さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 トルファン(吐魯番) その1

2010年06月08日 | 海外旅行
ツアーの予定では、ウルムチでバザールを訪れることになっていましたが、現地ガイドのアドヴァイスによって、よりローカル色の強いトルファンのバザールを見学することになりました。

トルファンは、古くはシルクローロの要衝の地で、東西の民族が入り混じっています。現在ではウィルグ族が大多数を占めており、漢族は少数派になっています。

行き会う人々の顔つきも、ヨーロッパ系のものになっています。



バザールに入ると、衣類や小物の店がありました。



ウィグル帽子が並んでおり、お土産に買いました。



左は女性用で、右は男性用。女性用の方が、刺繍がはいるため、少し高くなっていました。



絨毯のお店。シルクとは違う、安い日用品のようです。



衣類のお店。



冷たいヨ-グルト・ケティク物のお店。



スカーフのお店。



金物の調理器具を売る店。



ナンを売る店。



さまざまな形のナンが並んでいます。



ナッツ類



エメッキと呼ばれるナンを売る店。



竃の壁に貼り付けて焼きます。

地元ガイドが買ったものを分けて食べさせてくれましたが、焼き立てピザの生地といった感じの味でした。



タマネギと羊のミンチを入れた焼き立てパンのサムサ。

買って食べてみましたが、これは美味しかった。



スパイスのお店。



東西の交易路は、スパイスの道でもありますね。





ウィグル族はイスラム教ですので、羊肉が食べられます。



肉の焼き串ですが、かなりスパイスが効いているようです。



果物を載せた台車も通っていきます。



有名なハミウリ。

古くは、皇帝への献上品として使われたという。中国ウイグル自治区哈密(ハミ)地区の特産品です。

買って、その場で切って食べてみました。余った分は、他のツアー客に食べてもらいました。そう甘くはなく、ちょっとがっかり。熟し方が足りなかったのですかね。



野菜売り場。



知っているようで、少し形が違っている野菜が並んでいます。



バナナやリンゴが並んでいます。

姿、顔つきの異なる人々で混み合うバザールの中にいると、シルクロードに足を踏み入れたという感慨も湧いてきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 ウルムチか... | トップ | さすらいの風景 トルファン... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む