福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年

・10月21日(土)お大師様の日、定例会、14時護国寺。16時高野山東京別院
・11月18日(土)観音様の日、定例会、15時護国寺。
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。

五輪九字明祕密釋・・31

2016-12-31 | 諸経
五輪九字明祕密釋・・31 問。諸教に三業の修善を以て往生業となす、今の宗の三密具足は其義如何。 法佛の三密は甚だ深細なり、 顯教の妙覺も知る所にあらず、 智身の六大は極めて玄廣なり、 密宗の圓智のみ獨り能く證す、 一道無爲の寂光の佛、 驚怖し希哉して言語を断つ、 三自本覺の帝珠の尊、 恭敬し證を棄てて眞覺を求む、 報佛の如來は默して答へず、 變化の善逝は祕し . . . 本文を読む
コメント

除夜の鐘について

2016-12-31 | 法話
除夜の鐘について 31日は日本国中のお寺で除夜の鐘が撞かれます。これは宋代にはじまったとされます。日本では鎌倉時代以降、特に禅宗の寺院で中国の寺院にならい朝暮の2回、108の鐘を撞くようになり、やがて室町時代の頃から大晦日の夜だけ撞かれるようになったものといわれています。   お大師さま(弘法大師)は、「鐘の知識を勧め唱うる文」(性霊集)の中で「一打鐘聲當願衆生脱三界苦得見菩提」と、「鐘を . . . 本文を読む
コメント

あすの修正会

2016-12-31 | おすすめ情報
正月には除夜の鐘に続き、各寺で修正会がおこなわれます。 「修正会」は「しゅしょうえ」と読み、正月に修される法会の意味です。法隆寺、西大寺等南都各寺院では修正会が盛大に行われてきました。「お水取り」で有名な東大寺の修二会もこれに相当します。 密教辞典では「正月に修する法会(二月を修二会という)。年頭にあたって国家安穏を修する。すでに奈良時代にあったが天長4年(827)東寺・西寺に四十九僧を招じて . . . 本文を読む
コメント

五輪九字明祕密釋・・30

2016-12-30 | 諸経
五輪九字明祕密釋・・30 (第十發起問答決疑門) 第十に發起問答決疑門とは、 問。五輪門に依る機に幾種かある。  答。二種の機あり。一に上根上智にして即身成佛を期す。二には但信行淺にして順次往生を期す。此の行者について亦た多あり。正しくは密嚴淨土に往生し、兼ねては十方淨土を期すあり。  問。何故ぞ大日を念誦して十方淨土の親因となるや。  答。此の五字の眞言は十方諸佛の總呪にして三世薩埵の肝心なり、 . . . 本文を読む
コメント

「除夜の鐘が騒音」という考えの愚かさについて

2016-12-30 | 法話
除夜の鐘が騒音という声があるというニュースが報じられていました。なんという罰当たりな考えでしょうか。鐘の功徳を改めて書いておきます。 ・お大師さま(弘法大師)は、「鐘の知識を勧め唱うる文」(性霊集)の中で「一打鐘聲、當願衆生、脱三界苦、得見菩提」と、「鐘をひとつ打つごとに、生きとし生けるものが欲界・色界・無色界のすべての苦しみから解脱し、安らかな悟りの境地を得ることを願え」と示されていいます。 . . . 本文を読む
コメント

「父母はわが家の神、わが神と心つくしていつけ人の子」

2016-12-30 | 法話
「父母はわが家の神、わが神と心つくしていつけ人の子」(本居宣長・玉鉾百首)  この歌は、本居宣長が「父母は我が家の神さま、自分をお守りしてくださる神さまとして、心を尽くしておつかえしましょう」と詠んだものです。 父母、祖父母、曽祖父母、高祖父母、五世の祖父母、六世の祖父母とたどっていき一番元までたどると天照大神に随従した神々にいたることになります。この尊属の流れの直近である父母を大切にするの . . . 本文を読む
コメント

五輪九字明祕密釋・・29

2016-12-29 | 諸経
五輪九字明祕密釋・・29 問。世間の眞言行者并びに道心者の但念の者を見聞するに未だ必ずしも皆な淨土に往生せず。何なる用心をもってか今度び往生の願を遂げんや。既に一念十念を以て往生の親因と説く、心あらん男女何ぞ往生の思ひを絶たんや。 答。多因縁あり。能く能く當に用心すべし。謂はく、或は眞言行を修し、或は但だ念佛を致し、他人の見聞を思うて佛陀の知見を信ぜず、是の行は順因にあらず。或は他人の恭敬を求めて . . . 本文を読む
コメント

