福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。忘年会あり、参加者は中塚さんまで連絡してください。
2018年
1月20日(土)、15時護国寺。
2月17日(土)、15時護国寺。
3月17日(土)、15時護国寺。
4月21日(土)、御大師様の日、15時護国寺。
5月19日(土)、15時護国寺。
6月16日(土)、15時護国寺。
7月21日(土)、御大師様の日。15時護国寺。
8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。

興禅護国論の序

2017-10-31 | 諸経
「興禅護国論の序 大宋国の天台山留学、日本国の阿闍梨、伝燈大法師位、栄西(ようさい)跋す 大いなる哉、心や。天の高きは極むべからず、しかるに心は天の上に出ず。地の厚きは測るべからず、しかるに心は地の下に出ず。日月の光はこゆべからず、しかるに心は日月光明の表に出ず。大千沙界は究むべからず、しかるに心は大千沙界の外に出ず。それ太虚か、それ元気(万物を生み出す根本エネルギー)か、心はすなはち太虚を包んで . . . 本文を読む
コメント

佛教の大意(鈴木大拙、昭和天皇御進講より)・・その31(最終回)

2017-10-31 | 法話
(世界を救うものは、大悲と大智である)事事無礙の応用といふべきものを申し上げて結論とします。人間の集団生活はまた法界の相を呈しております。集団の構成単位は個多の事事に相応するものです。この中の一個事に何らかの変化が生ずればそれは必ず余他の事事に影響を及ぼすに決まっています。人間の集団はそれほどに緊密な聯関のうえに立っているものです。大海に一つの波が動けば如何に微小のものでも全体に及ぶのです。・・国 . . . 本文を読む
コメント

福聚講、今日の言葉

2017-10-31 | 法話
或人、法然上人に、「念佛の時、睡りに犯されて行を怠り侍る事、如何(いかゞ)して此の障りをやめ侍らん」と申しければ、「目の覺めたらむ程、念佛し給へ」と答へられたりける、いと尊かりけり。又、「往生は、一定(いちじょう)と思へば一定、不定と思へば不定なり(極楽はあるとおもえばあるし、無いと思えばない。自分の心が行く先を決める)」といはれけり。これも尊し。 また、「疑ひながらも念佛すれば往生す」とも言 . . . 本文を読む
コメント

神様に般若心経をおとなえする理由

2017-10-31 | 諸経
伝聖徳太子作「説法明眼論神分品第十一」に次のようにあります。 「問、修法時「神分」といって神に般若心経を唱える理由如何? 答、修法時「神分」といって般若心経を唱えるには五つの理由がある。 一、勧請神分といって、悟っておられる神・悟っておられない神等の諸神を勧請し奉るため。 二、除障神分といって、守護神の念力によって天魔の障碍を除くため。 三、顕本神分といって、修善の力によって本地仏を顕し威光を . . . 本文を読む
コメント

臨終の看取り方

2017-10-31 | 法話
良忠上人(鎌倉時代、浄土宗第三祖)著『看病用心鈔』 より(NHK心の時間の記録より) 『看病用心鈔』「序」 往生浄土への導き手である善知識(僧侶)と病人を看護する人に申します。極楽浄土へ往生することは人生の一大事です(死ぬことは人生最後の大仕事です)。もし、善知識の慈悲の心による勧め導きの力に預からなければ、この一大事は成就することができないのです。それゆえに、病人は善知識に対して仏の思いを抱 . . . 本文を読む
コメント

真言法は鎮護国家の要法

2017-10-30 | 法話
真言開庫集(蓮體)第十六 真言法は鎮護国家の要法たること 問。真言教は災障を払い病悩を除き、富貴を求め、寿命を延べ、安産し、敬愛し、怨敵を退け、国家を擁護し、風雨を時にかなはしめ、五穀を豊登ならしむる等の事ありと。是巫女陰陽道などの言に似たり。本説ありや。そもそもなにごとぞや。 答。密教に依って修行するものは、世間出世の一切の悉地を成就するが故に、一切の諸願成就せずといふことなし。たとえば日輪 . . . 本文を読む
コメント

佛教の大意(鈴木大拙、昭和天皇御進講より)・・その30

2017-10-30 | 法話
日本の仏教では禅は大智の面、浄土教は大悲の面を代表するといってよからうと思います。浄土系信者の一類型と見るべきものに,讃岐の庄松がある。或る時庄松は近村の男とお寺へ参詣したとき、庄松は本堂へ這入ると直ぐ、本尊阿弥陀様の前で横に寝てしまった。友人はそれをみて『如何にも不作法ではないか』と咎めたところ、庄松は『親の内へ帰ったのだ、何の遠慮にも及ばないではないか』といったという。・・庄松が京都の本山へ同 . . . 本文を読む
コメント

