福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。忘年会あり、参加者は中塚さんまで連絡してください。
2018年
1月20日(土)、15時護国寺。
2月17日(土)、15時護国寺。
3月17日(土)、15時護国寺。
4月21日(土)、御大師様の日、15時護国寺。
5月19日(土)、15時護国寺。
6月16日(土)、15時護国寺。
7月21日(土)、御大師様の日。15時護国寺。
8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。

孫とともに80日間四国遍路の旅(岩崎スミ、北海道夕張郡、大正13年)その7

2013-07-31 | 頂いた現実の霊験
土佐は鬼国宿はなし、と聞いてきましたが、鬼国どころか仏様の国でどこでも優しくしてくださいました。子供がおおぜい寄ってきて「一休さん一休さん、どこゆくやー」と孫を皆で胴上げしてくれたりするのですが、雨はふりだすし、お腹はすくし、荷は重く肩にくいこみます。 中村のとある道端では七輪でお魚を焼いていました。「おばあちゃん、ぼくお腹すいた、いいにおいだね。」はなをくんくんさせているので、「人間はね、買い . . . 本文を読む
コメント

孫とともに80日間四国遍路の旅(岩崎スミ、北海道夕張郡、大正13年)その6

2013-07-29 | 頂いた現実の霊験
怒涛砕け散る室戸の岬の「弘法大師御修業の地」で私達はゆっくり休み、それからまた次々と打って、神峰寺におまいりしたときでした。朝の雨の中を寺の奥様が急いで追いかけてこられてわざわざ孫にたくさんのお接待の品々をくださいました。美しい奥様でした。雨のなか傘もささずきてくださったお姿を拝みました。 また禅師峰寺では足を痛がる孫に三輪車をくださった人がいて、雪渓寺の近くまで孫は三輪車を踏みました。種間寺に . . . 本文を読む
コメント

福聚講今日の言葉

2013-07-29 | 法話
バシャール名言集というのを読んでいてこれだと思うものがありました。 . . . 本文を読む
コメント

福聚講今日の言葉

2013-07-29 | 法話
白隠禅師『座禅和讃』全文です。谷中全生庵でも座禅の前に読みました。・・「当処即ち蓮華国、この身即ち仏なり」です . . . 本文を読む
コメント

今日東松島のボランチアで紙芝居をしてきました

2013-07-28 | 講員の活動等ご紹介
今朝一番の新幹線で仙台に行き東松島のこども祭りに参加して紙芝居(かさじぞう)を上演してきました。 天気予報では午前中は雨という予報でしたが晴れて日差しも強くなりました。それでも多分百社以上と思われる参加団体と三千人以上という來場者で大変な熱気でした。当方はメインステージで午前2回作務衣姿で紙芝居を上演できました。アナログの権化のような紙芝居は懐かしいのかお父さんお母さん方も見てくれて、いろいろなこ . . . 本文を読む
コメント

孫とともに80日間四国遍路の旅(岩崎スミ、北海道夕張郡、大正13年)その5

2013-07-28 | 頂いた現実の霊験
太龍寺では尋ねた尼僧様がご病気で不在でした。 昔ながらの遍路道、どれだけ多くの人が歩いたでしょう。ご苦労さん、頑張ってと愛宕大師堂の優しい励ましの道標。苦労した道は一木一草、石ころの形までおもいでに残ります。うっそうとした老杉と古色蒼然とした堂塔。さすがに太龍寺は西高野山といわれるだけのことはあります。 それから大根峠を越え、平等寺にお参りしておりてくると、中年の男の人が孫を無断で車にのせようとし . . . 本文を読む
コメント

