福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年

・10月21日(土)お大師様の日、定例会、14時護国寺。16時高野山東京別院
・11月18日(土)観音様の日、定例会、15時護国寺。
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。

福聚講・今日の言葉

2017-03-31 | 諸経
「仏になるにいとやすきみちあり。もろもろの悪を作らず、生死に著するこころなく、一切衆生のためにあわれみふかくして、かみをうやまひ、しもをあはれみ、よろずをいとふことなく、ながふことなくして、心におもふことなく、うれふることなき、これを仏となずく、またほかにたずぬることなかれ。」正法眼蔵 . . . 本文を読む
コメント

等しく皆仏性があるのにどうして差別があるのか?

2017-03-31 | 法話
我があると考えるのは、ないものをあると考える、さかさまの見方であり、仏性を認めないことも、あるものをないと考える、さかさまの見方である。・・「我」は迷いに導くものであり、「仏性」はさとりに至らせるものである。・・それなら人々は皆この仏性を備えているのにどうして貧富等の差別があり、殺したり欺かれたりするような厭わしいことがおこるのか?これは例えば、力士が眉間に金剛の珠を飾ったまま相撲を取って、その額 . . . 本文を読む
コメント

華厳経から・・・31

2017-03-31 | 諸経
華厳経巻十一夜摩天宮品第十六「・・心は巧みな絵師のようなものである、一切世界の中で作りださないものはない。心と仏と衆生、此の三者は全く同じことを言っているに過ぎないのである。諸仏は一切は心が造り出しているのだとご存知である。もし心がすべてをつくり出していると覚ることができればその人は真の佛を拝することが出来る。心も身ではない、身も心ではない、こういうことが分って一切の仏事をなさば自由自在となる。も . . . 本文を読む
コメント

最近の思い

2017-03-31 | 法話
自分も過去からの無数の先祖のお陰で生まれてきているし、現在も無数の動植物を食べて生命をつなぎ、光合成により生じた空気を吸い、不思議な存在の水を摂取して生きている。そして例外なく死んでいく。自分を取り巻く山河・自然もお互いに影響しあい無限に変化してきており、やがてそれら載せている地球も他の惑星と同じように終焉を迎える。宇宙そのものもビッグバンを繰り返しているのかもしれない。こうしてみると自分も外界も . . . 本文を読む
コメント

観音様とはどういう御方か?

2017-03-31 | 法話
観音様の正体は? 深秘密の結論は「自分自身だ」ということです。 観自在菩薩冥応集(蓮体)に「観自在菩薩四重秘釈の事」として 「観音の奥義を釋するに四重あり。 ・一には、浅略釈、悲華経にいわく『過去恒河沙阿僧祇劫のときに、一人の転輪聖王あり名つ゛けて、無淨念王という三か月の間仏を供養す、王の第一の太子を不詢という、同じく三月仏を供養す、仏、記を授けたまは『汝天人および三悪道の一切衆生を観じて苦悩 . . . 本文を読む
コメント

釈雲照師「十善業道経講義」から・・その59

2017-03-31 | 諸経
「竜王、譬ば一切の城邑と聚落との皆大地に依りて而も安住することを得。一切の薬草と卉木叢林も亦皆地によりて 而も生長することを得が如く、此の十善道も亦復是の如し。一切の人天これによりて而も立し、一切の声聞と独覚の菩提と諸々の菩薩の行と一切の仏法と威く共に此の十善の大地によりて而も成就することを得るなり。」 さてこの結論に来たって竜王のために比喩をもって説かれるのである。・・大地がなければ城郭も聚落も . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2017-03-30 | 頂いた現実の霊験
「閑居友」の慶政上人が隠遁者の遁世行を語ったのはそれを語ることによって遁世者に結縁し、結縁によって救済を願ったものである。「かかるまには、ただかやうのひとのあとを思い出でてしたひかなしみて、心をやすめ侍ればせめてのむつましさに記しいれ侍ぬるべし」・・遁世者を切なく慕うことによってある安らぎを得ようとするのである。(日本人の心、相良亨)・・・という記事がありました。これを普遍すれば、我々が聖人のこと . . . 本文を読む
コメント

釈雲照師「十善業道経講義」から・・その58

2017-03-30 | 諸経
四無畏とは 一に一切智無所畏(一切のことを知らぬことはないから一切智無所畏という) 二に漏盡無所畏(一切の煩悩を除きつくさぬということはない) 三に説障道無所畏(障道に居ても安穏にして障へらるることがない) 四に説盡苦道無所畏(一切の煩悩を断じ盡して遺すところがない)のことである。 次に十八不法(十力・四無所畏・三念住・大悲)・・(この十善業道によって)十力と無畏と十八不共との一切の諸法を円満す . . . 本文を読む
コメント

