さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 プラハ その17

2011年11月25日 | 海外旅行
夜景見物のために、旧市庁舎の塔に上ることにしました。



インフォメーションへの入り口から入ると、3階にチケット売り場があります。改札のお姉さんもコスプレをしていたので、写真を撮らせてもらいました。



塔の上へはエレベーターで一気に上がりました。階段もあったので、帰りを歩いておりてみました。

広場とティーン教会。ミニチュアのように見えます。



プラハ城方面



プラハ城方面をズームアップした写真

プラハ城から左に丘を下ってきたところに見える塔が聖ミクラーシュ教会で、その左下の白く光る塔がカレル橋の橋塔。そこから左に伸びる白い光の点々がカレル橋の灯りのようです。モルダヴァ川の川面が見分けられないのは残念ですね。



広場を見下ろしたところ。屋台はまだ出ていますが、人は少なくなってきたようです。



塔のからくり時計側には人が集まっていましたが、これはからくり時計が動くのをみるために集まった観光客です。



3階から出口の間では、旧市庁舎の内部の装飾を少しですが見ることができました。



入り口のホールの壁は絵がびっしりと書き込まれていました。旧市庁舎内はガイドツアーで見学できるようですが、今回は時間がとれませんでした。



広場に出て、ティーン教会を最後に眺めて、カレル通りに進みました。



カレル通りには、土産物屋が並んでいます。



マリオネット人形屋も多かったですが、これといった代表的な人形がないため、買わず仕舞いになりました。



カレル通りは、夜になっても観光客でにぎわっていました。



夜歩きは、昼とは違った眺めを楽しむことができますね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 プラハ そ... | トップ | さすらいの風景 プラハ そ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む