壷坂霊験記

2013-07-28 | 法話
観音様のありがたさを記した壷坂霊験記です。 . . . 本文を読む
コメント

慈雲尊者ご母堂の訓戒

2013-07-27 | 法話
慈雲尊者は江戸中期の傑僧です。父は高松藩士上月安範、母は徳島藩士牧養元の娘、であり13歳で田辺法楽寺忍綱貞紀和尚の下で出家、16歳で伊藤東涯等に儒学を学び19歳で野中寺に入衆、21歳で具足戒を受け、22歳で師の寺法楽寺住職となっています。その1,2年後に尊者が大乗起信論の講伝をどこからか頼まれた由、ご母堂に手紙を送ったことに対してご母堂が戒めの返事をものですおかきになっているものです。「・・事を省き縁をしりぞけ、座禅修行を心掛け、自ら生死を解脱して・・人をも利益なされ・・」といっておられます。全文です。 . . . 本文を読む
コメント

孫とともに80日間四国遍路の旅(岩崎スミ、北海道夕張郡、大正13年)その4

2013-07-27 | 頂いた現実の霊験
焼山寺で一緒になった2人の若者は北海道のお寺の若い僧でした。孫と後になり先になりして最後まで連れになったのですが、実に楽しい旅でした。身も心もお大師様にあずけ、宿がなければ野宿もよし、食がなければ求めずとも施しがあろうとわが身を投げ出した、安心のたびです。体にも心にも強さを与えてくれる旅。 しかし立江寺の近くに来て、孫は道端に座り込んで動こうとしません。小さい足で大人に負けじと頑張りすぎたのです . . . 本文を読む
コメント

孫とともに80日間四国遍路の旅(岩崎スミ、北海道夕張郡、大正13年)その3

2013-07-26 | 頂いた現実の霊験
一挙に暗くなり、道が分からなくなりました。二人は汗まみれになりながら必死に暗がりの中で道を彷徨い歩いていますと、前方にぼんやりと明かりが見えました。「おばあちゃん、明かりが見えたよ。」まごは走りだしました。わたしも転がるようにその明かりの人家へ飛び込みました。 お年寄り夫婦が優しい笑顔で出迎えてくださいました。あつい五右衛門風呂にもいれてくださいました。お風呂に入って夕食をご馳走になり、孫は真っ赤 . . . 本文を読む
コメント

Q、仏教の教えを一言でいうとなんですか?

2013-07-26 | Q&A
Q、仏教の教えを一言でいうとなんですか? A,よく現代人は「仏教の教えは一言でいうとなんですか?」と聞きます 辞書風に言えば仏教とは仏陀の教えです。しかしそれではあまりにそっけないので、七佛通戒偈では仏教とは「諸悪莫作、衆善奉行、自浄其意、是諸仏教(悪いことをしないでいいことをし心を清めることが仏教である)」とされます。よく禅寺の本堂に聯でかかっています。 しかし善行とはなにかがわからねばなりま . . . 本文を読む
コメント

福聚講 今日の言葉  

2013-07-25 | 法話
各宗の即身成仏説 . . . 本文を読む
コメント

孫とともに80日間四国遍路の旅(岩崎スミ、北海道夕張郡、大正13年)その2

2013-07-25 | 頂いた現実の霊験
孫が毎日「お腹がすいた。足が痛い。お家へ帰ろう。」といい難渋したので、優しく泊めてくださった三番の奥様、青い青い吉野川、五番の大きな五百羅漢様達のお顔、竜宮城のような七番の鐘楼しか思い出せません。ただ夢中で歩き、お大師様以外のことはなにも考えない毎日でした。 藤井寺を昼過ぎに出発し、焼山寺への険しい山道に入ると、孫は急に元気になり、山兎にでもなったかのようにさきさきと登り始めました。「おばあちゃ . . . 本文を読む
コメント

「幸福とはなにか」お釈迦様のお言葉です。

2013-07-25 | 法話
「幸福とはなにか」お釈迦様のお言葉です。 . . . 本文を読む
コメント

Q,「回向は届くのですか?」

2013-07-24 | Q&A
「回向は届くのですか?」と聞かれました。 . . . 本文を読む
コメント