さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 サウンド・オブ・ミュージックツアー

2010年09月24日 | 海外旅行
サウンド・オブ・ミュージックの舞台は、ザルツブルク市内ばかりでなく、郊外にも広がっています。そこで、「サウンド・オブ・ミュージック・ツアー」と呼ばれるザルツブルク発のバスツアーに参加しました。

まずは、レオポルズクローン宮殿。トラップ大佐の家として使われました。個人の所有で公開されていないので、湖越しの見学です。



湖の畔にあるガラスの部屋。「もうすぐ17歳」が歌われたところです。

現在、このガラスの部屋は、どのような事情があるのかしりませんが、ザルツブルク郊外のヘルンブルク宮殿に移されているようです。



バスは、一路ザルツカンマーグートと呼ばれる湖水地帯へ。

これはフュッシュ湖。あいにく雨の日で、山の眺めが閉ざされていたのは残念でした。



ボルフガング湖



ザンクト・ボルフガングの街には、モーツァルト母親の生家があります。



モント湖の教会。18世紀バロック様式の教会です。この教会でマリアとトラップ大佐の結婚式が執り行われました。



モント湖の街はリゾート地になっています。

なお、サウンド・オブ・ミュージック・ツアーに参加するのは、アメリカ人と日本人が主なようです。ザルツブルクの人は、このミュージカルに対しては複雑な感情を持っているようです。ザルツブルクはドイツ国境近くにあってドイツとの関係も深く、ドイツによるオーストリア併合も積極的に加担したという歴史的いきさつがあり、このミュージカルの反ナチというテーマにも複雑な感情を持っているようです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ザツツブル... | トップ | さすらいの風景 ヘルンブル... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (本読みと山歩き)
2010-09-25 17:27:55
サウンドオブミュージックとザルツブルグは気っても切れない関係のようですね。
結局、ここは行く機会に恵まれないかもしれません。
映画もミュージカルもみたのに、残念!
このブログで楽しませてもらいました。
看板も興味深かった、いまでもドイツ語の分からない人には役に立ちますね。
Unknown (さすらい人)
2010-09-27 15:40:00
今日は。
私は、サウンドオブミュージックにからめてザルツブルクを見学しましたが、ザルツブルクには、モーツァルトの生地ということで、モーツァルトチョコレートをはじめ、モーツァルト縁の物も沢山あります。中世の名残りが残されて、美しい街です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む