福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年

・10月21日(土)お大師様の日、定例会、14時護国寺。16時高野山東京別院
・11月18日(土)観音様の日、定例会、15時護国寺。
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。

密教観法の段階

2017-10-14 | 諸経
大山光淳「密教観法の研究」より 「月輪観(注1)は実修的には最も円満なるものの如く、しかも諸観法中極略の法で、その功徳たるや深広、やがて即身成仏する秘法となるべきもので、心地観経に「もし凡夫有りてこの観を修する者は所起の五逆四重十悪及び一闡提如是の罪悉く皆消滅す」(大乘本生心地觀經發菩提心品第十一に「若有凡夫修此觀者。所起五逆四重十惡及一闡提。如是等罪盡皆消滅。即獲五種三摩地門」)と。摂真実経( . . . 本文を読む
コメント

瞑想段階論の比較

2017-10-12 | 諸経
瞑想をしていても自分がどういう状況にあるのか位置つ゛けをできないでいます。以下の様な瞑想段階論を参考にしたいと思います。 瞑想段階論の比較 ㈠    ヨガに八支則というのがあります(「ヨーガ・スートラ」) 1、ヤーマ(禁戒)2、ニヤーマ(観戒)3、アーサナ(座法)4、プラーナヤーマ(調気)5、プラテャハーラ(制感)6、ダーラナ(凝念、仏教でいいう「総持))7、デイヤーナ(静慮、禅那のこと . . . 本文を読む
コメント

太上感応篇(全編)

2017-10-11 | 諸経
太上感応篇(道教の経典。南宋 の李昌齢 が太上老君 (老子) のお告げをまとめて編んだ) 太上 曰わく  禍福は門無し。唯人自からまねく。善悪の報いは影の形に随ふが如し。 是を以て天地には司の神有りて、人の犯す所の軽きと重きとによりて 以て人の算(いのちのかず)を奪う。算減ずる時は則ち貧しくおとろえ、多く憂い患しみに逢う。人は皆これを悪み、刑禍はこれに随い、吉慶は之を避け、悪星は之に災いし、算 . . . 本文を読む
コメント

密宗安心教示章、別所栄厳和上

2017-10-07 | 諸経
密宗安心教示章、別所栄厳和上 第一、本来胸中章  夫れ真言密宗安心の至要を示さば、大日経王には、[実の如く自心を知る]と説給ひ、高祖大師は、[真如外に非ず身を棄てゝ何か求めん]と述給へり、されば朝夕に妄念妄執にほだされ、貪瞋邪見にまつはるゝ有漏雑染の我等が胸中に五智四身の徳、一もかけたるることなく、本来円満して備れりと達悟する是を凡聖不二の宗要とす. ただし下根劣慧の者は、偏に此旨を信じて更に . . . 本文を読む
コメント

金光明最勝王經卷第六四天王護國品第十二

2017-10-01 | 諸経
大蔵経データベースおよび「国訳大蔵経」等による。 . . . 本文を読む
コメント

真言安心和讃

2017-09-30 | 諸経
真言安心和讃 帰命頂礼薄伽梵(大日如来に帰命し奉る)          八葉四重の円壇は 一切如来の秘要にて     衆生心地の仏土なり(胎蔵曼荼羅は中台八葉院から外側に四重の構造となっているがこれは諸仏の悟りの境地であると思に、衆生自らの心をも表している) 十方三世の諸聖衆は 大日普門の別徳を 開きて示しし尊なれば 密厳国土の外ならず(諸仏は大日如来のお徳をそれぞれ顕しておりその仏国土はいず . . . 本文を読む
コメント

大毘盧遮那成仏神変加持経住心品(訓、訳)

2017-09-26 | 諸経
大毘盧遮那成仏神変加持経 大唐天竺三藏善無畏共沙門一行譯 入眞言門住心品第一 「如是我聞。一時薄伽梵。如來加持廣大金剛法界宮に住し給う。一切持金剛者、皆な悉く集會せり。如來の信解遊戲神變の生ずる大樓閣寶王は高くして中邊無し。諸の大妙寶王を以て種種に間飾せり。菩薩の身を以て師子座となす。其の金剛を名ずけて虚空無垢執金剛・虚空遊歩執金剛・虚空生執金剛・被雜色衣執金剛・善行歩執金剛・住一切法平等執金剛 . . . 本文を読む
コメント

山家学生式

2017-09-26 | 諸経
山家学生式 国宝とは何者ぞ。宝とは道心なり。道心ある人を名づけて国宝となす。故に古人言く、「径寸十枚、これ国宝に非ず。照千・一隅、これ則ち国宝なり」と。古哲また云く、「能く言ひて行ふこと能はざるは国の師なり。能く行ひて言ふこと能はざるは国の用なり。能く行ひ能く言ふは国の宝なり、三品のうち、ただ言ふこと能はず行ふこと能はざるを国の賊しなす」と。乃ち道心あるの仏子を、西には菩薩と称し、東には君子と号 . . . 本文を読む
コメント

