福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年
1月20日(土)、15時護国寺。新年会予定あり。中塚さんに聯絡してください。新年会詳細のご案内
2月17日(土)、15時護国寺。
3月17日(土)、15時護国寺。
4月21日(土)、御大師様の日、15時護国寺。
5月19日(土)、15時護国寺。
6月16日(土)、15時護国寺。
7月21日(土)、御大師様の日。15時護国寺。10周年記念会を予定
8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。

聖人と狂人

2017-11-30 | 法話
聖人も凡情は催すが自己の本源を自覚してすぐ本に回復する。 「聖も人也。狂も人也。 ・・ただ聖たる所以のものはその自性を見得して明白なるを以てなり。喜・怒・哀・懼・愛・悪・欲の情、時に或は発すと雖も直ちに真浄明妙、一枚の大光と作して受用す。 其の狂たる所以の者は、自に其の性の明潔を知らず、故に利・衰・毀・誉・称・譏・苦・楽の風に漂溺せられ、七情交々相攻め、未だ始めより窮り有らず、卒に自己本有の光 . . . 本文を読む
コメント

十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・30

2017-11-30 | 頂いた現実の霊験
十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・30 第七章 第十二節、大日如来。    大日如来は純密教佛で密教古来の意味からいえば大日如来とは宇宙を人格的に見た呼称である。換言すれば唯一絶対の大日如来なる名を以て顕現したのである。大師は「世間の浅名を以て法性の深号を顕す」と仰せられた(般若心経秘鍵に「是れ則ち、大般若波羅蜜多菩薩の名なり、即ち是れ人なり。この菩薩に、法曼荼羅・真言三摩地門 . . . 本文を読む
コメント

真言安心勧善義その6

2017-11-30 | 真言安心勧善義
真言安心勧善義その6 加持のこと . . . 本文を読む
コメント

今日30日は一粒万倍日です

2017-11-30 | おすすめ情報
今日30日は一粒万倍日です . . . 本文を読む
コメント

佛経聖典(仏教伝道協会)の一文

2017-11-29 | 諸経
すぐれた徳 「この世は火宅であり安らかではない。人々は愚かさの闇につつまれて怒り嫉み嫉みあらゆる煩悩に狂わされている。赤子に母が必要であるように、人々はみなこの仏の慈悲にたよらなければならない。 仏は実に聖者の中の尊い聖者であり、この世の父である。だからあらゆる人々はみな仏の子である。彼らはひたすらこの世の楽しみにのみかかわり、その災いを見通す智恵を持たない。この世は苦しみに満ちた恐るべきとこ . . . 本文を読む
コメント

十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・29

2017-11-29 | 頂いた現実の霊験
・十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・29 第七章 第十一節、阿閦如来。    阿閦とは梵語でアキシュビヤで、翻訳して「不動」という。この尊は東方に位して菩提心を発することを司る。十三佛曼荼羅は密教の根本思想によって組織せられたのであるから、十三佛は大日如来の四方の眷属の中の南方不二の虚空蔵菩薩を中心として、第二番目修行の初位には北方釈迦如来を置き、修行の終位たる第十一番目には . . . 本文を読む
コメント

真言安心勧善義その5

2017-11-29 | 真言安心勧善義
平生勤行供養のこと・・・我また禅定に住すれば法界ことごとく禅定に住す・・・ . . . 本文を読む
コメント

手本になる人物が一人でもいれば その集団は千年輝くものになる

2017-11-29 | 頂いた現実の霊験
「彼(ウオルト・ホイットマン、『草の葉』の作者)の好きな仕事は、一人で戸外をぶらぶらと当てもなく歩き回って、草や花や日向の並木や変化する空の様子を眺めたり、鳥やコオロギや、雨蛙や、そのほか限りない自然の音響に耳を傾けることであった・・実際ウオルターホイットマンほど多くのものを好み、僅かなものしか嫌わなかった人間はかってなかったであろう。・・彼は彼の出会う男、女、子供のすべてを好いているようにみえた . . . 本文を読む
コメント

十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・28

2017-11-28 | 頂いた現実の霊験
十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・28 第七章   第十節、 阿弥陀如来。 我が国民で「南無阿弥陀仏」を口にしない人は一人もいないと断言してもよい。阿弥陀如来は浄土門から見たら四十八願をたてた極楽浄土の教主で唯一絶対であろう。しかし密教の見地から見れば金胎両部曼荼羅で各の西方に位されて蓮華部の教主で衆生の無量無辺なるを救済したまうのである。(胎蔵曼荼羅では中台八葉院で西方に無 . . . 本文を読む
コメント

真言安心勧善義その4

2017-11-28 | 真言安心勧善義
慈悲は佛心たる之こと・・・ . . . 本文を読む
コメント

今日は親鸞聖人ご入滅の日です

2017-11-28 | 法話
今日は親鸞聖人ご入滅の日です。「弘長2年(1262年)11月28日 、押小路南 万里小路東にある実弟の尋有が院主である「善法院 」にて、享年90(満89歳)をもって入滅。臨終は、親鸞の弟の尋有や末娘の覚信尼らが看取った。遺骨は、鳥部野北辺の「大谷」に納められた」(ウキペヂア)とされます。東本願寺では21日から28日まで報恩講を営んでいます。不十分な知識ながら、親鸞聖人はわれわれに『業』のどうしよう . . . 本文を読む
コメント

十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・27

2017-11-27 | 頂いた現実の霊験
十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・27 第七章 第九節、 勢至菩薩。勢至菩薩は観音菩薩と共に阿弥陀如来の両脇侍である。観音菩薩の蓮華は開いているが勢至菩薩の蓮華は蕾である。勢至菩薩は我々に菩提心を発せよう発せようという誓願であるから左手に蕾の蓮華をもって右手でその蓮華を開かせようという姿勢をしてござる。勢至菩薩は「因」で観音菩薩が「果」である。勢至菩薩の名について観無量寿経では . . . 本文を読む
コメント

仏教大原理(釈雲照)・・27

2017-11-27 | 法話
Q、十念も十善戒も同じく往生の素懐を遂げ得るということならば殊更にこの十善戒を主張する意味はなにか? A,念仏門の十念は十悪を制せず、品行を問わず、ただ阿弥陀仏の本願に任すというもの。こちらの十善戒はまず品行を正し、十悪を制し、よく彼岸に到達るというもの。・・昔は戦乱のため品行戒行を問うに暇あらず。その故に臨終正念・十念相続を説いた、しかし平時に於いては万国競って品行道徳を仰ぐ。しかるに今の仏者 . . . 本文を読む
コメント

真言安心勧善義その3

2017-11-27 | 真言安心勧善義
・・・達磨大師九年面壁これ何のためぞや。弘法大師塩穀を断ちて冬夏をすごしたまへること、これ無益のこととせんや・・・諸仏諸祖を明鑑として悟れる上もいよいよ修行肝要なり . . . 本文を読む
コメント

十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・26

2017-11-26 | 頂いた現実の霊験
・十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・26 第七章 第八節、 観音菩薩、 わが国で最も広く行われている信仰は観音信仰である。歴史的にも奈良時代から今日まで、地域的にも西国・秩父・坂東三つの三十三観音霊場がある。而して阿弥陀如来の信仰には観音・勢至の両脇侍としての観音信仰が付随している。 胎蔵曼荼羅の観音院には三十七尊いましてその他の院にも千手観音等はある。観音様の異像も多い。 . . . 本文を読む
コメント