福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年

・10月21日(土)お大師様の日、定例会、14時護国寺。16時高野山東京別院
・11月18日(土)観音様の日、定例会、15時護国寺。
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。

賽の河原地蔵和讃

2012-05-30 | 諸経
賽の河原地蔵和讃 「帰命頂礼地蔵尊 無仏世界の能化なり これはこの世のことならず    死出の山路の裾野なる さいの河原の物語 聞くにつけても哀れなり この世に生まれし甲斐もなく   親に先立つありさまは 諸事の哀れをとどめたり 二つや三つや四つ五つ     十にも足らぬおさなごが さいの河原に集まりて      苦患(くげん)を受くるぞ悲しけれ 娑婆と違いておさなごの     雨露しのぐ住処さ . . . 本文を読む
コメント

お大師様の不思議(藤田かつえ、加古川市尾上町、大正3年)

2012-05-29 | 頂いた現実の霊験
私は小豆島八十八所は毎年、四国八十八所も1回遍路しております。 私が信仰の道に入るきっかけをつくってくださった小豆島霊場会の先達井上さんの体験談です。 40年前井上様は体が悪く病院通いをつずけておられたそうです。当時友人に小豆島八十八所参拝に誘われ、体が悪い中決心して参拝に参加したそうです。険しい遍路道を懸命に同行の方たちについていったそうですが終にはぐれてしまいました。日はとっぷりと暮れ、道も皆 . . . 本文を読む
コメント

角田さんが19日の定例会の報告を書いてくださいました

2012-05-29 | 開催報告/巡礼記録
福聚講・護国寺定例参拝会第5回会合が、5月19日(土)午後2時から、同寺本堂で行われました。この日は、雲ひとつない青空が広がり、境内の木々の若緑の若葉が、さわやかにそよいでいました。前日の、晴れ間があったり、時には、雨模様で、しぐれたり、気温も、寒暖定まらない日でしたが、この日は、打って変った、参拝会に、ふさわしい天候でした。 巡拝は、いつもの通り、高原耕昇耕講元様が、内陣で鐘を叩きながら、導師 . . . 本文を読む
コメント

第16回・福聚講関東36不動霊場巡り(2012-5-13晴れ)

2012-05-26 | 開催報告/巡礼記録
第16回・福聚講関東36不動霊場巡り(2012-5-13晴れ) <第30番札所・王山不動院總願寺(不動ヶ岡不動尊)>埼玉県加須市不動岡2-9-18 <第31番札所・光岩山釈迦院彌勒密寺(岩槻大師・尊喜多向き不動尊)>埼玉県さいたま市岩槻区本町2-7-35 . . . 本文を読む
コメント

四国遍路の動機が記されてありましたので紹介します。 

2012-05-25 | 法話
四国のある遍路宿のノートに遍路の動機が記されてありましたので紹介します。  「主人を亡くして6日目、家で耐えるのが悲しくてお遍路に出た。 2人で回ろうねと言っていたのに・・・。苦しかったろう主人のことを思うと足の痛さ肩の痛さなどなんでもない。 お骨と位牌をしょってがんばります。(63歳)」 「私の祖父は18年前自ら命を絶ちました。 亡くなったあとはもっと苦しんでいると先達さんから聞きました。 . . . 本文を読む
コメント

スッタニパーター、田を耕すバーラドブァージャ」から

2012-05-25 | 諸経
田を耕すバーラドブァージャ --------------------------------------------------------------------------------  わたしが聞いたところによると、──あるとき尊き師(ブッダ)はマガダ国の南山にある「一つの茅」というバラモン村におられた。そのとき田を耕すバラモン・バーラドヴァーシャは、種子を捲く時に五百挺の鋤を牛に結びつけた . . . 本文を読む
コメント

Q,螺髪はあらゆる仏様についているのですか?

2012-05-24 | Q&A
Q,螺髪はあらゆる仏様についているのですか? . . . 本文を読む
コメント

「南無」の語源について

2012-05-24 | 法話
「南無」はよく仏教書では「帰依する」という意味だと書かれています。ウィキペヂアでも「南無(ナム)とは、サンスクリット語のナマス(namas)およびナモー(namo)の音写。意訳すると、帰命、帰依という意味、つまり命を捧げる、それほど大事に敬うという意味がある。」とされます。 しかし、先日、初級のサンスクリット講座に学んでいるとき資料で「南無ーnamo」の語根は「nam-」で、この語根の意味は「身 . . . 本文を読む
コメント

法句経

2012-05-23 | 諸経
第十七 忿怒の部 二二一 忿を棄てよ、慢を離れよ、一切の結を越えよ、精神と物質とに著せざる無所有の人に諸苦隨ふことなし。(結―人を結縛するもの即ち煩惱。) 二二二 若し人己に發せる忿を制すること奔車を(止むるが)如くなれば、彼を我は御者と言ふ、爾らざる人は(唯だ)(たづな)を取る(のみ)。 二二三 不忿を以て忿に勝て、善を以て不善に勝て、施を以て慳に勝て、實語を以て妄語者に(勝て)。 二二四 . . . 本文を読む
コメント

法句経より

2012-05-23 | 諸経
第十五 安樂の部 一九七 怨の中に處て慍らず、極めて樂しく生を過さん、怨ある人の中に處て怨なく住せん。 一九八 痛の中に處て痛まず、極めて樂しく生を過さん、痛める人の中に處て痛なく住せん。 一九九 貪の中に處て貪らず、極めて樂しく生を過さん、貪る人の中に處て貪らずして住せん。 二〇〇 少物をも所有せず、極めて樂しく生を過さん、喜を以て食とせん、極光淨天の如く。(極光淨天―天國に居る一類の神。) . . . 本文を読む
コメント

今朝の瞑想

2012-05-23 | 法話
今朝の瞑想で・・・ . . . 本文を読む
コメント

法然上人のお言葉

2012-05-22 | 法話
衆生、佛を念ずれば、佛も 衆生を念じ給う。・・・ . . . 本文を読む
コメント

法句経より

2012-05-21 | 諸経
第十一 老耄の部 一四六 何を笑ひ何ぞ喜ばん、(世は)常に熾然たり、汝等黒闇に擁蔽さる、奚ぞ燈明を求めざる。(熾然―世の一切萬物悉く無常にして滅壞するを火の熾んに燃ゆるに譬へたるなり。) 一四七 見よ、雜色の影像は積集せる瘡痍の體なり、痛み、欲望多し、此に堅固常住あることなし。(影像―身體の謂にして其堅實の自體なきを譬ふ。) 一四八 此の容色は衰ふ、病の巣なり、敗亡に歸す、臭穢の積集は壞 . . . 本文を読む
コメント

村上華岳展が京都現代美術館で開催中です

2012-05-20 | おすすめ情報
『太子樹下禅那之図』 . . . 本文を読む
コメント

「東北経鬼門譜」等が日本民芸館で展示されています。

2012-05-20 | おすすめ情報
日本民芸館ホームページhttp://www.mingeikan.or.jp/にあるお孫さんの石井頼子氏 (棟方板画美術館学芸員)が2007年に語った「東北経鬼門譜」の解説です。日本民芸館では6月10日まで棟方志功展が開催中です。 「・・棟方の作品には、故郷青森(津軽)に題材をとったものが多く見られます。 『東北経鬼門譜』はその代表作で、棟方は「自分の生まれた東北は日本の鬼門にあたる。 豊 . . . 本文を読む
コメント