さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 ホーエンシュヴァンガウ城

2010年01月20日 | 海外旅行
ホーエンシュヴァンガウ城は、ドイツ・バイエルン州フュッセン郊外に、マクシミリアン2世によって建てられた城です。マクシミリアン2世は、廃墟になっていた12世紀に建設されシュヴァンシュタイン城を息子のルートヴィヒ2世のために改築し、ルートヴィヒ2世はこの城で幼年時代を過ごします。

シュヴァンガウという地名は、白鳥の里という意味で、ワーグナーの楽劇ローエングリンで有名な白鳥伝説と関係しています。場内にも伝説に基づく壁画が飾られており、このような伝説に囲まれての幼児体験が、後のワーグナーへの陶酔や、城造りにのめりこむ要因になったともいわれています。

ノイシュヴァンシュタイン城の見学の際には、このお城も欠かさずに見る必要があります。



このお城も丘の上に建っています。



お城の内部は撮影禁止のため、窓の外の撮影になりました。



外をのぞくと、白亜のノイシュヴァンシュタイン城を眺めることができます。



ルートヴィヒ2世は、子供の頃に、すでに心の中でこの丘の上に建つお城を夢見ていたのでしょうかね。



中庭の通路を見下ろしたところです。このお城は、中世の造りを残していますね。



中庭とお城の下の家並みを見下ろしたところです。ホテルやレストランが並んでいます。



小さいながら美しい中庭です。



ライオンの噴水。アルハンブラ宮殿の獅子の噴水に比べると写実的ですね。



庭からもノイシュヴァンシュタイン城を眺めることができました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 猿毛岳 (2010.1.16.) | トップ | さすらいの風景 オーバーア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む