福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年

・10月21日(土)お大師様の日、定例会、14時護国寺。16時高野山東京別院
・11月18日(土)観音様の日、定例会、15時護国寺。
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。

四国八十八所の霊験その92

2014-07-31 | 四国八十八所の霊験
2回目は61番から横峰に登ろうとしました。19年1月2日朝5時半ごろでました。 前日に寺の人に聞いていた路をいきましたがみかん畑の中に迷い込んだりしてどうしても道が分からなくなりました。 冷たい雨のなか懐中電灯で地図を照らしますが自分がどこにいるのかさえ全くわかりません。ひきかえして何度も挑戦しましたが寺の周りを何回か回っただけでした。あきらめて63番まで出て1回目と同じ道をいくことにしました。 . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その91

2014-07-30 | 四国八十八所の霊験
小雨に煙る60番横峯寺 . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その90

2014-07-29 | 四国八十八所の霊験
63番吉祥寺も62番宝寿寺から1.4kmくらいのところにあります。61番62番63番とも11号線や予讃線にそっています。63番吉祥寺は昔は坂元山にあり、寺域も広く塔中二十一坊を有する大伽藍であったが、天正の兵火で全山焼失し、万治二年(一六五九)末寺の檜木寺と合伴して現在地に建立されたといいます。澄禅「四国遍路日記」にすでに「吉祥寺、寺は退転したり」とあります。江戸初期にすでに寂れていたことがわかり . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その89

2014-07-28 | 四国八十八所の霊験
自分自身のなかの仏を見つける旅それが巡礼だ。寺を本当によくするのは観光収入をあげ境内を整備することではない。本当のお遍路さんに来てもらうことだ . . . 本文を読む
コメント

福聚講 今日の言葉 

2014-07-27 | 法話
先祖供養は有効なのです。大師の性霊集「笠大夫、先妣の奉為に大曼荼羅を造り奉る願文」には曼荼羅を作ったり僧侶に経典を読んでもらうことにより霊魂が助けられるとあります。 . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その88

2014-07-27 | 四国八十八所の霊験
密教の観法には多くの方法がありますが誰でも出来てしかも観法のエッセンスともいうべきものが阿字観です。在家の方も阿字観を続ければすばらしい境地・悟りに達します。 我々は阿字からでて阿字に帰るのですから。 阿字観の簡単な次第を書いておきます 1.着座 手を洗い口を漱ぎ心身を清め合掌して座に着く。 半跏座(胡坐をかき右足を左足に乗せる)でよい。法界定印(右手をうえに重ね膝の上に置く、親指同士は合い . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その87

2014-07-26 | 四国八十八所の霊験
香園寺にある山頭火の「南無観世音、おん手したたる、水のひとすじ」の句 ・・・仏が人を救うなどとそんなことがあるものか、こんな苦しいときにも仏様は私を救うてくれないではないか、この世に神も仏もあるものか、 お経は人を誑かす架空の妄談ではないか・・・ . . . 本文を読む
コメント

中島さんが坂東巡礼の記録を作ってくださいました。

2014-07-25 | 開催報告/巡礼記録
7月20日坂東札所巡礼の記録 宇都宮駅に9時30分に集合しました。まずは駅から一番近い19番札所大谷寺に向かう。大谷観音バス停前の能満寺の大谷観音のお堂を少し通り過ぎると、広い駐車場がある大谷寺の門前に着いた。石段を上がり朱塗りの仁王門をくぐると頭上に巨大な岩壁が覆いかぶさるようにして大谷寺があった。このようなお堂を見るのは初めてで、その迫力に圧倒される。その巨大な岩壁は有名な大谷石である。拝観 . . . 本文を読む
コメント

「アナと雪の女王」から・・・その2

2014-07-25 | 法話
昨日は「アナと雪の女王」の「ありのままの自分」がいかに捕まえにくく、いい加減なものであるかということを述べました。自己とは何者か・・これについて、古来よりあらゆる高僧は説いて止みませんでした。 明恵上人は「あるべきやうは」とおっしゃり、人として「あるべきよう」を追求せよと、おしえられ、禅宗でも自己とは何かが大問題でした。西村恵信『己事究明の思想と方法』では、「禅は端的に己事究明である。この場合、自 . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その86

2014-07-25 | 四国八十八所の霊験
霊験あらたかな61番香園寺子安大師堂 . . . 本文を読む
コメント

アナと雪の女王より・・その1

2014-07-24 | 法話
アナと雪の女王に「・・ありのままの 姿見せるのよ ありのままの 自分になるの 何も怖くない 風よ吹け 少しも寒くないわ 悩んでたことが うそみたいね だってもう自由よ なんでもできる・・」という歌詞があります。 或る日この歌詞を聞いていて、是は大変な言葉が使われているとおもいました。 「ありのままの姿みせるのよ、ありのままの自分になるの」というのですが、『ありのままの自分』が分ればこんな凄いことは . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その85

2014-07-24 | 四国八十八所の霊験
国道196号の途中の駝鳥 . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その84

2014-07-23 | 四国八十八所の霊験
58番から59番伊予の国分寺は6キロです。すぐ着きます。ここは天平13年(741)に行基菩薩が開基。当時は、七堂伽藍を備えた豪壮な大寺で、弘法大師は第三世住職智法律師の時代に来錫、五大尊の絵像一幅を残されました。また大師十大弟子の一人真如法親王も2年ほど滞在されたといいます。藤原純友の乱、源平合戦、貞治3年(1364)の讃岐の細川右馬頭頼之の侵入、長宗我部元親と伊予国守河野通直の兵火と4度も焼失し . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その83

2014-07-22 | 四国八十八所の霊験
東寺の後七日御修法 . . . 本文を読む
コメント

四国八十八所の霊験その82

2014-07-21 | 四国八十八所の霊験
58番仙遊寺では明治4年住職宥蓮上人が42才で衆生済度のため即身仏となったということが「東寺四国遍路札所案内」に記されています。つい最近です。札所住職は代々衆生済度のため文字通り身を捨てています。そもそも入定はお釈迦様の弟子摩訶迦葉が、弥勒菩薩出世の56億7千万年後を目指しお釈迦様から託された袈裟を弥勒菩薩に伝えるべく鶏足山に入定されたことにはじまります(大唐西域記)。中国でもおおくの入定僧がでて . . . 本文を読む
コメント