福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。忘年会あり、参加者は中塚さんまで連絡してください。
2018年
1月20日(土)、15時護国寺。
2月17日(土)、15時護国寺。
3月17日(土)、15時護国寺。
4月21日(土)、御大師様の日、15時護国寺。
5月19日(土)、15時護国寺。
6月16日(土)、15時護国寺。
7月21日(土)、御大師様の日。15時護国寺。
8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。

福聚講・今日の言葉

2016-03-30 | 法話
人はただ、己にのみ厚くして、他人に恵むことを知らない。しかし栄華の時勢は永続せず忽ちに過ぎ去る。だから人は健全な時に道を求め、永遠の生を願うべきである。道を求めることを他にしてどんな頼み、どんな楽しみがあろうか。ところが人々は善いことをすれば楽を得、道にかなったことをすれば道を得るということを信じない。また施せば幸を得るということを信じない。只誤った考えだけを持ち、道も知らず善も知らず、心が暗くて . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2016-03-29 | 法話
人の性質はわかりにくいが、区分して次の四種類とする。 ㈠みずから苦しむ人。 ㈡他人を苦しめる人。 ㈢みずから苦しむとともに、他人をも苦しめる人。 ㈣自らも苦しまず、他人をも苦しめない人で、欲を離れて安らかに生き、仏の教えを守って不殺生・不偸盗・不邪淫を護る人。(仏教聖典、かんだらか経) . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2016-03-28 | 諸経
汚れた心からは汚れた世界が現れ、清らかな心からは清らかな世界が現れる.華厳経 . . . 本文を読む
コメント

神・儒・仏・道・基一体論

2016-03-27 | 法話
神儒仏道基一体論 1、儒仏道は一体であること。 大師は三教指帰で「儒童,迦葉はならびにこれわが朋なり」(仏は迦葉を遣わして老子とし、儒童(注)を遣わして孔子として教化せしめた。とおっしゃっています。(注、儒童とは、雪山童子のこと。『涅槃経』 に説かれる釈尊の前生。身投げして帝釈天から、「諸行無常、是消滅法、消滅滅已、寂滅為楽」 を聞いた。) 2、神仏は一体であること。 大師は嵯峨天皇と密教と神 . . . 本文を読む
コメント

四国88カ所遍路の旅~その九~

2016-03-23 | 講員の巡礼(お四国他)ほか投稿
四国88カ所遍路の旅~その9~51番札所 石手寺 . . . 本文を読む
コメント

財力無くして利他行を行ずる方法

2016-03-22 | 法話
他者を助けるには、財力がどうしても必要な場面が多々あります。東日本大震災の犠牲者中の方々を支援するにも、チベット支援、シリア難民支援にしても必ずいくばくかのお金を必要とします。ここで財力によゆうのないときは吾ながら情けなく思いつつ支援をあきらめることがあります。しかしお経には「財力がなくても利他行ができる」と書いてありました。 大日経巻七には「もし勢力の広く饒益するところなければ、法に住して但し . . . 本文を読む
コメント

あるお大師様信者の述懐

2016-03-21 | 法話
「私は長年お大師様を信仰しておりますが、いまだ大師の温顔を直に拝することはできぬけれども何となくお大師様が懐かしく慕わしくいつもお大師様の温かい慈悲の懐に抱かれているような気持ちがいたしております。 私は以前は何ものにも頼るものはありませんでした。しかるに最近は慈悲深きお大師様の懐に抱かれていると想えるようになりました。百万の味方を得たよりも力強き感じがします。 淋しい時にも、心配事の起こっ . . . 本文を読む
コメント

不条理ということ

2016-03-20 | 法話
先日高野山へ行く途中の新幹線で、ふと「不条理」とは何かと考えさせられました。 我々は、運命を「不条理」といい、生存競争を「不条理」といい、人生を「不条理」といいます。 しかし数学で難しい問題が解けなくても「問題が不条理」とは言いません。自分の能力のなさを反省するだけです。 神仏の目から見れば人生や運命は「不条理」ではないのかもしれません。神仏はわれわれに「不条理とみえる事象」の先を切り開かせようと . . . 本文を読む
コメント