「高野建立の初めの結界の啓白の文」

2017-09-21 | 諸経
大師の「高野建立の初めの結界の啓白の文」です。 「高野建立の初めの結界の啓白の文」 「沙門遍照金剛、敬って十方諸仏、両部の大曼荼羅海会の衆、五類の諸天及び國中の天神地祇、竝に此の山中の地、水、火、風、空,抜済せしむ諸鬼等に白さく。 夫れ形あり識(こころ)有るものは必ず佛性を具す。佛性法性法界に遍して不二なり。自身他身一如と與にして平等なり。 之を覚るものは常に五智の台(うてな)に遊び、之に . . . 本文を読む
コメント

四国88所御真言と御詠歌

2017-09-15 | 諸経
四国88所御真言と御詠歌・一番札所:竺和山 霊山寺 「じくわさん りょうぜんじ」 御本尊: 釈迦如来、御真言、のうまく さんまんだ ぼだなん ばく御詠歌: 霊山の 釈迦のみ前に巡り来て よろずの罪も 消えうせにけり・二番札所: 日照山 極楽寺 「にっしょうざん ごくらくじ」御本尊: 阿弥陀如来、御真言、おん あみりた ていせい からうん御詠歌: 極楽の 弥陀の浄土へ行きたくば 南無阿弥陀仏 口ぐせ . . . 本文を読む
コメント

仏典に説く具体的国防策

2017-09-15 | 諸経
仏典に説く具体的国防策 「大乗大集地蔵十輪経巻二・十輪品第二に 王は・・堅固なる城郭・村坊・戌邏・国邑・王宮、広く説かば乃至は舎・羅・鸚鵡・防守の衆具を安置して国土の損失することなからしむ。・・諸々の群臣とともに、四兵衆(馬・車・象・歩)を領して周巡して一切の自国の城邑・聚落・山川・谿澗・園苑・田澤・陂河・池沼・曠野・叢林・鎭邏等の處を観察し、彼の在る所の國界諸方の嶮阻多難にして營理するに任せず外 . . . 本文を読む
コメント

大和州益田池碑銘并序,弘法大師

2017-09-14 | 諸経
「大和州益田池碑銘并序  若夫、感星銀漢下し灑(そそ)ぐ功深し、湖水天池、上り潤すの徳普し、故に能く屮芔(そうき・・草)これによりて鬱茂たり、蟲卵これに頼りて長生す、八氣(はっき・・八紘の気で寒暑を出す)播殖し、五才(五行)陶冶するがごときにいたっては、北方之行、偏に其の最に居り、坎(かん・・北方の水の徳)の徳たること遠いかな矣、皇(おお)いいなるかな、粤(ここ)に益田池あり。兩の尊(伊弉諾、伊 . . . 本文を読む
コメント

仏説文殊師利般涅槃経

2017-09-13 | 諸経
佛説文殊師利般涅槃經西晋居士聶道眞譯如是我聞。一時、仏、舍衛国の祇樹給孤独園に在き。大比丘僧八千人と倶なり。長老舍利弗、大目連、摩訶迦葉、摩訶迦旃延は、かくの如き等は衆の上首たる者なり。復た菩薩摩訶薩十六人等有り。賢劫の千菩薩は弥勒を上首と為せり。復た、他方に菩薩千二百人有って観世音菩薩を上首と為(せ)り。爾時(そのとき)世尊、後夜分において三昧に入れり。その三昧を名ずけて一切光とす。三昧に入り . . . 本文を読む
コメント

光明真言袖鑑  密厳

2017-09-12 | 諸経
光明真言袖鑑  密厳(天保九年編) 抑我等一切衆生は生れながらの仏にて五智四身 (五智(法界体性智、大円鏡智、平等性智、妙観察智、成所作智。)四身(法身,自性身・受用身・変化身・等流身)の仏徳一も欠たることなしといへども、無明煩悩に覆はれて我本よりのほとけ成る事をしらず、身の外に仏を求て遠劫生死に流転する事尤あさましきことにあらずや、爰に毘盧舍那大日如来は諸仏の本地衆生の父母にておはしませば、同体 . . . 本文を読む
コメント

神前読経の必要性・・・1

2017-09-10 | 諸経
神前読経の必要性。聖徳太子作と伝えられる「説法明眼論」に般若心経の神前読誦を進めています(注1)。また大山光淳師も「修法の時般若心経を読誦して神明に法味をささげその威徳をまして擁護を願う(注2)」としています。 ・(注1)「説法明眼論」に般若心経の神前読誦を進めています。「神分品第十一 此について五種の別あるべし。 一、勧請神分   必ず須く権実の諸神を勧請し奉るべきが故なり。 二、除障神分  . . . 本文を読む
コメント