華厳経・菩薩明難品(業も果報も実体はない)

2016-12-29 | 諸経
華厳経・菩薩明難品(業も果報も実体はない) そのときに文殊師利、宝首菩薩に問うて言う「仏子よ一切の衆生は四大(地水火風空)により成っているので悉く自分とか自分の物というものはないはずである。しかるに人々は、苦を受ける者、楽を受ける者、或るいは悪をなす者あるいは善をなす者、或は心がきれいな者があり、或は外面が綺麗な者あり、或は少しの報いを受け、或は多くの報いを受け、或は現世で報をうけるものあり或は . . . 本文を読む
コメント

和解の力

2016-12-28 | おすすめ情報
今日,安倍総理が真珠湾で演説し「和解の力」を説きました。之を聴き、この言葉の背後に「和を以て貴しとし、・・・」という聖徳太子以来の日本精神が無意識のうちに現れているのではないかと思いました。改めて十七条の憲法の関連すると思われる部分を抜き書きすると「一に曰く、和(やわらぎ)を以て貴しと為し、忤(さか)ふること無きを宗とせよ。人皆党(たむら)有り、また達(さと)れる者は少なし。或いは君父(くんぷ)に . . . 本文を読む
コメント

五輪九字明祕密釋・・28

2016-12-28 | 諸経
五輪九字明祕密釋・・28 (第九所化機人差別門) 第九に所化機人差別門とは、此の所化の機に於いて總じて二類あり。一には現身往生。二には順次往生。現身門においては又二の別あり。一には大機の即身成佛、二には小機の即身成佛。又二において各の二あり。利鈍別なるが故に。 謂はく大機の利根は直ちに法界體性の三昧に入って横に法界を観じて即身成佛す。所謂る一切衆生は本有の薩埵なり、法爾に普賢大菩提心に応住す。本有 . . . 本文を読む
コメント

第5回拡大関東一宮ほか巡拝~5の1~

2016-12-28 | 開催報告/巡礼記録
第5回拡大関東一宮ほか巡拝~5の1~ 駿河国一宮・富士山本宮浅間大社 . . . 本文を読む
コメント

第5回拡大関東一宮ほか巡拝~5の終~

2016-12-28 | 開催報告/巡礼記録
第5回拡大関東一宮ほか巡拝~5の終~ 伊豆国一宮 三嶋大社 . . . 本文を読む
コメント

今日28日は納めの不動の日です。

2016-12-28 | おすすめ情報
今日28日は納めの不動の日です。 以前福聚講でも、 一番の 雨降山 大山不動尊から三十六番の成田山 明王院 新勝寺まで関東36不動をお参りしましたが、こういうほとんどのお寺で納めの不動のお焚きあげ等の行事が行われます。 . . . 本文を読む
コメント

五輪九字明祕密釋・・27

2016-12-27 | 諸経
五輪九字明祕密釋・・27  問。正成佛の一刹那之時に三密相應して成佛すと為さんや。爲當(はた)云何 。 答。正成佛之時は必定三密相應即身成佛也。  問曰。若し三密相應して即身成佛すといはば爲當(はた)云何。  答。彼の二行一行等によりて成佛すとは是れ正成佛之時にあらず。且(また)餘の二 行を修する不思議の加持力によるが故に忽に餘の二密等を出生して三密具足して即身成佛する也 。 問。何等の經論に分別 . . . 本文を読む
コメント

今日は大谷光瑞師の生誕された日です

2016-12-27 | おすすめ情報
大谷光瑞(鏡如)上人は、浄土真宗本願寺派本願寺明如宗主(第二十一世)の長男として明治9年12月27日誕生。妹は九条武子(柳原白蓮、江木欣々とともに大正三美人と称され、仏教婦人会や京都女子大を創設)。妻は大正天皇の皇后・九条節子の姉・籌子(かずこ)です。大谷記念館の記述によると「天資英邁にして気宇広大。28歳で二十二世の法灯を継ぎ、39歳で辞任するまで、視野を広く注ぎ、教団の国際化をはかるため、仏蹟 . . . 本文を読む
コメント