福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。忘年会あり、参加者は中塚さんまで連絡してください。
2018年
1月20日(土)、15時護国寺。
2月17日(土)、15時護国寺。
3月17日(土)、15時護国寺。
4月21日(土)、御大師様の日、15時護国寺。
5月19日(土)、15時護国寺。
6月16日(土)、15時護国寺。
7月21日(土)、御大師様の日。15時護国寺。
8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。

蒙古襲来時の温故知新・・その14(最終)

2017-10-23 | 護国仏教
八幡愚童訓まとめ 1、 我が国は古代に11回の侵略を半島から受けたが日本人は天神地祇の子孫であるからすべて神仏の力で撃退した 2、 神功皇后の三韓征伐は我が国をこのような度重なる侵略から守る為であり、此の時少人数の軍で遠征したが乾珠、満珠の力で海を満潮にしたり干潮にしたりして敵を溺れさせ降伏した。新羅国の国王は「以後日本の犬になり年貢を差し出す」と約束した。 3、蒙古襲来はそのころ日本人が澆季に流 . . . 本文を読む
コメント

蒙古襲来時の温故知新・・その13

2017-10-22 | 護国仏教
八幡愚童訓の続・・・それ佛神に悲智の二徳御坐す。悲門には科を宥めて柔和忍辱の衣を覆い、智門には悪を断じ降伏威怒の剣を振ふ。されば釈迦成道の初め、大法の鼓を打ち大法の法螺を吹いて「三千界の衆生は皆悉く参るべし」とありしかば、大自在天ばかりは「世界も中には我より増さるもの覚えず。我をば誰か召すべし。しかるべからず。」とおおいに怒り,ついに仏前に参らねば、世尊不動明王をお使いにして、「大自在天を降伏せ . . . 本文を読む
コメント

蒙古襲来時の温故知新・・その12

2017-10-21 | 護国仏教
八幡愚童訓より・・八幡様の起源 . . . 本文を読む
コメント

蒙古襲来時の温故知新・・その11

2017-10-20 | 護国仏教
八幡愚童訓より . . . 本文を読む
コメント

蒙古襲来時の温故知新・・その10

2017-10-19 | 護国仏教
八幡愚童訓より「・・思円上人、大願を立てられること有り。『我れ異国の太子と生まれて王位を継ぎ、合戦を止め、自他を安穏ならしめん』となり。今この上人の善行方便は大悲代苦の誓願にも増し、遊戯地獄の慈民に過ぎたり。深重の願望通りてや、異朝の王となり給うらん。彼の上人遷化の後は異賊襲来すること無りけり。」 . . . 本文を読む
コメント

蒙古襲来時の温故知新・・その9

2017-10-18 | 護国仏教
・・御託宣に宝亀四年二月二十五日『神というものは人のいつきいわいまつるに神徳は増すものぞ』とあるを以て如在の典礼を致し、崇敬の信心を成すならば、現当の念願成就円満すべきところに、身は懈怠不法にしてかりそめばかりの法楽、公事の参詣、なじかは神慮にかなうべき。しかるに我が咎をかえりみず利生の遅きと恨み申すぞ愚なる。・・ . . . 本文を読む
コメント

蒙古襲来時の温故知新・・その8

2017-10-17 | 護国仏教
八幡愚童記より・・ 叡尊(思円上人)や神官が石清水八幡で祈祷・舞楽を奉納すると狩尾明神の神風の託宣がありました。 . . . 本文を読む
コメント

蒙古襲来時の温故知新・・その7

2017-10-16 | 護国仏教
弘安の役では神社(御神体は権現様)で密教修法を行い、尊勝陀羅尼を誦し、御神楽も奉納しています。思円上人(叡尊)は舞殿で尊勝法を修しています。そして「相手は非道の者、こちらは二百五十戒を具し、神祇を敬い、五常(仁、義、礼、智、信)に随い十善を好む民族なのでくらべものにならないでしょう」と八幡大菩薩に願っています。 . . . 本文を読む
コメント

