さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 コペンハーゲン3

2008年04月09日 | 海外旅行
コペンハーゲンは、留学して11ヶ月滞在した街です。ロンドンやパリといった街に比べれば、訪れたことのある人も少ないと思いますが、コペンハーゲンの魅力をお伝えできたらと思います。

合言葉は、「ワンダフル・コペンハーゲン」。

コペンハーゲンの市庁舎です。この建物のある広場が、コペンハーゲンの中心地といって良いでしょう。コペンハーゲンの市内観光も、ここからスタートすることになります。

中世デンマーク様式と北イタリアのルネサンス様式とが混じり合った独特の建物で、塔の高さが106メートルにもなります。古い町並みにマッチしていますが、意外に新しく、1905年に完成しました。正面入り口上部にはアブサロン司教像などの彫刻があります。



広場は、小さな売店やホットドック屋などがあり、多くの人で賑わっています。



市庁舎の塔を脇道から見たところ。市内の各所から、この塔は見ることができます。





黄金に輝くアブサロン司教像。アブサロン司教が1167年に城壁を築いたのが、コペンハーゲンの始まりといわれています。



屋根に置かれた市の紋章。



建物内部の、ステンドガラスによる市の紋章



市庁舎前にある竜と牛の戦いの像の噴水。どのような物語があるのかは判りませんが、牛の方が優勢のようです。



市庁舎と張り合うように塔を持つパレスホテルが、広場に面して建っております。





ルアー笛吹きの像。バイキングの古楽器ですね。

この広場から、コペンハーゲン随一の繁華街ストロイエが始まります。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カラヤン生誕100年 | トップ | さすらいの風景 コペンハー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む