福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。忘年会あり、参加者は中塚さんまで連絡してください。
2018年
1月20日(土)、15時護国寺。
2月17日(土)、15時護国寺。
3月17日(土)、15時護国寺。
4月21日(土)、御大師様の日、15時護国寺。
5月19日(土)、15時護国寺。
6月16日(土)、15時護国寺。
7月21日(土)、御大師様の日。15時護国寺。
8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。

大師の入唐(桑原隲蔵)その7(結語)

2015-05-31 | お大師様のお言葉
     (七)結語  大師入唐の事蹟は略述べ盡したから、最早この講演を終らうと思ふ。私の講演は事實の羅列が多くて、無味乾燥なるに加へて、肝心の辯舌が不達者なる爲、定めて聽衆諸君に多大の迷惑をかけたことと、この點に就いては、衷心より陳謝申上げる。講演を終るに際して、その結論として、左の二項を申添へて置きたい。それが多少なりとも諸君に裨益を與へ、發憤を促がすことあれば、それだけでも私の講演が . . . 本文を読む
コメント

懐かしい遍路番組

2015-05-25 | 法話
先ほどテレビの「ユーは何しに日本へ」という番組でドイツ人だったと思いますが二人で野宿しながら四国遍路を満願する番組があり、ついつい見入ってしまいました。どのシーンも10年前歩いた遍路道や寺寺を思い出させ感無量でした。特に最後の88番への女体山越えの遍路道は特に懐かしく、居てもたってもいられなくなりました。当時の得も言われぬ有難い経験が昨日のように思い出されてきました。 この外人お遍路さんたちも到る . . . 本文を読む
コメント

高野山開創1200年情報です

2015-05-24 | おすすめ情報
Sさんから 「秋にも高野山金堂・金剛峰寺ご本尊をご開帳」の情報を頂きました。秋にもご本尊をご開帳 . . . 本文を読む
コメント

角田さんが「高尾山御本尊・御前立飯縄大権現御尊像開眼法要式」の模様を記録してくださいました。

2015-05-23 | 講員の活動等ご紹介
5月21日、真言宗智山派大本山高尾山薬王院(東京・八王子市高尾町)で、高尾山中興開山640年を記念して、御本尊・御前立飯縄大権現御尊像開眼法要式が午前10時30分から、本堂で盛大に行われました。その時の模様をお知らせしたいと思います。 この日、開眼法要を行われた飯縄大権現は、同寺・薬王院に秘仏として同寺の僧侶さえも、窺い知る機会の殆どないとされる、ご本尊・飯縄大権現の、お前立ちである、いわゆ . . . 本文を読む
コメント

お蔭は厳然としてあります

2015-05-18 | 法話
さきほどたまたま『ぶっちゃけ寺』というテレビを見ていたら、歌舞伎役者がお坊さん方に「お蔭はあるとほんとうに信じているのですか?」という趣旨の質問をしました。「まさにすばらしい本質を突いた質問だ」、と喜んでみていましたらなかの僧侶の方が「個々人にお蔭はないかもしれないが、努力することが大切・・」という趣旨だったと思いますがまったく当方の期待していたとは遥かに離れた高踏な答えをされていました。 対機説 . . . 本文を読む
コメント

角田さんが先日の定例会の模様を記録して下さいました。

2015-05-18 | 講員の活動等ご紹介
福聚講(高原耕昇講元)では、5月16日(土)午後3時から、東京・文京 護国寺で、定例の参拝を行いました。この日、護国寺は、17日(日)に行う大施餓鬼会の準備で、本堂では、若いお坊さん達が、座椅子を並べたり、祭壇取り付けたり、忙しく立ち働いていました。また、本堂前の外の境内には、大きな天蓋が設けられていました。5月、初夏という時季に、お施餓鬼会が行われるとはと思ったのですが、お施餓鬼は、一般には、盂 . . . 本文を読む
コメント

今日5月15日は大安・一粒万倍日です

2015-05-16 | おすすめ情報
今日5月15日は大安で一粒万倍日です。功徳を積むと万倍になるということです。大安でもあり普段の一粒万倍日以上に有難い日です。写経・お参り・ボランティアなど功徳を積むことをお勧めします。 . . . 本文を読む
コメント

