福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。忘年会あり、参加者は中塚さんまで連絡してください。
2018年
1月20日(土)、15時護国寺。
2月17日(土)、15時護国寺。
3月17日(土)、15時護国寺。
4月21日(土)、御大師様の日、15時護国寺。
5月19日(土)、15時護国寺。
6月16日(土)、15時護国寺。
7月21日(土)、御大師様の日。15時護国寺。
8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。

般若心経の功徳

2017-12-14 | 頂いた現実の霊験
般若心経の功徳とは お大師様の「般若心経秘鍵」には「誦持講供すれば則ち苦を抜き楽を与え、修習思惟すれば則ち道を得、通を起こす。」とあります。(即ち現世利益も覚りもともにいただけるということです。) 訳経者の玄奘三蔵自身が印度への求法の旅の途中で悪鬼に襲われたとき般若心経を唱えて救われたとあります(大慈恩寺三蔵法師傳) 他のお経にも功徳が書いてあります。 「良家の男子にせよ女子にせよ、 . . . 本文を読む
コメント

今日は五千日の功徳日です

2017-12-13 | 頂いた現実の霊験
今日12月13日は弘法大師の五千日の功徳日です。今日お参りすると五千日お参りしたことになります。 . . . 本文を読む
コメント

霊夢で高野山讃岐別院が建った話(安徳祐男、高松市讃岐別院,明治35年)

2017-12-09 | 頂いた現実の霊験
霊夢で高野山讃岐別院が建った話(安徳祐男、高松市讃岐別院,明治35年) 現在の高野山讃岐別院大本堂建立にあたっては「丸大ハム」先代社長小森敏之氏はじめ大勢の大師信者の方々のご喜捨があった。とりわけ小森さんのご尽力は多大であったが、その当時、小森さんの身の上にはお大師様の霊夢による以下のようなふしぎなお導きがあったのである。 小森さんは戦前高松市に住んでいたが、太平洋戦争で召集を受け、戦後引き揚げて . . . 本文を読む
コメント

高野山参拝記

2017-12-03 | 頂いた現実の霊験
昨日数か月ぶりに高野山参拝をしてき帰ってました。 ときどき高野山へお参りして奥の院の御大師様を拝んで、師僧・自家の墓参りもしないと日々の低次元情報に流されて自分に活が入らないのです。 今回も朝5時過ぎに一の橋から参道を歩きお参りしました。一の橋の巨大手水の柄杓が前日のお参りの人々が乱雑に放置したままになっているのを綺麗に直して、一の橋では膝を着いて拝みました。8年前に太龍寺で求聞持を行じた時も朝2 . . . 本文を読む
コメント

十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・32

2017-12-02 | 頂いた現実の霊験
十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・32 第八章、結語。この理論によりて、自己発展の一助を得んと願う諸君あらば虚空蔵菩薩の眷属たる十波羅蜜の修行を積むがよい。第一は壇波羅蜜(布施)、第二は持波羅蜜(不殺生・不偸盗・不邪淫・不妄語・不邪見の五戒を守ればよい)、第三は忍辱波羅蜜、第四は精進波羅蜜、第五は禅那波羅蜜(静慮)、第六は般若波羅蜜(智慧)、第七は方便波羅蜜(機略)、第八は誓 . . . 本文を読む
コメント

今日12月2日は大師が東寺の真言僧50人に護国の修法

2017-12-02 | 頂いた現実の霊験
今日12月2日は大師が東寺の真言僧50人に護国の修法をさせた日です。(「東寺長者次第」) . . . 本文を読む
コメント

・十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・31

2017-12-01 | 頂いた現実の霊験
・十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・31 第七章 第十三節、虚空蔵菩薩。この虚空蔵菩薩は、虚空の一切森羅万象を含蔵するがごとく、その徳の広大無辺なるを顕す。宇宙観であればこそ唯一絶対の妙実在であると云いうるので十三佛曼荼羅の主尊と為しうる。このとこを明瞭に言っているのは密教最極秘の瑜祇経の金剛薩埵吉祥品で、その中に青黄赤白黒の五色の五大虚空蔵を説いてある。この五大虚空蔵は宇 . . . 本文を読む
コメント

十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・30

2017-11-30 | 頂いた現実の霊験
十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・30 第七章 第十二節、大日如来。    大日如来は純密教佛で密教古来の意味からいえば大日如来とは宇宙を人格的に見た呼称である。換言すれば唯一絶対の大日如来なる名を以て顕現したのである。大師は「世間の浅名を以て法性の深号を顕す」と仰せられた(般若心経秘鍵に「是れ則ち、大般若波羅蜜多菩薩の名なり、即ち是れ人なり。この菩薩に、法曼荼羅・真言三摩地門 . . . 本文を読む
コメント