本日の定例会模様

2016-03-19 | 開催報告/巡礼記録
護国寺は、あすをお彼岸の中日に控えて、曇り空の下緋寒桜がすでに八分咲で吹き流しに映えていました。 また山門には「遠州忌茶会」と大書されていて、今日は小堀遠州公をしのぶ茶会が行われているようでした。小堀遠州公は大名で茶人でしたが、正保4年2月6日(1647年3月12日)、69歳で逝去されています。是をしのんで各地で遠州忌茶会が催されるようです。護国寺でも茶会に参加されている和服姿の婦人がつれだって本 . . . 本文を読む
コメント

角田さんの「江戸三十三観音・東京十社巡拝記録第11回目」・・5

2016-03-18 | 開催報告/巡礼記録
角田さんの「第11回目の江戸三十三観音・東京十社巡拝記録」・・5 3月11日、私たちには、忘れることが出来ない東日本大震災の日が、巡ってきました。この日から、5年前の今日11日、東北地方に、大地震と大津波があり、犠牲者は、15,894人にのぼり、いまだに、行方がわからない2,561人の人がいます。この自然災害に加えて、東京電力福島原子力発電所が、被災して、原発事故が発生、未曾有の悲惨な災害が . . . 本文を読む
コメント

角田さんの「江戸三十三観音・東京十社巡拝記録第11回目」・・4

2016-03-17 | 開催報告/巡礼記録
角田さんの「第11回目の江戸三十三観音・東京十社巡拝記録」・・4 この日最後の札所、高野山東京別院に向います。午前11時50分。目的地に着きました。 江戸三十三観音霊場第29番 高野山東京別院(東京都港区高輪3-15-18) 本尊 弘法大師 札所本尊 聖観世音菩薩 宗派 高野山真言宗 「生かせ命、高野山真言宗」と白地に墨で書かれた、塀代わりの看板が目に着く東京別院。高野山だけあって、広大な敷 . . . 本文を読む
コメント

高野山参拝報告

2016-03-16 | 講員の活動等ご紹介
 昨日15日と今日16日お大師様の日の1週間前ですが恒例の高野山参拝をさせていただきました。高野山は前日に降ったという雪が数センチ積もっていて朝は零下でした。  いつものように朝四時半ころ一の橋から御参りをさせていただきましたが、まだ真っ暗でした。参道も一の橋からはいってすぐ灯篭の明かりがなくなり漆黒の闇となってしまいます。自分の下駄の音だけが参道に響いて不気味でしたが闇の中ではまったく手探りと . . . 本文を読む
コメント

角田さんの「江戸三十三観音・東京十社巡拝記録第11回目」・・3

2016-03-16 | 開催報告/巡礼記録
角田さんの「第11回目の江戸三十三観音・東京十社巡拝記録」・・3 午前11時10分、江戸三十三観音霊場第25番札所魚籃寺を暇乞いします。同寺のすぐ隣りに、「銘三郎 御箭調製・長谷川弓具店」があることが、妙に懐かしく、嬉しい思いに浸されます。いまどき、珍しいのではないかと。そして、5分もかかるかかからないかでこの日、第三番札所である、道往寺に来ました。   江戸三十三観音霊場27番札所 一声院  . . . 本文を読む
コメント

角田さんの「江戸三十三観音・東京十社巡拝記録第11回」・・2

2016-03-15 | 開催報告/巡礼記録
角田さんの「第11回目の江戸三十三観音・東京十社巡拝記録」・・2 第二番札所 江戸三十三観音霊場第25番札所 三田山 水月院 魚籃寺(東京都港区三田4-8-34) 本尊 魚籃観世音菩薩 宗派 浄土宗- 斎海寺から、歩くこと10分余りで、魚籃寺に着きます。真っ赤な派手な山門が眼を引きます。向って左側に、六体のお地蔵様が並び、迎え入れてくださいます。山門から本堂に向かう境内は、かなりの広さがあり、敷 . . . 本文を読む
コメント

角田さんの「江戸三十三観音・東京十社巡拝記録/第11回」・・1

2016-03-14 | 開催報告/巡礼記録
角田さんの「江戸三十三観音・東京十社巡拝記録第11回」・・1 寒さの峠を越したような冬が去り、待ちに待った春の足音が聞こえてくる陽気になりました。講員の皆様始め、皆さんいかかがお過ごしですか。福聚講(高原耕講元)は、3月6日(日)第11回目の江戸三十三観音・東京十社巡拝行を行いました。この巡拝行も、残すところ、来月4月に予定されている第12回の巡拝行を以って、めでたく結願するところまできまし . . . 本文を読む
コメント