福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。
2018年
1月20日(土)、15時護国寺。
2月17日(土)、15時護国寺。
3月17日(土)、15時護国寺。
4月21日(土)、御大師様の日、15時護国寺。
5月19日(土)、15時護国寺。
6月16日(土)、15時護国寺。
7月21日(土)、御大師様の日。15時護国寺。
8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。

護国の仏教(大山公淳師)

2017-08-31 | 護国仏教
大山公淳師の護国の仏教という論文がありました。 . . . 本文を読む
コメント

「古事類縁」にみる地震予知法

2017-08-31 | 法話
震雷考説 一爰に今年安政二卯十月二日亥の上刻ばかりに、いかなる狂津日の惡ことにや、江戸、のちんじ、昔より國々の大地震にくらぶれば、山も崩れず川も溢れず、さのみの事にはあらねども、〈◯中略〉人數の多きことはかりしられず、繁花の地のならひにて、家々の造作は花やかを先とし、火災の防ぎ專一なれば、土藏瓦屋のみ多し、アヽ入船の順風は出船の逆風にて、出火の時は利有といへども、地震には聊益なく、たま〳〵板 . . . 本文を読む
コメント

霊訓・・・W・Sモーゼス(浅野和三郎訳)より

2017-08-31 | 法話
霊訓・・・W・Sモーゼス(浅野和三郎訳)より ・・・非命の死と罪悪――地の世界には、週期的に争闘が起るものであるが、霊的眼光を以もってこれを考察すれば、畢竟ひっきょうそれは善悪の霊と霊との争闘である。すべて世の乱れるのは、未発達なる霊魂の数が不釣合に多くなった時で、従って大きな戦争の直後は、人心の悪化が、特に目立ちて強烈である。他なし、多くの霊魂が無理に肉体から引き離されて帰幽するからで、つまり資 . . . 本文を読む
コメント

「日本はどういう国か」

2017-08-31 | 法話
結論は「日本は、大乗相応の神国である」ということです。「日域は大乗相応の地なり」とは親鸞上人が得た聖徳太子の夢告です。そして「大日本国は神国なり」とは北畠親房の「神皇正統記」の書き出しの部分です。また鈴木大拙「霊性的日本の建設」には「日本は天皇中心の曼荼羅国なり」とあります。この三つを合わせて「日本は、曼荼羅神国である」とするのが一番日本の真の姿を現していると思います。(大乗相応ということは曼荼羅 . . . 本文を読む
コメント

金光明最勝王経四天王護国品

2017-08-31 | 頂いた現実の霊験
聖武天皇は東大寺を世界的戒壇にするためにおつくりになりましたが、同時に護国の為に全国に国分寺国分尼寺をお造りになりました。此のもとになるのが、金光明最勝王経です。「・・金光明経の流布するところには一切の外敵を摧破する・・」と書いています。 「四天王(持国天、増長天、広目天、多聞天)すなわち座よりたちて・・・仏に白して言さく、『世尊、此の金光明最勝王経の未来世において若し国土ありて城、邑、聚落、山 . . . 本文を読む
コメント

日本の国土は神仏であるという事。

2017-08-30 | 法話
日本の国土は神仏であるという事。北朝鮮のミサイルが上空を飛びましたが、日本の国土は神仏であるということを改めて認識すべきと思います。これは奇矯の説ではありません。「日本精神の研究」で安岡正篤は「日本国土は神である」といいました(注1)。一方仏典にも「一切の国土に仏が宿る(華厳経/注2。維摩経注3)」とあります。 注1、日本精神の研究「・・日本と天皇我が建国の由来を尋ねて先ず敬虔の情を覚えるものは . . . 本文を読む
コメント

日本は明治以来、異常な惨禍を受け続けています

2017-08-30 | 法話
明治以来の日清・日露・太平洋戦争、関東大震災、広島・長崎の原爆、東日本大地震と原発事故、最近の度重なる異常気象や地震による大惨事、また来るべき南海トラフ地震や首都直下型地震、北朝鮮の脅威等、日本は明治以来、異常な惨禍を受け続けています。これだけ大惨事が続いているのは歴史上でも稀有のことです。 そしてそれぞれ無数の代受苦の犠牲者を生んでいます。 こうした犠牲者は生き残った我々日本人に警告と予言を与え . . . 本文を読む
コメント

