福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年
2月17日(土)、15時護国寺。
3月17日(土)、15時護国寺。
4月21日(土)、御大師様の日、15時護国寺。「花見の会」
5月19日(土)、15時護国寺。
6月16日(土)、15時護国寺。
7月21日(土)、御大師様の日。15時護国寺。10周年記念会を予定
8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。「忘年会」

お経は聞くだけでも功徳があります。十法行です。

2018-02-20 | お大師様のお言葉
お経は聞くだけでも功徳があります。お経の十の功徳を十法行といいます。 . . . 本文を読む
コメント

法力に遠近なし

2018-02-18 | お大師様のお言葉
「三時に持念して徳を報ずるを事とす。法力遠近なし。願わくは幽霊を抜済せん。(大師の「藤原園人追悼文」)」(大師が、離れているところから死者の供養を念じているが、『法力には遠近はない』とおしゃっている。) . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が鑑真和上の高弟の為に達嚫をかかれて供養された日です。

2018-02-11 | お大師様のお言葉
今日承和元年二月十一日は大師が鑑真和上の高弟如宝の為に達嚫をかかれて供養された日です。 「招提寺の達嚫の文 それ念風(無明煩悩)一度吹けば識海波濤し、覚月たちまちに飛んで智山崛不吻(くつふつ)たり(師の教えにより覚りの山が聳える)。心暗きときはすなわち遇うところことごとく禍なり。眼明らかなれば途に触れて皆宝なり。如来はこれを覚って万徳の殿に優遊し、衆生はこれに迷って三途の獄に沈淪す。沈迷の端、驚か . . . 本文を読む
コメント

大悲は脱苦のもと(苦しいときは布施行を)

2018-02-08 | お大師様のお言葉
「兼愛(すべてを平等に愛する)は受楽の因、大悲は脱苦の本なり」(『性霊集』巻八「三島大夫為亡息女写経供養法華経講説表白文」) 「四摂とはいわゆる布施愛語利行同事なり。無始の慳貪を調伏し、有情を利益せんと欲ふがゆえにまさに布施を行ずべし」(「秘密佛戒儀」) 御大師様も利他行、布施行が苦を脱する道と教えておられます。自身の経験でも苦しいときは献金をするとか、ボランテアをするとか、憎い相手の幸福を祈ると . . . 本文を読む
コメント

三種即身成仏について

2018-02-02 | お大師様のお言葉
三種即身成仏について 大師の異本「即身義」に「理具」「加持」「顕得」の三種の即身成仏が説かれています。これを真言宗読本(栂尾祥雲)では以下のように解説しています。 ・「理具」について「・・(永遠と価値と聖愛と創造とを一体とした)仏陀の生体が事事物物の中に天理として具することを真言宗では理具の仏という」 ・「加持」について「・・大師が『佛日の影、衆生の心水に現ずるを加といひ、行者の心水よく佛日を感ず . . . 本文を読む
コメント

ご宝号「南大師遍照金剛」のありがたさの裏付け

2018-01-31 | お大師様のお言葉
古来ご宝号の有難さに涙した信者の方は数知れません。私の生母もことあるごとに「南大師遍照金剛」とお唱えしていました。おかげで様々な試練を乗り越えてくることができました。この御宝号がありがたいというのは、御大師様の御遺告にあったのです。 「祖師吾顏を見ずと雖も心あらんものは必ず吾が名號を聞きて恩徳之由を知れ。是れ吾が白屍之上に更に人の勞を欲するに非ず。蜜教の壽命を護り繼ぎて龍華三庭を開かしむべき謀也 . . . 本文を読む
コメント

お大師様は密教に遇うことは本来難しい事だったかも知れない、とおしゃっています

2018-01-30 | お大師様のお言葉
・[この法(真言密教)はすなわち諸仏の肝心、成仏の経路なり。国においては城郭たり、人においては膏腴(こうゆ・・衆生を安楽にして肥え太らせること)たり。この故に薄命(運命の恵みの薄い者)は名をも聞かず、重垢(心の垢の重い者)は入ることあたわず。(大師「御将来目録」)]・「冒地(ぼうぢ・・さとり)の得難きには非ず、この法(密教)に遭うことの易からざるなり(大師「性霊集 ・大唐神都青龍寺故三朝の国師潅頂 . . . 本文を読む
コメント

