島県の南会津、只見方面の山は、要注意です。桧枝岐も孤立しているようで、尾瀬沼の一番人気の沼山峠ルートは通れなくなって、尾瀬で下山できなくなている登山者もいるかもしれません。これからの夏山で登るには、山の情報を集める必要があります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む