福聚講、今日の言葉

2017-10-30 | 法話
「(聖徳太子の言)「吾が日本ハ種子を生じ、震旦は枝葉に現はし、天竺は花実を開く。故に仏教は万法の花実たり。儒教は万法の枝葉たり。神道は万法の根本たり。彼の二教は皆是れ神道の分化也。枝葉花実ヲ以てその根源ヲ顕はす。花落ちて根に帰るが故に、今此の仏法東ス。吾が国の、三国の根本タルコトヲ明かサンが為也。尓りし自リ以来、仏法此に流布す」(吉田兼倶「唯一神道名法要集より」) . . . 本文を読む
コメント

観音様の歌

2017-10-30 | 法話
釈宗演「観音経講話」にあった観音様の歌です 帰命頂礼観世音 昔は勝法明如来(正法明如来のこと、千光眼観自在陀羅尼経に「我往昔の時を念ずるに、観自在菩薩は我が前に於いて成仏し,号して正法明といい、十号具足す。我かの時に於いて彼の佛のために下りて苦行の弟子となり、その教化を蒙りて今成仏することを得たり。十方の如来はみな観自在の教化の力によるがゆえに妙国土に於いて無上道を得て妙法輪を転ず、この故に汝ら疑 . . . 本文を読む
コメント

お大師様のお言葉に見る「霊験」の根拠・・その29

2017-10-29 | お大師様のお言葉
即身成仏義 わずかに曼荼羅を見れば、能く須ゆの頃に浄信す。      歓喜の心を以て瞻都せんとするが故に、  即ち阿頼耶識あらやしきの中に於いて金剛界の種子を種う、と。  <この文は、初めて曼荼羅海会の諸尊を見て得る所の益を明かす。>  具に灌頂受識の金剛名号を受く。  わずかに曼荼羅を見れば弟子はたちまちのうちに清らかな信心を得る。弟子は歓喜の心をもって曼荼羅を仰ぎ見るがゆえにすなわち阿頼耶 . . . 本文を読む
コメント

佛教の大意(鈴木大拙、昭和天皇御進講より)・・その29

2017-10-29 | お大師様のお言葉
衆生を苦しみから救うことが兎に角当面の大問題です。ここに菩薩道があるのです。地蔵菩薩は六道を輪廻して衆生済度をやるのです。・・しかしここにまた記憶すべき一事は、菩薩の大悲心なるものは絶対で無限で無目的的であるが、それはただ抽象的に概念的に一般的にしか云はれるのではなくて、一事一物のうえに時間的にも空間的にも具体的に働くといふことです。・・法華経には如来は無量劫の過去に正覚を成じたが、今なおこの娑婆 . . . 本文を読む
コメント

勢至菩薩の功徳

2017-10-29 | 諸経
勢至菩薩は13佛の一周忌を司る仏さまでご真言は「おんさんざんさくそわか」で、また午年の守護佛ともされています。しかし意外とその功徳は知られていません。 ・密教大辞典には「勢至菩薩」として「・・観音と共に阿弥陀仏の脇侍とするのは観無量寿経に『智慧の光をもって普く一切を照らし三途を離れ無上の力を得る』と説き、観音の慈悲に対して勢至菩薩は智慧の立場から救済するとされるため、観音ほど信仰は得られず独立尊 . . . 本文を読む
コメント

印融法印と中世横浜

2017-10-29 | おすすめ情報
明日10月30日、緑公会堂で公開講座「印融法印と中世横浜」(横浜市内の30の寺院から構成される「印融法印五百回忌実行委員会」主催)が開催されます。講師は横浜市歴史博物館の遠藤廣昭氏と歴史研究家の相沢雅雄氏ということです。参加無料・申込不要(当日先着450人)となっています。また11月6日には「印融さんの足跡をたどるウォーク」も開催され生誕地をはじめ、緑区内に点在する印融法印ゆかりの地を歩く、といい . . . 本文を読む
コメント

お大師様のお言葉に見る「霊験」の根拠・・その28

2017-10-28 | お大師様のお言葉
即身成仏義 (『五秘密儀軌』の成仏法について)   また云く、  「もし毘盧遮那仏自受用身所説の  内証自覚聖智の法、  及び大普賢金剛薩埵の他受用身の智に依らば、  則ち現生において曼荼羅阿闍梨に遇逢い  曼荼羅に入ることを得。  為く、羯磨を具足し、普賢三摩地を以て  金剛薩埵を引入して、その身中に入る。  加持の威徳力にゆるが故に、  須臾の頃に於いて当に無量の三摩耶、  無量の陀羅尼門 . . . 本文を読む
コメント

守護國界主陀羅尼經卷第十阿闍世王受記品(全訳)

2017-10-28 | 諸経
守護國界主陀羅尼經卷第十阿闍世王受記品第十では非道であった阿闍世王が「なぜ自国では疾疫災難無量百千なるや」とお釈迦様に問います。これをみるとお釈迦様がおられたころでも疾疫災難無量百千なる国があったということです。お釈迦様は国主の心がけ次第とおっしゃいます。現在でいうなら国民の心掛け次第で自国は地獄にも極楽にもなるということです。守護國界主陀羅尼經卷第十罽賓國三藏沙門般若共牟尼室利譯阿闍世王受記品第 . . . 本文を読む
コメント