人を育てるのが大切というが・・・

2018-01-22 | お大師様のお言葉
人を育てるのが大切というが、具体的にはどうするのか? 1、「一年の計は穀を樹うるに如くは莫く、十年の計は木を樹うるに如くは莫く、終身の計は人を樹うるに如くは莫し。 一樹一穫なる者は穀なり、一樹十穫なる者は木なり、一樹百穫なる者は人なり。(管子)」というのは有名な句です。 2、ではその「人を育てる」にはどうするのか?この回答は御大師様が「綜芸種智院式」で示しておられます。すなわち儒仏道に立脚した . . . 本文を読む
コメント

大師の兜率天往生の根拠(修正)

2018-01-21 | お大師様のお言葉
御廟では必ず弥勒菩薩のご真言をお唱えしますが、弘法大師が兜率天におられるという種々の言い伝えがあります。 1、高野大師御広伝には「承和二年三月十五日、大師また曰く、『・・吾入定の間、知足天に往き、慈尊の御前に参詣し、五十六億余歳の後、慈尊下生の時、必ず随従して吾旧跡を見るべし・・吾閉眼の後、必ず兜率天に上生し、慈尊出生の時、随従して我が先蹟を問うべし・・。』・・」とあり、 2、大師御伝記にも「 . . . 本文を読む
コメント

今日一月十九日は大師が、渤海国大使王孝廉に返書された日

2018-01-19 | お大師様のお言葉
今日一月十九日は大師が、渤海国大使王孝廉から書状並びに新詩一章を送られ返書を呈された日です。(高野雑筆集、弘法大師全集). 弘仁六年(815,大師42歳)一月十九日の時です。王孝廉は弘仁五年渤海大使として副使高景秀らとともに渤海の前王元瑜(定王)の死と新王言義(僖王)の即位を奏上する名目で来日,方物(貢献物)を献じ、弘仁六年従三位を授けられています。学才豊かで《文華秀麗集》に漢詩(「海国来朝、遠き . . . 本文を読む
コメント

お大師様のお言葉に見る「霊験」の根拠・・その27

2018-01-15 | お大師様のお言葉
即身成仏義 (観智儀軌)    また云く、  「法身真如観に入って、  一縁一相平等なること、  猶し虚空の如し。  もし能く専注して無間に修習すれば、  現生に則ち初地に入り、  頓に一大阿僧祇劫の福智の資糧を集む。  衆多の如来に加持せらるるに由るが故に、  乃し十地・等覚・妙覚に至って薩般若を具し、  自他平等にして一切如来の法身と共に同じく、  常に無縁の大悲を以て、  無辺の有情を利 . . . 本文を読む
コメント

お大師様のお言葉に見る「霊験」の根拠・・その26

2018-01-14 | お大師様のお言葉
[金輪時処儀軌]の三種真言   故に、『経』に云く、「この毘盧遮那仏の三字の密言、  共に一字にして無量なり。  適に印・密言を以て心(むね)を印すれば  鏡智を成じて、速やかに  菩提心金剛堅固の体を獲。  額を印すれば、当に知るべし、  平等性智を成じて、速やかに  灌頂地の福聚荘厳の身を獲。  密語を以て口を印する時、妙観察智を成じて、  即ち能く法輪を転じて、仏の智慧身を得。  密言を誦 . . . 本文を読む
コメント

お大師様のお言葉に見る「霊験」の根拠・・その25

2018-01-13 | お大師様のお言葉
即身成仏義 (三密加持速疾顕) 「三密加持すれば速疾に顕る」とは、謂く、三密とは、一には身密、二には語密、三には心密 なり。  法仏の三密は、甚深微細にして等覚・十地も見聞すること能わず、故に蜜と号う。        一一の尊、等しく刹塵の三密を具して互相に加入し、彼此摂持せり。   衆生の三密もまた是の如し。故に三密加持と名づく。     もし真言行人有って、この義を観察して、手に印契を作し、 . . . 本文を読む
コメント

お大師様のお言葉に見る「霊験」の根拠・・その24

2018-01-12 | お大師様のお言葉
即身成仏義 色即ち心、心すなわち色、無障無碍なり。智すなわち境、境すなわち智。智すなわち理、理すなわち智。無碍自在なり。能所の二性ありといえどもすべて能所を絶せり。・・かくのごとく六大法界体性所成の身は無障無碍にして互相に渉入相応し、常住不変にして同じく実際に住せり。ゆえに頌に「六大無碍常瑜伽」といふ。無碍とは渉入自在の義なり。常とは不動不壊の義なり。瑜伽とは翻じて相応といふ。相応渉入はすなわち . . . 本文を読む
コメント

「念持真言理観啓白文」

2018-01-11 | お大師様のお言葉
「念持真言理観啓白文」遍照金剛撰 . . . 本文を読む
コメント