福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2017年
・12月16日(土)定例会、15時護国寺。忘年会あり、参加者は中塚さんまで連絡してください。
2018年
1月20日(土)、15時護国寺。
2月17日(土)、15時護国寺。
3月17日(土)、15時護国寺。
4月21日(土)、御大師様の日、15時護国寺。
5月19日(土)、15時護国寺。
6月16日(土)、15時護国寺。
7月21日(土)、御大師様の日。15時護国寺。
8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。

Q,焼香の理由?

2016-08-31 | Q&A
A,仏様に精進を誓うとともに、自身の臭気を消し、魔を遠ざけ神仏善神の力を増し、仏様と心が通じるようになり、死者には供養となる、のが焼香の功徳です。 1、説法明眼論に「香は魔を遠ざけ仏神に守られて善行は成就する」とあります。 (説法明眼論(焼香品第四)至心二香木ヲ焼ケバ天魔及ヒ波旬、香ヲ聞テ失心シテ退クコト楢シ死門二入ルガ如シ、讐ヘバ蜣蜋虫(リョウキョウチュウ)ノ天ノ甘 . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2016-08-29 | 法話
「いきながら死人となりてなりはてて    おもいのままするわざぞよき 」、 (死人は物を欲しがらず、人を恋せず、人をきらわず) 至道無難禅師 . . . 本文を読む
コメント

善根宿の話

2016-08-29 | 講員の活動等ご紹介
善根宿の遍路達 「二〇〇二年は、私たちにとって忘れられない年になりました。近年で一番うれしい出来事がありましたから」  善根宿まんだら(多度津町葛原)を開いている十川満さん(52)、まり子さん(52)夫妻は声をそろえる。  巡拝の度にまんだらを常宿にしていた「伝説のお遍路さん」が卒業、安住の地を得たからだ。夫妻が奔走し、県内の福祉施設への入所にこぎ着けた。  竹島キヨノさん=仮名=、七十四 . . . 本文を読む
コメント

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016-08-27 | 頂いた現実の霊験
10月2日まで金沢文庫で「国宝でよみとく神仏の姿」 の展示会が開催中です。 「春日宮曼荼羅 鎌倉時代  春日社寺曼荼羅  南北朝時代  男神坐像 平安時代  平安時代  女神坐像 鎌倉時代  牛頭天王坐像  平安時代  国宝 若宮像 一幅  鎌倉時代 国宝 春日御本地尺  鎌倉時代・・」等まさに日本人の神仏一体の信仰の歴史を証明する国宝が展示されています。 . . . 本文を読む
コメント

清沢満之より正岡子規への手紙

2016-08-27 | 法話
正岡子規「病床六尺」より 「・・四十二 ○今朝起きると一封の手紙を受取つた。それは本郷の某氏(講元注、清沢満之のこと)より来たので余は知らぬ人である。その手紙は大略左の通りである。 『拝啓昨日貴君の「病牀六尺」を読み感ずる所あり左の数言を呈し候 第一、かかる場合には天帝または如来とともにあることを信じて安んずべし 第二、もし右信ずること能あたはずとならば人力の及ばざるところをさとりてただ現 . . . 本文を読む
コメント

地獄にも極楽がある。

2016-08-26 | 法話
この世は地獄です。東日本大震災の有様を見るだけでもこの世は地獄というほかありません。われわれの日々の我利我利亡者の暮らしぶりも地獄そのものともいえましょう。自分自身の最近の心の状態を見ても地獄とおもうことがあります。弱肉強食の世界を思うにつけてもまさにこの世は地獄です。しかし一方ではえもいわれぬありがたい世界があることも体験してきました。 摩訶止観五に「夫一心具 十法界。一法界又具十法界百法界。 . . . 本文を読む
コメント

読経の功徳

2016-08-26 | 法話
神社仏閣で読経するとき、その読経は神仏も周囲の眷属もさらにその周りの善霊・悪霊・先祖霊もその内容をきいています。従って読経には絶対の功徳があります。以下その例証をかきだしておきます。 ・「法華経陀羅尼品」には「(お経を)受持し、読誦し、義を解り、説の如く修行せば、功徳はなはだ多し」とあります。 ・「大無量寿経」には阿弥陀様の四十八願の第二十九願として、「得弁才智の願」があり、「たとひわれ仏 を得 . . . 本文を読む
コメント