華厳経から・・30

2017-03-30 | 諸経
華厳経巻十夜摩天宮菩薩品第十六「衆生は過去現在未来の中にいる。この過去現在未来の中の衆生は色・受・想・行・識の五陰によりて生じている、色・受・想・行・識の五陰は業によりて生じており、この業は心が生じさせているのである。心に因りて生じている外界は幻であり、衆生自体も幻である。世間は自ら作り出したものでもなく、他が作り出したものでもない。真実を知らないので衆生は生死を繰り返す。生死という世間に生まれ変 . . . 本文を読む
コメント

白骨の御文(御文章)

2017-03-30 | 法話
蓮如上人は今日、明応8年3月25日(1499年5月14日)、山科本願寺において85歳で遷化されました。 蓮如上人の有名な『白骨の御文(御文章)』です。 「夫、人間の浮生なる相をつらつら観ずるに、おほよそはかなきものはこの世の始中終まぼろしのごとくなる一期なり、さればいまだ万歳の人身をうけたりといふ事をきかず、一生すぎやすし、いまにいたりてたれか百年の形体をたもつべきや、我やさき人やさき、けふとも . . . 本文を読む
コメント

現世の姿だけでは運命はわからないということ

2017-03-30 | 法話
尼僧の告白(岩波文庫)にイシダーシ―という尼僧が告白する物語があります。 此の尼僧は前世には男であったが他人の妻を犯したために七生にわたって悲惨な運命を送らざるを得なかったがお釈迦様の下で修業して自己の前世を知り七生目に解脱できたという物語です。以下要約します。 「わたし(イシダーシ―という尼僧)の父は、長者であり、彼の独り娘として可愛がられました。 最初に多大な財の有る第一の家系の長者に嫁ぎ侍 . . . 本文を読む
コメント

華厳経から・・29

2017-03-29 | 諸経
華厳経巻十明法品第十四 「・・・佛子よ、菩薩摩訶薩は是のごとく諸波羅蜜を清淨にし、諸波羅蜜を滿足し、諸波羅蜜を不捨し、大莊嚴に乘じて悉く能く請う所の衆生を度脱し、一切を教化して善行を修習せしめ、悉く一切をして惡道を永離し、勤修精進して衆難を超出せしむ。 貪欲多き者には離欲觀を教え、瞋恚多き者には平等觀を教え、邪見多き者には因縁觀を教う。欲界の衆生には欲恚惡不善法を離るることを教え、色界の衆生には . . . 本文を読む
コメント

釈雲照師「十善業道経講義」から・・その57

2017-03-29 | 諸経
『竜王まさに知るべしこの十善は能くこの十力(以下に出る)と無畏と乃至十八不共との一切の仏法を円満することを得せしむ。この故に汝等応に勤めて修学すべし。』 十善業というは実に結構なことで世間出世権の功徳、一功善行というて是によりて無上菩提の功徳を円満する。無上菩提の功徳を円満すると仏の十力というて、菩薩にも羅漢にもない智力がある。無畏というておそれることのない徳が4つある。十八不共というて声聞縁覚菩 . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2017-03-29 | 法話
「座禅することは成仏することである。あるひとは『座禅しに来ておりますが成仏はしておりません』という。それは違う。盗人は人の者を取った瞬間に盗人じゃ。盗人じゃから人の者を取るのじゃ。是と同じで、成仏せぬと座禅はせぬものじゃ。座禅が成仏である。だからここで座禅しているとそのままそれが成仏である。」 「まだ永平寺の小僧にもならぬ頃、一人薄暗い本堂のなかで威儀を正して坐禅しておる私の姿を見て、いつも私をこ . . . 本文を読む
コメント

2日お参りの浅間神社ご本地等

2017-03-29 | 定例会のお知らせ
1、浅間神社は 「甲斐国志」巻之五十八に 「浅間明神 社記曰所祀木花開耶姫命なり・・垂仁天皇八年(己亥)正月始めて神山の麓に祭らる 今此処を山宮と称す 貞観七年(乙酉)十二月九日今の地に遷座あり・・・伊勢大神宮、若宮明神、橋立明神、荒尾明神、稲荷明神、六所明神、天神宮、愛宕権現、藤ノ森社、子持石等皆社中に祀る・・信玄社参の時一詠を遺せり 「移し植る泊瀬の花のしらゆふを掛てそ祈る神のまにまに」 . . . 本文を読む
コメント