福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年
1月20日(土)、15時護国寺。新年会予定あり。中塚さんに聯絡してください。新年会詳細のご案内
2月17日(土)、15時護国寺。
3月17日(土)、15時護国寺。
4月21日(土)、御大師様の日、15時護国寺。
5月19日(土)、15時護国寺。
6月16日(土)、15時護国寺。
7月21日(土)、御大師様の日。15時護国寺。
8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。

不条理を論う者あれば、逆に自己錬磨の種とする者もいる

2018-01-16 | 法話
「すべて手を挙げるのも、足を動かすのも、物を見るのも、考えるのも、もとごとく 「生」そのものの動きであり、働きであるとともに、それは常に上下とか、高低とか、前後とか、左右とか、進退とか、遅速とか、さては見るものと見られるもの、考えるものと考えられるものとうように、いずれも矛盾対立(不条理)を離れることはできない ・・・この天地間のありとあらゆる一切のものは、何一つとして、矛盾対立を包蔵して居らぬも . . . 本文を読む
コメント

ラフカデオハーン「神国日本」より

2018-01-16 | 法話
ラフカデオハーン「神国日本」によれば、以前、日本の家庭は無数の神様、仏様のおられる神聖な場所でした。又職業も神様に見守られていました。こういう日本国を再構築すべきでしょう。 「・・日本人は、その職業がなんであるにしろどの神かが(その職業を)支配していた。どんな道具を使用するにしろその道具はその技芸技術の祭祀に加入している人たちに許されている慣習に従っての作法通りの使用法で用いなければならなかった . . . 本文を読む
コメント

今日は慈覚大師円仁ご入滅の日です。

2018-01-14 | 法話
今日は慈覚大師円仁ご入滅の日です。 慈覚大師円仁は延暦13年(794年)生まれ で貞観6年1月14日(864年2月24日))に入滅されています。第3代天台座主です。若き日、不治の病を法華経の写経により霊夢を見て完治した円仁は横川の根本如法堂を建立しています。43歳から渡唐をはじめやっと45歳で入唐、54歳で帰国。招来した仏典は五八四部八〇二巻に及び、金剛界胎蔵界の両界曼荼羅などの密教法具を持ち帰 . . . 本文を読む
コメント

共業と不共業

2018-01-14 | 法話
「・・業はいろいろに説かれているがその実態をとらえることはむつかしい。業とはkarmanである。「為す」という動詞から転化した名詞である。行為、作用、活動などの意味から転じて仕事、義務、結果、宗教的行事まで含まれている。到底ほかのことばに翻訳することはできない。西洋の哲学者もいろいろ苦心してみたが成功せず、karmanがそのまま現代のヨーロッパ語になっている。 業は非常に意味が広い。・・自然現象 . . . 本文を読む
コメント

朝比奈宗源師の見性『死んでも死なない』

2018-01-13 | 法話
仏心とはすべてを包んだもの、其の中に我は生き、我は死ぬが一体なるが故に生も超え、死をも超えることができる。俺は其の中に生きていたんではなく、すべてのなかに俺がいたのだ。すべてのものが俺であり、そういう俺がすべてのものだった。・・」 . . . 本文を読む
コメント

信心について

2018-01-09 | 法話
信心について仏教学者安田理深 は「信心は生死を超えておる」といっています。我々が迷うのは「信心」を「生死(自分のこと)」の後に持ってくるからでしょう。 . . . 本文を読む
コメント

月照上人の十善戒和歌

2018-01-09 | 法話
月照上人の十善戒和歌 月照は、文化10年(1813年)に生まれ、安政5年11月16日(1858年12月20日)西郷と共に錦江湾で入水しています。清水寺住職で法相宗の学僧でした。 ずっと以前、木南卓一先生から戴いていた月照上人の歌のプリントが出てきました。不妄語戒の和歌を見るとさもありなんという気もします。 「十善戒和歌 第一慈悲不殺生戒、ならへ人、雨にながるる山蟻をすくひていのちながきためしに。 . . . 本文を読む
コメント

磨いたら磨いただけの光あり、性根玉でもなんの珠でも

2018-01-07 | 法話
かなり以前ですが残念な出来事が続けておこったことがあります。そのうちの一つについては一か月以上前から加持祈祷をしていましたがその甲斐もなく・・という残念至極な結果でした。昔ならば「なんだ、なんだ、神仏はおわしてもやはり我々には関係なかったのだ」と反抗的になる所でした。しかし今回は違いました。考え方が一皮も二皮も剥けてきて、なんら神仏を恨む気持ちは出ず、むしろより深く懺悔しつつ拝めるようになりました . . . 本文を読む
コメント