角田さんが第1回目「江戸三十三観音霊場・東京十社の巡拝」の記録を作ってくださいました

2015-05-16 | 開催報告/巡礼記録
風薫る若葉の新緑が映える待望の季節が到来しました。生きるもののいのちが湧き踊る時期でもあります。この時季を迎え、福聚講(高原耕昇講元)では、5月10日(日)、今年度初めての江戸三十三観音霊場・東京十社の巡拝行を始め、この日、第一回の巡拝を行いました。巡礼行の日程は、無理のない行程で組まれていて、毎月、定例的に巡拝行を行い、来年春、4月に、第十二回目の巡拝で、寺社・神社共に結願する予定になっています . . . 本文を読む
コメント

今日14日は当麻寺で中将姫の練供養会式に行われる日です

2015-05-14 | おすすめ情報
今日14日は当麻寺で中将姫の練供養会式に行われる日です. 当麻寺のホームページ等によると「中将姫ご縁日 は5月14日。午後4時から練供養会式。この会式は當麻寺春の大祭で、中将姫の現身往生を再現する行事ということです。『観音菩薩、勢至菩薩ら二十五菩薩が、現世に里帰りした中将姫を迎えて、極楽へ導くという儀式です。1000年を越える伝統を持つこの行事は、もちろん我が国の「練供養(ねりくよう)」の発祥で、 . . . 本文を読む
コメント

明日のお参りの経本について

2015-05-09 | おすすめ情報
明日お参りに参加いただく方はいつもの薄い経本をご用意ください。先日の厚いものは神社へお参りする時に使います。 . . . 本文を読む
コメント

お参りや修行の意味が分かりました

2015-05-09 | 法話
明日は久しぶりに福聚講のお参りの日です。江戸33観音の一番浅草寺からお参りを始めます。 何かいつも以上に大変有難い気がしてうきうきしております。 それというのも今朝いつものように修法をしていて自分の「故郷」がはっきりと感じら、お参りをするのはこの「故郷」を確認することであると感じ取れたからです。 これは誰もが同じ「故郷」なのですが口で言ってもわからないでしょう。詳細に記述してみても体験しなければ無 . . . 本文を読む
コメント

宇宙の営みの壮大さを忘れてはいけないということ

2015-05-08 | お大師様のお言葉
最近ネパールの地震、箱根の火山活動の活発化等また亦不気味な地殻変動の兆候が表れています。 御大師様は「大日經開題」で、宇宙の壮大な営みの前では大山も深い海も一瞬に塵となる、ましてや人間など儚いものだとおっしゃています。地球や宇宙が人間のためにあるような錯覚に陥っているわれわれ現代人に対して、再度謙虚に足元を見直すべきといっておられるのかもしれません。 「隆崇りゆうそうとして頂き見えざるは妙高。 . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2015-05-08 | 法話
草の庵いを、たちてもねてもいのること、我より先に 人をわたさん(道元禅師、傘松道詠) さなえとる 春の初めのいのりには ひろせたつたの まつりをぞする(初夏に広瀬・龍田明神へ万民豊楽を祈る、道元禅師、傘松道詠) . . . 本文を読む
コメント

和俗童子訓(貝原益軒)巻之五 女子に教ゆる法・・4

2015-05-07 | 法話
父母に順がはざると、夫の家にありて、舅、姑にしたがはざるは、婦人第一の悪なり . . . 本文を読む
コメント

若者に霊性発動の気配を感じました

2015-05-04 | 法話
昨日岡山へ行ってきました。その途中で多くの若者の心打たれる行為を見ました。一日にこんなにほのぼのとする光景を何度も見たことはありません。記録しておきたいとおもいます。 昨日は始発の新幹線に乗ったのですが、通路まで混雑していました。そういう混雑の中で斜め前の若者がお弁当を取り出したのです。そしてやおら合掌しました。それも人が多くいる中でおざなりでなく丁寧に合掌するのです。驚きました。新幹線の中でお . . . 本文を読む
コメント