福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年

・10月21日(土)お大師様の日、定例会、14時護国寺。16時高野山東京別院
・11月18日(土)観音様の日、定例会、15時護国寺。
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。

福聚講 今日の言葉 

2013-03-31 | 法話
白隠禅師のおっしゃる衆生と佛の関係 . . . 本文を読む
コメント

福聚講今日の言葉

2013-03-31 | 法話
「あゆは 瀬に住む  鳥は 木にとまる 人は情けの 下に住む (良寛)」という道歌があります。 最後はむしろ「人は情けの海に居る」とでもしたほうがいいと思います。それほど人は無限の助けにより生かされているというのが実感です。自分自身も幼少期は檀家のお布施で育ち、長じては先輩友人親類家族に助けられて生きてきました。そしてこの間数限りなく神仏からお蔭をいただいてきました。こうして受けた『情け』を心に . . . 本文を読む
コメント

十善業道經

2013-03-30 | 諸経
十善業道經を書き下してみました。釈雲照律師の「十善業道經講義」を参考にしました。 . . . 本文を読む
コメント

華厳経から

2013-03-30 | 法話
衆生は業という実体のないものに牽れて苦という実体のないものに苦しんでいる . . . 本文を読む
コメント

福聚講 今日の言葉  

2013-03-30 | 法話
弘法大師「性霊集」 供養の大切さ . . . 本文を読む
コメント

華厳経から

2013-03-29 | 法話
華厳経如来光明覚品・・ . . . 本文を読む
コメント

福聚講 今日の言葉  

2013-03-29 | 法話
弘法大師「秘蔵宝錀」より . . . 本文を読む
コメント

福聚講 今日の言葉  

2013-03-28 | 法話
布施をすることは福徳を増す功徳がある。弘法大師「理趣経開題」 . . . 本文を読む
コメント

一昨日(旧暦涅槃会の日)慈雲尊者ゆかりの寺を参拝できました。その2

2013-03-28 | 講員の活動等ご紹介
2、野中寺の次は、高貴寺に参拝しました。 高貴寺は役行者が葛城山中に法華経二十八品に配して二十八寺を建立したうちの一宇です。当時は香花寺と称したようですが弘法大師巡錫の折、高貴徳王菩薩を感得され以来高貴寺と称するとされます。大師は自ら五大明王、弁財天様を彫り出されています。 慈雲尊者は1773年(安永2年)から1804年(文化元年)87歳で京都で遷化されるまで30年間当寺に住まわれました。尊者 . . . 本文を読む
コメント

昨日(旧暦涅槃会の日)慈雲尊者ゆかりの寺寺をお参りできました。その1。

2013-03-27 | 講員の活動等ご紹介
昨日三月二十六日は旧暦の二月十五日に当たりお釈迦様入滅の日でもありましたがこの日縁あって花冷えの中、大徳の方々の驥尾に付して慈雲尊者ゆかりの野中寺、高貴寺等を参拝でき感無量でした。慈雲尊者に惹かれて数十年、昨年は悉曇免許も師から頂いたうえ、このようにありがたい法縁に浴することができ改めてありがたさに涙した日でもありました。あまりのありがたさに概要を記録しておき今後駑馬を打つ鞭にすることといたしまし . . . 本文を読む
コメント

華厳経から

2013-03-27 | お大師様のお言葉
華厳経世間浄眼品「・・衆生の大海は広くして限りなきもことごとくよく具足してその心を知り、衆生の知恵海を開発す、・・如来は普く為に世に出興したまひ、偏く十方を照らして悉く余すことなし。・・無数劫海のうちに難行苦行するは衆生のためなり。・・」 . . . 本文を読む
コメント

Q、聖徳太子の御真言は?(修正版)

2013-03-27 | Q&A
聖徳太子御遺跡霊場会事務局の四天王寺に聖徳太子のご真言を確認したものに 河内叡福寺の拝み方(ご住職指導)を付け加えておきます。 . . . 本文を読む
コメント (1)

Q,四十九日の法要はなぜ大切といわれるのですか?

2013-03-27 | 法話
Q,四十九日の法要はなぜ大切といわれるのですか? A,お経に死後四十九日の追善供養により故人の受ける福分がきまってくるとされているからです。 出典をあげます。 佛説灌頂隨願往生十方淨土經卷第十一に「普廣菩薩復佛に白して言さく、『若し四輩の男女善く法戒を解し、身の幻の如くなるを知りて精勤修習して菩提の道を行じ、未だ終らざるの時に逆修三七(21日間)燈を然(もや)し、明を續ぎ、旛蓋を懸け、衆僧を . . . 本文を読む
コメント

宇宙の変化する理由

2013-03-25 | 法話
宇宙の変化する理由・・華厳経解説(国訳大蔵経解説)から . . . 本文を読む
コメント

桜が例年より早く満開です。24日は桜の満開の日でした

2013-03-25 | 法話
満開の桜に触発されて桜の歌などおもいつくままに書いておきます。桜は古来 道を求める人も多く詠んでいます。 「 白雲とまがふ桜にさそはれて心ぞかかる山の端ごとに・・藤原定家」 「この頃は山の端ごとにゐる雲の たえぬや花のさかりなるらん・・洞院公賢」 「吹く風を勿来の関と思えども 道もせに散る山桜かな・・源 義家」 「吉野山さくらが枝に雪ちりて花おそげなる年にもあるかな・・西行法師」 「おしなべて花 . . . 本文を読む
コメント