蒙古襲来時の温故知新・・その6

2017-10-15 | 護国仏教
弘安の役の模様。壱岐対馬では我が子の泣き声をおそれて『害す』ということが行われました。武士たちは敵わぬことを知りつつ勇敢に向かって行っています。食糧輸送も途絶え京都では餓死するまでになっています。 . . . 本文を読む
コメント

蒙古襲来時の温故知新・・その5

2017-10-14 | 護国仏教
降伏のこと、 さる程に夜明けぬれば二十一日朝、海の面を見やるに蒙古の船皆皆馳せ戻りけり。是を見て「こはいかに、此方は此方へ、彼方は彼方へ後合に落ることこそ心得へね。今日は九国に充満して、人種無く滅び死なんずと終夜こそ歎きしに、何とてかくは帰るらん。只事ならぬありさまかな。」と泣き笑いして、色出来り、人心ぞ付けにける。異賊の兵船一艘、鹿の島に懸りて、逃げやらで在りしにも、余に怖気て左右なく向かうもの . . . 本文を読む
コメント

蒙古襲来時の温故知新・・3

2017-10-12 | 護国仏教
『律苑僧宝伝』に蒙古襲来時の興正菩薩叡尊の祈祷がでています。 男山八幡宮で仁王会を開き、愛染明王法を修したとき、八幡宮の中から声がして「上人が外嫡を降さんがため大法を勤修するので吾まさに祐佐すべし。」と言い終わって一筋の光が社殿から西に向かって発したのち大嵐となり、九州では兵船数万隻が沈んだ、とあります。 『律苑僧宝伝』(近江國東方山安養寺の中興開山戒山慧堅(一六四九‐一七〇四)が、中國、日本に . . . 本文を読む
コメント

目的を持たぬ国

2017-10-09 | 護国仏教
エマソンはすでに150年以上前に、現代の大衆社会を目的を持たぬ社会(注1)といいましたが今の日本を見てもそのままそっくり当てはまります。こういう状況をとうに見通して安岡は「日本国土は神」であるといい(注2)、鈴木大拙は「霊性日本の建設」(注3)と喝破しました。 (注1「大衆は金持ちになりたがっている人間だ。これがこの階級の愚かしいところだ。苦労し汗水たらしてみても結局どこにも行きつかず、いっさい . . . 本文を読む
コメント

神道大意、・・・2

2017-09-17 | 護国仏教
神道大意、卜部兼直撰・・その2 心は則ち神明(かみかげ)の舍(みあらか、家)、混沌(まろかれたる)の宮なり。混沌まろかれたるとは、天地陰陽不分あめつちみぎのわいためなり。喜怒哀楽未発こころばえいまだおこらず、皆これ心の根本なり。心とは一神ひとつのかみの本もととするところなり。一神とは吾わが國常立尊くにのとこたちのみことといふ、國常立尊とは無形の形なきがごときのみかたち、無名の名なずくることなきの . . . 本文を読む
コメント

神道大意 兼直撰・・1

2017-09-16 | 護国仏教
神道大意 兼直撰(卜部兼直、鎌倉時代、吉田神道の神官、冷泉歌人ともいわれた、、吉田兼好の縁戚)・・1 それわが国は天地あめつちとともに神明顕座かみかげのあらわれまします故に、國を神の國といひ、道を神道かみのみちといふ。國とは千堺ちち゛のさかいの根本はじめなり。故に日本ひのもとといふ。天竺漢土は星の形なり、故に月氏つきのくに、震旦ほしのくに、といふ。日は大陽てるたま、月は陽てるたまの耦生たぐひなり . . . 本文を読む
コメント

金山穆韶師の「国家守護の念願」と題する一文がありました

2017-09-05 | 護国仏教
金山穆韶猊下は生涯肉食妻帯せず、清僧として行學兼備の生活を送られた終戦時の高野山管長です。哲学者の柳田謙十郎や「無手の法悦」の大石順教尼等が私淑しています。 「国難と弘法大師・・仏教は聖徳太子様によって日本に受け入れられ、太子の十七条憲法の第二条にはあきらかに仏教をもって日本の指導精神とすべきことを宣言せられてある。(「二に曰く、篤く三宝を敬へ。三宝はとは仏(ほとけ)・法(のり)・僧(ほうし)な . . . 本文を読む
コメント