『人法二空』の立場こそ、大乗の世界観の核心である。

2018-01-07 | 法話
「大乗仏教の根底には『空』の思想がある。特に我(主体的存在)の空のみでなく、法(客観的存在)の空をも説いたことが部派佛教とは決定的にことなる点であった。『我空法有』に対する『我法俱空』あるいは『人法二空』の立場こそ、大乗の世界観の核心である。・・主体的存在として構想されている我も、事物を構成する要素的存在として想定されている法も、一切はなんら本体を持つものではなく、空・無自性で、ゆえに仮のもの、幻 . . . 本文を読む
コメント

今日1月7日は本願寺顕如の誕生された日です。

2018-01-07 | 法話
今日1月7日は本願寺顕如の誕生された日です。 顕如は、戦国時代の浄土真宗本願寺派第11世宗主、真宗大谷派第11代門首。。天文12年(1543年)1月7日、本願寺第10世・証如の長子として誕生。石山本願寺住職として仏敵織田信長と対峙、元亀元年(1570年)から天正8年(1580年)まで10年間佛敵信長と石山本願寺合戦を繰り広げます。なかなか痛快です。本能寺の変後は秀吉の庇護の下に入ります。 . . . 本文を読む
コメント

「悪因縁切」は自らの六波羅蜜・十善戒から

2018-01-06 | 法話
生きているといろいろなことが起こります。いわゆる「不幸」です。大般涅槃經・出曜経等では、八苦といって「生老病死、愛別離苦、怨憎会苦、求不得苦、五陰盛苦」を我々の「苦」として提示します、こういうとあまり生々しさが感じられませんが生の人生ではこれらの一つ一つの「苦」つまり現代語で言うと「不幸」がとんでもない生々しさ重さを伴って襲ってきます。そしてこの「苦・不幸」からは誰も遁れることはできません。大般 . . . 本文を読む
コメント

悪心を起こしただけで凶神が来ます

2018-01-06 | 法話
「冥の照覧」 愚迷発心集(解脱上人)に「「自ら人目を慎むといえども全く冥の照覧を忘る。まれに一善を勧むといえども多く名聞の思いに穢さる」とは、冥は仏陀諸天善神を指す。たとえば明らかなる處より闇に臨まば見ること能わず、冥所はよく明らかなるを照見するがごとし。凡夫は幽冥の境を見ず、幽義は能く凡夫をみそなわしたまふ。これを照覧といふ。夫れ、もの皆微なるより大なるはなく、隠れたるより顕なるはなし。・・太上 . . . 本文を読む
コメント

「霊魂不滅」か?

2018-01-04 | 法話
・「霊魂不滅」というが、「個々人の愚かな「迷いの心」は霊魂とは言わない、「霊魂」とは人の心の最深にある「宇宙の本心」あるいは「仏性」とでもいうべきもの。したがって不滅なのは当たり前。これは本来すべての生きとし生けるものに備わっているので、この「宇宙の本心即ち仏心」を苦労して何とか探し当てて「これぞわが心である」と自覚することが般若心経の「不生不滅」ということ。(T師) . . . 本文を読む
コメント

昨夜は十六夜でした

2018-01-04 | 法話
今年は2日が満月で昨夜が十六夜でした。毎晩庭が明るく驚かされます。 昨夜などは庭が白く見えて雪が降っているのか、とさえ思わされました。 月光は幻想的なもので照らされた地上は雪とか霜が降っているように思わされます。 「弾く琴の 音(ね)のうちつけに月影を 秋の雪かとおどろかれつつ(貫之集)」とか 「牀前 月光を看る 疑うらくは是れ地上の霜かと・・. (李白・「静夜思」)」 「あかあかやあかあかあかや . . . 本文を読む
コメント

一の鳥居・二の鳥居・三の鳥居

2018-01-03 | 法話
雙龍大和上(慈雲尊者)垂示より 「・・鳥居といふは・・彼の名無の雉が天稚彦の住みたまひける門の前の湯津杜の梢に居たるのより、すべての神門を鳥居という。 (高皇産靈尊は、天稚彦が高天原に帰ってこないことを怪しみ 名無の雉を遣しこれを伺う。雉は飛び降り、 天稚彦の門前に植っている「湯津杜木」の杪に止まる。のち名無の雉は天稚彦に射殺されるがその矢は天から投げ返され天稚彦にあたり即死する。日本書紀) い . . . 本文を読む
コメント