十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・29

2017-11-29 | 頂いた現実の霊験
・十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・29 第七章 第十一節、阿閦如来。    阿閦とは梵語でアキシュビヤで、翻訳して「不動」という。この尊は東方に位して菩提心を発することを司る。十三佛曼荼羅は密教の根本思想によって組織せられたのであるから、十三佛は大日如来の四方の眷属の中の南方不二の虚空蔵菩薩を中心として、第二番目修行の初位には北方釈迦如来を置き、修行の終位たる第十一番目には . . . 本文を読む
コメント

手本になる人物が一人でもいれば その集団は千年輝くものになる

2017-11-29 | 頂いた現実の霊験
「彼(ウオルト・ホイットマン、『草の葉』の作者)の好きな仕事は、一人で戸外をぶらぶらと当てもなく歩き回って、草や花や日向の並木や変化する空の様子を眺めたり、鳥やコオロギや、雨蛙や、そのほか限りない自然の音響に耳を傾けることであった・・実際ウオルターホイットマンほど多くのものを好み、僅かなものしか嫌わなかった人間はかってなかったであろう。・・彼は彼の出会う男、女、子供のすべてを好いているようにみえた . . . 本文を読む
コメント

十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・28

2017-11-28 | 頂いた現実の霊験
十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・28 第七章   第十節、 阿弥陀如来。 我が国民で「南無阿弥陀仏」を口にしない人は一人もいないと断言してもよい。阿弥陀如来は浄土門から見たら四十八願をたてた極楽浄土の教主で唯一絶対であろう。しかし密教の見地から見れば金胎両部曼荼羅で各の西方に位されて蓮華部の教主で衆生の無量無辺なるを救済したまうのである。(胎蔵曼荼羅では中台八葉院で西方に無 . . . 本文を読む
コメント

十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・27

2017-11-27 | 頂いた現実の霊験
十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・27 第七章 第九節、 勢至菩薩。勢至菩薩は観音菩薩と共に阿弥陀如来の両脇侍である。観音菩薩の蓮華は開いているが勢至菩薩の蓮華は蕾である。勢至菩薩は我々に菩提心を発せよう発せようという誓願であるから左手に蕾の蓮華をもって右手でその蓮華を開かせようという姿勢をしてござる。勢至菩薩は「因」で観音菩薩が「果」である。勢至菩薩の名について観無量寿経では . . . 本文を読む
コメント

十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・26

2017-11-26 | 頂いた現実の霊験
・十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・26 第七章 第八節、 観音菩薩、 わが国で最も広く行われている信仰は観音信仰である。歴史的にも奈良時代から今日まで、地域的にも西国・秩父・坂東三つの三十三観音霊場がある。而して阿弥陀如来の信仰には観音・勢至の両脇侍としての観音信仰が付随している。 胎蔵曼荼羅の観音院には三十七尊いましてその他の院にも千手観音等はある。観音様の異像も多い。 . . . 本文を読む
コメント

・十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・25

2017-11-25 | 頂いた現実の霊験
・十三佛は自己曼荼羅を導く究極の密教曼荼羅であること・・25 第七章 第七節、 薬師如来、 薬師如来には十二大願あって、そのご誓願はすこぶる広大である。故に聖武帝が諸国に国分寺を立てさせられるやこの薬師如来を本尊とせられたのである。平安期に入ってもその信仰は盛んで天台系の密教には七佛薬師法がありいまでも非常に尊崇せられている。今日では薬師如来は病気平癒の本尊とせられておる。御象は多く右手を施無畏印 . . . 本文を読む
コメント

毎月25日は天神様の縁日です

2017-11-25 | 頂いた現実の霊験
 1、 毎月25日は天神様の縁日です。  2、 日本三大天神は防府天満宮・太宰府天満宮・北野天満宮。また江戸市中で道真公を祭る25社を「江戸二十五天神(亀戸天神 、深川天神 、楓川天神、飯倉天神、茅野天神、花城天神、福吉天神、平河天神 、中坂天神、牛天神、櫻木天神、湯島天神、下谷天神、渡江天神、化用天神、富坂天神、子安天神、大橋天神、高田天神、西向天神、谷保天神)と称しました。このうち「湯島天神 . . . 本文を読む
コメント