お経は聞くだけでも功徳があります。十法行です。

2017-08-30 | お大師様のお言葉
お経は聞くだけでも功徳があります。お経の十の功徳を十法行といいます。 . . . 本文を読む
コメント

天災と国防 寺田寅彦

2017-08-30 | 法話
天災と国防 寺田寅彦 「非常時」というなんとなく不気味なしかしはっきりした意味のわかりにくい言葉がはやりだしたのはいつごろからであったか思い出せないが、ただ近来何かしら日本全国土の安寧を脅かす黒雲のようなものが遠い水平線の向こう側からこっそりのぞいているらしいという、言わば取り止めのない悪夢のような不安の陰影が国民全体の意識の底層に揺曳していることは事実である。そうして、その不安の渦巻の回 . . . 本文を読む
コメント

今日は御大師様が「沙門勝道の碑」を著された日です

2017-08-30 | 頂いた現実の霊験
「沙門勝道山水を歴て玄珠(げんじゅ、悟りを求める心)を瑩く碑並序 沙門遍照金剛撰」 蘇巓鷲嶽(そてんじゅがく、須弥山・鷲峯山)は異人(佛菩薩)の都するところなり。達水龍坎(だっすいりょうかん、龍の棲む池)は霊物ここにあり。夫れ境、心に従って変ず。心垢るれば境濁る。心は境を逐って移る。境しずかなるときは心ほがらかなり。心境冥会して道徳(絶対の働き)はるかに存す。 能寂(釈迦)常に居して利見し( . . . 本文を読む
コメント

今日は一粒万倍日です

2017-08-29 | 頂いた現実の霊験
今日は一粒万倍日です . . . 本文を読む
コメント

Q,お蔭を頂けている人といただけてない人の違いは?・・その2

2017-08-29 | Q&A
Q,お蔭を頂けている人といただけてない人の違いは?・・その2A,、「・・祈祷(祈り)の結果を思い煩うものには永遠に霊験は得られない」(那須政隆師(大正大学学長、真言宗智山派管長)「真言宗における加持祈祷の一考察」より)「真言祈祷の真の意としては、本不生空に住することが肝要であって、その天地に至ればもはやすべてが霊験として受け入れられ、そこでは霊験の有無は問題とならないのである。真に祈祷するものは( . . . 本文を読む
コメント

『こころの時間』のカールベッカー京大教授の言葉

2017-08-29 | 講員の活動等ご紹介
『こころの時間』のカールベッカー京大教授の言葉がありました。 日本人の「心の力」は死を恐れないところからきていた。 . . . 本文を読む
コメント

北朝鮮からミサイルが発射され北海道上空を通過

2017-08-29 | 頂いた現実の霊験
先ほど北朝鮮からミサイルが発射され北海道上空を通過しました。破壊措置もできず,アメリカは北米に脅威はないと静観の構えです、背筋が凍りつきました。大国難がおこりました。僧侶は祈る事しかできません。今日8月29日は弘安の役で日本軍の奮闘と日本中の神仏への祈りで蒙古軍が壊滅した日でもあります。観音経には「呪詛諸毒薬 所欲害身者 念彼観音力 還著於本人。或遇悪羅刹 毒龍諸鬼等 念彼観音力 時悉不敢害。若悪 . . . 本文を読む
コメント

今日8月29日は弘安の役で蒙古軍が壊滅した日です

2017-08-29 | 頂いた現実の霊験
今日8月29日は弘安の役で蒙古軍が壊滅した日です。 弘安の役は 弘安4年5月21日(1281年6月16日)に蒙古軍が14万の大軍で博多に来襲したのに始まり、同年閏7月7日(8月29日)に日本軍の応戦と暴風のために壊滅しています。 興正菩薩叡尊の伝記である「金剛仏子叡尊感身学正記」の記述によると、「・・・弘安四年(1281年)辛巳(叡尊)八十一歳、七月廿二日、浄住寺に参る。行阿比丘了意房先立ち入寺す . . . 本文を読む
コメント