福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年
1月20日(土)、15時護国寺。新年会予定あり。中塚さんに聯絡してください。新年会詳細のご案内
2月17日(土)、15時護国寺。
3月17日(土)、15時護国寺。
4月21日(土)、御大師様の日、15時護国寺。
5月19日(土)、15時護国寺。
6月16日(土)、15時護国寺。
7月21日(土)、御大師様の日。15時護国寺。
8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。

Mさんから岡崎天満宮の奇跡の記事を紹介いただきました。

2015-02-27 | 法話
Mさんから岡崎天満宮の奇跡の記事を紹介いただきました。岡崎天満宮のご了解を得たのでここに転載させていただきます。この記事を見て私も最近あることで天満宮にお参りしていますが自分の自己中心すぎる心得違いを気付かされました。 . . . 本文を読む
コメント

今日は天神様おおです。

2015-02-25 | 法話
2月25日は菅原道真公のお亡くなりになった日です。道真公は承和12年6月25日(845年8月1日)にお生まれになって延喜3年2月25日(903年3月26日)にお亡くなりになったので25日は天神さまの日とされます。 天神さまは古来多くの人の信仰を集めてきましたがそれにはそれだけの霊験があったからです。塙保己一は北野天神さまへ千巻心経をあげ群書類従を完成させました。私のような愚物も昨年来近くの谷保天神 . . . 本文を読む
コメント

今日は聖徳太子の日です

2015-02-22 | 法話
・22日は聖徳太子の日です。太子は推古天皇30年(622年)妃・膳大郎女が2月21日に没した後を追うようにして翌22日、薨去されました。 ・聖徳太子ゆかりの広隆寺・法隆寺では3月22日、四天王寺等では4月22日に聖徳太子の遺徳を偲ぶ法会が行われているようです。 ・太子は自ら『三経義疏』を著し、十七条憲法では 「二に曰く、篤(あつ)く三宝を敬へ。三宝はとは仏(ほとけ)・法(のり)・僧(ほうし) . . . 本文を読む
コメント

聖徳太子のご真言

2015-02-22 | 諸真言
今日は聖徳太子様の日です。太子は、敏達天皇3年1月1日(574年2月7日)生まれで推古天皇30年2月22日(622年4月8日)に薨去されています。 . . . 本文を読む
コメント

今日の講の記録をIさんが作ってくださいました

2015-02-21 | 開催報告/巡礼記録
今日は御大師様の日(明日は聖徳太子の日)です。ありがたい日に福聚講のお参りを護国寺で行いました。 晴天で春を呼び起こすような暖かい日でした。 いつものように、般若心経、観音経全巻をあげ、講員が交互に前でお焼香をしつつ諸仏のご真言をとなえました。最後に短時間ではありますが瞑想をし、お参りを終えました。  その後、飯田橋に移動し、懇親会となりました。高原講元より、護国寺を作った桂昌院の復元写真を見せて . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2015-02-19 | 法話
「自分の前世を知らない者は、ずっと子どものままだ 」 キケロ . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2015-02-17 | 法話
ある若い僧侶が阪神淡路ボランテアと四国遍路のあとで死んだとき、先輩の僧が言った言葉です 「彼は肉体を持っていてはできないような、もっともっと人の役に立つ、広くて深い仕事をしたかったのだろうなあ」 . . . 本文を読む
コメント

「お前を生んでよかった」といわれる生活を

2015-02-14 | 法話
先日久しぶりにゴミ拾いをしてるとき、突然亡き母が「お前を生んでよかった」といってくれた気がしました。大したことをしているわけではないのに我ながらオーバーな思い込みと思いましたが、要は亡き父母から「「お前を生んでおいてよかった」と思わるような生活を送るよう努めよ」と諭されたのかもしれません。  考えるとわれわれは神仏のお蔭でこの世に送り出されています。このご恩を生きているうちに返さなければなりませ . . . 本文を読む
コメント

内山興正老師の「不二命」と題する動画がありました。

2015-02-13 | お大師様のお言葉
内山興正老師は「思い手放し、ただ拝む。不二のいのちのいのちのままに」とおしゃっています。また「おがむことは自分を手放すこと、一度拝めばいいというものではなく、無限に拝んでいくのです。」ともおっしゃっています。「不二のいのち」 . . . 本文を読む
コメント

鈴木さんが福聚講 江戸三十三観音・東京十社巡拝案を作ってくださいました

2015-02-10 | 定例会のお知らせ
福聚講 江戸三十三観音・東京十社巡拝案 1回目 平成27年5月10日(日) 浅草エリア 1浅草寺(徒歩)2清水寺(徒歩)6清水観音堂 2回目 6月7日(日) 上野・神田・亀戸エリア 7心城院(徒歩)神田明神(電車)亀戸天神 3回目 7月5日(日)下町・日本橋・深川エリア 富岡八幡宮(電車)3大観音寺(徒歩)5大安楽寺(徒歩)4両国回向院 4回目 8月2日(日)文 . . . 本文を読む
コメント

福聚講・・今日の言葉

2015-02-08 | お大師様のお言葉
涅槃経第九に【 摩尼珠の如し 濁水に投ずれば水即ち為に澄む 大乗経典の如し 】 とあります。摩尼珠は濁水を澄ませる力があるといいますが、信仰もこの摩尼珠のように、自分の濁った心の中を澄ませる力を持っています。信仰なければ自分の心は濁ったままです。 . . . 本文を読む
コメント

福聚講・・今日の言葉

2015-02-06 | 法話
「まだ悪の果報が熟していないうちは、         悪人でも幸せに巡り合うことがある。         しかし悪の果報が熟したときには、         悪人はわざわいに巡り合うことになる。         まだ善の果報が熟していないうちは、         善人でもわざわいに巡り合うことがある。       . . . 本文を読む
コメント

福聚講・・・今日の言葉

2015-02-04 | 法話
小泉八雲「石仏」より 「・・・現代知識の全般的な傾向、なかんずく科学教育の全体的傾向は、古代インドのバラモンが言ったように、人たる祈る者は神仏という不可知なる者に近づくことはできないという最終的な確信に向かいつつある。私たち西洋人にも、「西洋の信仰」がいつかは永遠に滅びなければならないと考えている者も少なくない。それはちょうど最も優しかった母親が、子どもたちが成長した暁には、手放さなければならない . . . 本文を読む
コメント

「慈悲心」は身を守ることについて

2015-02-04 | 法話
以前裁判官が盗撮で弾劾裁判にかけられたことが報じられていました。一番身持ちの固いはずの法の番人が破廉恥罪で一生を台無しにするというのも哀れを催します。よく、各界のエリートといわれる人達が報道陣の前で頭を下げることがおきます。まさに「魔」が差したとしかいいようがありません。なぜこういうことが起きるのか?JSMワード著、浅野和三郎東大教授訳の『死後の世界』ではこの世で恨みを残している死者の魂が悪霊とな . . . 本文を読む
コメント

福聚講・・今日の言葉

2015-02-03 | 法話
殺害された後藤さんの残したことば「憎むは人の業にあらず、裁きは神の領域。」は実に古来からの聖典の句にも匹敵する重みのある句でした。 ・法然上人の父上、漆間時国公が敵に夜襲をかけられた時の遺言も「敵を恨んではいけない」「私の菩提を弔い、そなた自身も迷い苦しみを離れ、救われる道を求めて行きなさい」です。 ・ガンジーの「非暴力」の論文は「人が非暴力であると主張する時、彼は自分を傷けた人に對して腹を立 . . . 本文を読む
コメント