出光佐三の言葉

2016-08-25 | 法話
『出光の仕事は金もうけにあらず。人間を作ること。経営の原点は人間尊重です。世の中の中心は人間です。金や物じゃない。その人間というのは、苦労して鍛錬されてはじめて人間になるんです。金や物や組織に引きずられちゃいかん。』 . . . 本文を読む
コメント

25日は天神様の日です

2016-08-25 | おすすめ情報
道真公は承和12年6月25日(845年8月1日)ご生誕、延喜3年2月25日(903年3月26日)薨去になっています。このため毎月25日は「天神様の日」となっています。近くの天神様ではかならず日の丸の旗がたてられています。古来天神様のご本地は十一面観音様とされてきました。天神様の別当寺ではかならず十一面観音様が祀れてきましたし、関連の絵巻にも十一面観音様が描かれています。先日お参りした湯島天神下の江 . . . 本文を読む
コメント

四国88カ所遍路の旅~その十二

2016-08-21 | 講員の巡礼(お四国他)ほか投稿
四国88カ所遍路の旅~その12 第66番札所 巨鼇山 千手院 雲辺寺  . . . 本文を読む
コメント

今日の定例会模様

2016-08-20 | 開催報告/巡礼記録
今日の定例会模様 東京は午前中車軸を流したような雨で、福聚講もどうなることかと心配しましたが、午後は一転して止み、暑さを和らげる曇り空となり、恰好のお参り日和となりました。講元はいつものように早めに着き、大師堂、一言地蔵様、身代わり地蔵様、六地蔵様、大日如来様、薬師堂、本堂等10か所を7回ずつ巡ってお参りしました。最近一言地蔵様の所はいつも参拝者を見かけるようになりました。今日も御参りの人たちがひ . . . 本文を読む
コメント

沙石集より「生類を神明に供ずる不審の事」

2016-08-18 | Q&A
Q、魚等の生き物を神様にお供えすることは殺生の罪にあたらないのですか? A,沙石集に「殺生をして祭るには、神明苦を受け、清浄の法味を捧げ、甚深の道理を説くには、(=神は)楽を受く」と云へり。この意を得て、罪なき供物を捧げ、妙なる法味を奉るべきなり・・とあります。 . . . 本文を読む
コメント

関口さんが第二回関東一宮参拝計画を作ってくださいました。

2016-08-17 | 定例会のお知らせ
関口さんが第二回関東一宮参拝計画を作ってくださいました。参加者は関口さんまたは講元へ連絡ください。 「福聚講・第2回関東等・一宮他巡拝のご案内です。 ・今回は、下総国一宮の香取神宮と常陸国一宮の鹿島神宮へ巡拝します。 ・日時 2016年9月4日(日) ・集合 東京駅八重洲口高速バス乗り場6番前に9時20分。     関鉄グリーンバス(香取神宮から)鉾田駅行きバス9時4 . . . 本文を読む
コメント

最強かつ最高

2016-08-16 | 法話
リオ五輪で五輪史上最多12個のメダルを獲得した日本柔道。 井上康生監督は「選手たちはウォーミングアップ会場の掃除や、次の選手の試合応援に率先して参加するなど、試合以外でも成長が見られたといい、「ああいう選手たちの姿を見たときに、我々が究極の目標にしている『最強かつ最高の選手』、というものに一歩一歩近付いてきている」」と話した、とニュースで流れていました。 我々は連日テレビの前でおやつを食べながら「 . . . 本文を読む
コメント

今日は敗戦の日です

2016-08-15 | 法話
「この大戦争は一部の人達の無知と野心とから起ったか、それさえなければ、起らなかったか。どうも僕にはそんなお目出度い歴史観は持てないよ。僕は歴史の必然性というものをもっと恐ろしいものと考えている。・・・(小林秀雄全集 第8巻・新潮社)にある小林秀雄の発言)こうしている今も歴史の歯車は刻々と回っています。中国・朝鮮半島・ロシアの今迄の動向を考えると居てもたってもいられない気がします。 . . . 本文を読む
コメント