さすらい人の独り言

山登り、日々の独り言。
「新潟からの山旅」別館
http://iide.hp.infoseek.co.jp/

さすらいの風景 スーズダリ その5

2012年08月01日 | 海外旅行
スパソ・エフフィミエフ修道院の見学を終えて、スーズダリの街の南に位置するクレムリン地区へバスで移動しました。

クレムリンというと、モウスクワの旧ロシア帝国の宮殿を思い浮かべますが、本来は、城塞という意味で、ロシアの古都はクレムリンを備えていました。

バスを下りると、クレムリン跡の土塁が現れました。



ロシアでは、さまざまな形の教会を見ることができますが、タマネギ型の塔と鐘楼が並ぶのが特徴的です。



スーズダリでは、景観保全のために、民家は二階、ホテルは三階に制限されているようです。



これも美しい教会です。



野草の花が似合います。





美しく飾られた民家の窓を眺めながら歩きました。







ラジヂェストヴェンスキー聖堂の塔が見えてきました。



朝方には閉まっていた敷地内に入りました。



工事の足場が邪魔ですが、青に塗られた中に星が描かれた円塔は、白い壁にひと際はえて見えます。



広場の周りには、府主教宮殿が広がっています。



教会の背後に進みました。



教会の円塔の青とお揃いのような、青い花が植えられていました。



川岸に沿って広がる土塁に上がりました。



対岸には、木造建築博物館をのぞむことができました。



ラジヂェストヴェンスキー聖堂を振り返ったところ。



木造のニコーリスカヤ教会が移設されています。



鐘楼を眺めながら、外に出ました。



昼食のため、中央部のトルゴヴァヤ広場に向かって少し歩きました。

観光客用の馬が客待ちをしていました。



ポニーもかわいいですが、馬使いのおねえさんに目がいってしまいます。



ヴァスクレセーンスカヤ教会前の広場では、露店が並んでいました。昼食後にのぞいてみることにしました。



観光土産が並んでいましたが、スーズダリの特産品は、白樺細工ということになります。



白樺の樹皮を加工して作る民芸品です。土産に買った小箱。



これはジョッキ。実際に使ってはいませんが、水漏れしないのかなあ。



なぜか、フェルト細工のネコが並んでいたので、買ってしまいました。日本でイメージするネコよりは少し丸みを帯びていますかね。

午後は、近くのウラジーミルの見学を行いました。



ウラジーミルから戻り、街なかのレストランでの夕食後に、そのまま別れて夕暮れの散歩を行いました。

再び、ラジヂェストヴェンスキー聖堂を訪れての写真です。



すでに7時になっていましたが、この時間でもまだ太陽は高い位置にありました。



昼間は観光客でにぎわっていましたが、誰もおらず、夢の中といった現実感の無い風景が広がっていました。



ツアーでは、スーズダリかウラジーミルのどちらに泊まるか決まっていないようでしたが、田舎町のスーズダリに連泊することができ、街歩きを堪能することができました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さすらいの風景 スーズダリ... | トップ | さすらいの風景 ウラジーミル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む