さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 オーバーアマガウ

2010年01月22日 | 海外旅行
オーバーアマガウは、ミュンヘンの南、オーストリアとの国境近くの小さな村です。

ルートヴィヒ2世がノイシュヴァンシュタイン城に続いて建てたリンダーホッフ城には、ミュンヘンから列車でここまで来て、バスで乗り換えることになります。

オーバーアマガウには、木枠やフレスコ絵で飾られた家が並んでおり、アルペン街道の途中の街として、独特の雰囲気を持っています。

到着するオーバーアマガウの駅は、小さなローカル駅です。



家の壁に書かれたフレスコ絵に目が引き付けられます。



ネギ坊主型の塔は、教会でしょうかね。



街並みの背後には岩山がそそり立ち、アルペン街道の途中の街であることが判ります。



この街では、木彫りが盛んで、観光客向けの店が並んでいます。



この街では、10年に一度、キリストの受難劇が上演されることでも有名で、キリスト教関係の木彫りの像が売られています。



また、くるみ割り人形や、クリスマス飾りの店もあります。この店は、ローテンブルクにもありましたが、生産地からして、ここが本店ではないんでしょうかね。



家々は、花によってきれいに飾られています。



第一回目の訪問時は雨でした。



二回目の訪問は、晴れの日にあたりました。



絵をみると、ネコが活躍して、若者をお姫様と結びつけるという物語のようです。

長靴を履いたネコのお話かと思うのですが、ペローの童話とは少し違っているようです。



フレスコ絵を眺めながら、街のそぞろ歩きを続けました。





オーバーアマガウでは、バスや列車の待ち合わせ時間も楽しくすごせました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ホーエンシ... | トップ | さすらいの風景 リンダーホ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2010-01-24 04:53:12
再び、ヨーロッパ編が始まりました。
楽しみです。
この村、聞いた事がありませんでしたが、
フレスコ画が魅力的ですね。
みんなちゃんとメンテナンスされてそうですし。
今年は、チロル地方へ行こうと思っていますが、行きがけに寄る価値ありですね。
(そもそもチロルにいけるかどうか、また家族と戦わねばなりませんが)
海外編 (さすらい人)
2010-01-24 18:11:56
再び海外編を続けますが、なかなか終わらないと思いますが。
チロルというとオーストリア側になって、こちらはオーバー・バイエルン地方ということになりますが、つながっているので、お土産屋の布製品のデザインもチロル風のものが並んでいました。フレスコ画も、それぞれ物語があるようなのですが、なかなかそこまでは判りませんね。チロル方面に行けたらよいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む