英の放電日記

将棋、スポーツ、テレビ等、日々感じること。発信というより放電に近い戯言。

相棒 season15 第1話「守護神」

2016-10-13 13:44:34 | ドラマ・映画
 「呪いで人を殺す」という不可思議な事件に、美彌子(仲間由紀恵)の背後にうごめく怪しい動き、特命係に恨みを持つ青木年男(浅利陽介)の再登場、亘(反町隆史)が特命係に復帰するお膳立てなどを絡めて、面白く見せかけた凡作だった。
 いろいろな要素を絡めたため、冗長感が強く、本話の主軸である呪い殺人自体も中身が薄かったので、退屈極まりなかった。


 感心したのは、「“呪い殺した”と言い切るには、過去にも同様な事例があったはず」と右京が推理し、事件を検証する動機になったことぐらい。それと、亘が特命に復帰する際、甲斐峯秋(石坂浩二)が、警視庁副総監の衣笠藤治(大杉漣)に頭を下げたシーン。
 あと、初恵(小野ゆり子)が「人を呪い殺した。自分を罰してほしい」と訴える理由が興味深かったが、相手を呪い、その結果、殺人を実行したのだが、「その実行した記憶だけが抜け落ちてしまう」という記憶障害だったという真相はインチキ臭い。一応、初恵の祖母・トヨ(山本陽子)が初恵の精神を守るため暗示を掛けたという細工はあったが…

 「トヨが現場に指紋一つ残らないまで清掃したこと」「初恵が悪徳ブリーダーやインストラクターをスタンガンを使ったとしても、洗面器に顔を押し付けて殺害、川などに遺体を運ぶ」ことが実行できたとは思えないなど、無理が多すぎ。
 祖母と幼馴染の梶原修斗(辻本祐樹)が初恵を庇ったため、第2、第3の殺人が起こってしまったという悲劇。
 罪の呵責に初恵が耐えられないという思いから、歪んだ過保護に陥ってしまったのだが、その危惧通りに、初恵が自ら命を絶ってしまった。
 それを予見できない右京ではないはずなのだが……

 あと、せっかくの山本陽子さんの起用だが、演じるトヨに神通力がありそうには思えなかったなあ。

【ストーリー】番組サイトより
人を呪い殺したという女性が、自分を罰してほしいと捜査一課を訪ねてきた。しかし、伊丹(川原和久)たちは取り合わず、女性をそのまま追い返してしまう。その一部始終を見ていた青木(浅利陽介)は、それを右京(水谷豊)に報告する。青木は以前、向かいのマンションで女性が殺害された事件を目撃しながら、警察への極度の嫌悪から証言を拒み、特命係と深い因縁を持った人物。しかし、この春、サイバーセキュリティー対策本部の特別捜査官として採用され、特命係にも出入りするようになっていた。青木から話を聞いた右京は、「人を呪い殺した」という話に興味を持ち、問題の女性・来栖初恵(小野ゆり子)を訪ねる。聞けば、彼女はここ十数年の間に、3人の人間を呪い殺したという。

翌日、特命係の部屋に亘(反町隆史)がやってくる。亘は、警察学校での研修を終えると、希望した捜査部門ではなく、美彌子(仲間由紀恵)が課長を務める広報課に配属されていた。それでも、警察学校の同期である青木から呪いの一件を聞き、興味を引かれて右京を訪ねてきたのだった。改めて2人が初恵を調べると、確かに周辺で3人の人物が不審な死を遂げていた。彼女は、それを自分が呪ったせいだと恐れているのだが、その背景には祖母・トヨ(山本陽子)の存在があった。青森で暮らしているトヨには不思議な力が宿っていて、初恵は自分にもその力が受け継がれているのではないかと考えているらしい。右京と亘は、“呪いによる連続殺人”という不可解な事件を前に、自分たちが何を調べ、どこに向かっているのか掴み切れないまま調査を進める。一方、美彌子のもとには、警察のみならず、国さえ敵に回しかねない危険な人物から、思いがけない連絡が届いていた。

事件か事故か、それとも呪いによる殺人か…!?
不可解な死の真相を追って動き出した右京と亘が
呪いの背後に隠された驚きの真相を解き明かす!

ゲスト:山本陽子 小野ゆり子 / 仲間由紀恵 榎木孝明 大杉漣

脚本:輿水泰弘
監督:橋本一
『ドラマ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三浦九段不正疑惑、出場停止... | トップ | 弁護士って……… ~“死刑廃止... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
相棒は (koumama)
2016-10-14 09:32:24
今回反町さんのままだったんですね
内容は2時間スペシャルだったしとっても楽しみにしててスタンバイしてみたんですけど(笑)
最近 たまにこういうおどろおどろしいというか 横溝正史なみのしかけにしてくるんだけど
どうも それが 徹底してなくて 今一つってことが相棒は多いですね。
山本陽子さん 汚れ役でさすがの存在感だったけど
もうすこしうまく使ってくれないともったいない気がしました。
いろいろ残念 ()
2016-10-14 13:07:56
koumamaさん、こんにちは。

 いろいろ残念な内容でした。
 正直言って、反町さんが相棒継続というのも残念です。亘のキャラが好きになれません。
 山本陽子さんは、本人の希望ということもあるかもしれませんが、汚れすぎです。まあ、それでもいいのですが、凛とした強さを出してほしかったです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「相棒 season 15」第1話 (三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ)
呪いか天罰か殺人か。 第1話『守護神』ネタバレです。 【toy.w】クリア&フロスト(透明&薄白色)オールガラス製 チェスセット250㎜×250㎜toy.w by G-Tools
相棒15 テレ朝(10/12)#01新 (ぬる~くまったりと)
第1話 守護神 冠城亘は特命課ではなく社課長の広報課に配属されていた。以前、目撃者と証言を拒んだ青木がサイバーセキュリティ 対策本部の特別捜査官として就職していた。冠城と......
(新)相棒 season15 第1話 守護神 感想 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
半端なホラー仕立てが今ひとつ。 公式HPよりあらすじ 人を呪い殺したという女性が、自分を罰してほしいと捜査一課を訪ねてきた。しかし、伊丹(川原和久)たちは取り合わず、......
相棒15 第1話 (ぷち丸くんの日常日記)
いつものように、初回は2時間スペシャルでした。 警察学校での研究を終え、晴れて警視庁の一員となった冠城亘(反町隆史)ですが、希望する捜査部門ではなく、社美彌子(仲間由......
相棒15期第1話(10.12) (まっつーのTV観覧日誌(*´д`*))
『守護神』  脚本:輿水泰弘 監督:橋本一 警察学校を卒業した冠城(反町隆史)は広報課に配属、 社美彌子(仲間由紀恵)の部下となっており、 特命係への異動を求めてやきもき......
【相棒season15】第1話(初回2時間スペシャル)感想と視聴率 (ショコラの日記帳・別館)
副題「守護神」 新聞ラテ「守護神~呪いで人を殺す女~挑むは右京と広報課の冠城亘?