さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 シーギリヤ その6

2016年02月16日 | 海外旅行
シーギリヤ・ロックの見学後、ポロンナルワに向かう前に、近くのバティック工房をトイレ休憩を兼ねて立ち寄りました。

バティックは、アジア地域で作られるろうけつ染めの布のことで、特にインドネシアのジャワ島のものが有名なため、日本ではジャワ更紗とも呼ばれます。

製作法は、模様のうち染めない部に、筆などで溶かした蝋を布に塗ります。次いで染料にてその布を染色し、蝋を落として水洗いすると、蝋を塗った部分は白く染め抜かれます。複数の染色のためにはこの工程を繰り返すことになります。

工房では、染の過程を見学することができました。

まず、布に下絵を写し取ります。



布に蝋を塗っているところ。



どこを染めるのかを見極めるのは慣れが必要そうですね。



染色。



手を休めて、染めた布を見せてくれました。この段階では、どこが染まっているのかは判りませんね。



続いて、湯で蝋を洗い流します。



染めあがった図柄が現れてきています。この過程を繰り返して、他の色を加えていくことになります。



見学の後は、買い物タイム。



壁に掛けられたバティック製品。象やムーンストン模様がスリランカらしいですね。記念に一枚買いましたが、ツアーの一向にはシーギリヤ・ロックの疲れが出ているようで、あまり売れてはいなかったようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 シーギリヤ... | トップ | さすらいの風景 ポロンナル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む